アウトドア俳句&川柳

これからの季節、ご注意を・・そんな一句。

b0008655_9594054.jpg

調子に乗ってきたので(爆)、レンチャンできょうも川柳を。
これ、経験ありません?さぁこれから美味しい夕食だと思った途端、スープとかにモスラが飛び込んでくる・・何たる間の悪さ。アタマきちゃいますよねー。これからの季節、虫対策はしっかりしないと。「炊事棟 モスラの集会 近寄れず」なんていうのもあります(笑)
トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/6870150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cozy at 2007-05-18 11:48 x
幸いこの実経験はありませんが、危ういところで助かったことはあります。それより2番目の句は実感!
Commented by マサ at 2007-05-18 16:58 x
夜になると女性陣がキャーキャー言うので困っています(笑)
では、私も拙いながら一句。
「BBQ 黒こげだけが パパの分」
一生懸命用意しても、感謝されません(^^;
Commented by Woochan at 2007-05-18 17:12 x
私も、もういっちょ(^^)

「宵越しの 薪残すもんかと 焚き火咲く」
Commented by kazupapa at 2007-05-