☆キャンプ

キャラバンを終えて②~目立ったペットキャンパー

キャラバンを終えて②~目立ったペットキャンパー_b0008655_7245918.jpg急に涼しくなりましたねー。暑いときに避暑をし、帰ってきたら涼しくなったのですごく得した気分です(笑)。今回3つのキャンプ場を巡りましたが、お盆ウィークということでどこもほぼ満杯。そのなかで例年以上にすごく印象に残ったのがペット(ワンちゃん)連れキャンパーさん人口の多さ。だいや川は公営でペット禁止でしたが、オーキャン、CACはペット可、いやむしろ積極的に受け入れているので、特に目立ったということもあるのでしょう。しかし少し大袈裟に言うと半数のサイトがワンチャン連れ。これほどまでに多いとは予想をしていなかったのでかなり驚きました。もしかしたらキャンプそのものもお盆くらいしかに行けず、尚且つペット受け入れ歓迎のキャンプ場が少ないので一極集中したのかもしれませんね。



ペットというとすぐにマナーの問題が言われたりしますが、今回これだけのペットキャンパーさんを回りにして思ったことは、人間の方がずっとうるさいし、マナーを守っていないような気がしました。特に子供の放置状態はまさにノールール。実はオーキャンでの出来事でしたが、二日目の夕方突如水道が断水してしまったことがありました。その理由は昼間のプールである子供(グループ)が管理人さんに一度注意を受けたにもかかわらず、本来出してはいけない水を出しっぱなしにしたことで、山の上の給水タンクが底を突いてしまったからなのです。このキャンプ場満杯状態で、炊事棟はともかく数時間トイレが使えなくなってしまったというのはある意味大事件でした。ペットは本能的に多少制御が利かないこともあるでしょうが、こんな悪知恵を働かすことはありません。こういう比較はペットがいらっしゃる方にはかえって心外なのかもしれませんが、そんなこともあってむしろペットキャンパーさんたちのしつけ、廻りへの気の遣いようには改めて感心させられました。何よりもサイトにワンちゃんがいると、とにかく可愛くて、愛くるしい。私を含めて変なオヤジが椅子でだらしない格好しているより、ずっとサマになり、サイトが映えます。もっともっとペットを開放してくれるキャンプ場が増えるといいですね。特に公営キャンプ場は少し考え方を広く持った方がいいんじゃないかな。。。
トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/7315583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 我が家のペット at 2007-08-19 23:06
タイトル : しつけ方
我が家のペットはパピヨンです。 購入して6年ほど過ぎました。年齢は7歳です。... more
Tracked from ダックスフント at 2007-08-20 13:21
タイトル : ダックスフント
ダックスフントの情報サイトです。 同じジャンルの話題を提供されておりましたので、突然ですがTBさせていただきました。よろしくお願いします。... more
Commented by at 2007-08-19 07:48 x
ペットですか…。
個人的に、犬は苦手です。噛まれた経験があるので。
静かに、無駄吠えしなければいいのですが、鳴いているのを止めようともしなかったり、自宅にいるときと同様、6時前から散歩に連れ出してキャンキャンと吠えさせたり…。
ペットキャンパー全体から見れば、こういう輩はほんの一部なんでしょうけれど、目立っちゃうから、ペットキャンパー全体に悪い印象を持ってしまう。不幸なことです。
「分煙」ならぬ「分ペット」でもできればいいんでしょうけれど…。
Commented by ケン at 2007-08-19 08:59 x
我が家も子供がいないペット連れです。
まずキャンプ場探しが実際面倒です。もし受けいれ可でも施設としては充実していなかったり。
しかしペットにはリードをしろとかなんとかいいながら、子供は放置というのはおかしいですよね。ヒトのサイトを勝手に横切ったり、大騒ぎしたり。
Commented by ぷうママ at 2007-08-19 09:45 x
SAMさん、おはようございます^^

グーカレンママ家同様、同犬種同じ2頭連れのペット連れ家族です。
SAMさんがこのような事を書いていただけると、大変心強いものを感じます。

愛犬たちにも、そのオーナーである私たちも、できればペット連れというのはシーズンオフの方が、ストレスは減るんですよね。ただ、やはりまとまった休日というとお盆や3連休に集中してしまうのもいたしかたないことなんですが。

あくまでも‘無駄吠え’させない、もし吠えても吠え止ませることや、排泄物は放置しない、おしっこの後もペットボトルなどの水で流す・・ことはキャンプだけではなくて日常的にも当たり前のことなんですが、やはりそういう‘当たり前’のことを‘当たり前’と感じてくれない飼い主がいて、尚且つ、キャンプに来ると「自由」の意味も勘違いしてしまう。残念ながら、ペットが苦手(嫌い)な方たちとよく遭遇されてしまっているのも、‘ペットOK’のキャンプ場がなかなか増えない要因の1つと感じてます。
Commented by くうママ at 2007-08-19 10:52 x
おじゃましま~す。
ケンさんに同感ですw
最近のキャンプ場でのお子様の“放し飼い”(失礼…)にはかなり閉口です。解放させるのと放置は全く別物だと思います。キャンプ場だけじゃなく他の場所でも子供達の放置はとっても迷惑な行為だと感じます
だけど…勘違いしちゃいけないのはマナー違反している人たちはごく一部の方々。多くの方々はちゃんと“大人のマナー”を守られている方々だとおもいます。

Commented by cozy at 2007-08-19 12:20 x
ペットを飼っていないので詳しくは分からないのですが、最近のペットをお連れのキャンパーさんのマナーはすごくいいと思います。けっこうしつけも大変なのでしょうけれども。
確かに子供たちが放し飼いになっているのはありますね。我が家も気をつけなければ。
Commented by sammag at 2007-08-19 20:57
>宣さん
噛まれちゃったりすると、トラウマになっちゃいますよね。
今回はたくさんのペットキャンパーがいらしていましたが、常識をはずれた方は全く見当たらなかったです。こういういい印象があればキャンプ場の受け入れ態勢も、キャンパーの見方も変ると思うんですが・・
「分ペット」になっちゃうと、それもまた可哀そうかもしれませんね。
Commented by sammag at 2007-08-19 20:57
>ケンさん
受けいれ可でも施設面がダメだったりするキャンプ場もたくさんありますもんね。
子供とペットを同一視するかどうか非常に難しいところなのですが、回りに迷惑をかけ手はいけないのは一緒ですからね。そして夜中のヨッパライのような大人たちも。
Commented by sammag at 2007-08-19 20:57
>ぷうママさん
シーズンオフだと気の使い方もラクでしょうけど、事情がそう許すかどうかはそれぞれですもんね。なかなかうまくいかないものです。
私はワンちゃんが吠えるというのは全く気にならないというのか、それを言ったら夏の蝉のがよっぽどうるさいと思うんですよね(笑)。自然に親しむキャンプ場だからこそ、ワンちゃんたちもなるべく普段の束縛から解放してあげればいいのではないかと思います。その辺、ペットがいないキャンパーの方が妙にマナーだマナーだ言うのは解せません。
Commented by sammag at 2007-08-19 20:58
>くうまま
もっとおじゃましてよー(爆)
子供を放置するのと、自由に遊ばせるのはちょっと違いますからね。何をしていいか、何をしちゃ行けないか事前にキッチリ教えないと。私もグループキャンプのとき、特に初心者キャンパーさんがいるときは、まず「朝礼」をします。そこで子供たちに叩き込むようにしています。
マナー違反も一時期に比べると格段に減りました。またそういう類の人がキャンプに来ることがなくなりました。確実に全体のマナーは上がっていると思います。
Commented by sammag at 2007-08-19 20:58
>cozyさん
そうなんです。すごく質の高いキャンパーさんが多いですよね。
それに比べて子供たちの放置はかなり目立ちます。騒がしいとか以前に危険もあるので、そちらのが心配です(昨年の無印のように)
Commented by てんちょ at 2007-08-20 13:23 x
近場にペット可のキャンプ場が少なくて、いつも同じとこに行ってます。^^;
あるキャンプ場のオーナーさんは、「本当は、犬嫌いなんだけど、ペット可にしないと、今はキツイよねー」って言ってました・・・
Commented by sammag at 2007-08-20 20:09
>てんちょ
だからこのところあの屋根つきなんですか・・。
ペットの受け入れは経営までにもかかわっているとは・・ちょっと深刻な問題ですね。
by sammag | 2007-08-19 07:28 | ☆キャンプ | Trackback(2) | Comments(12)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM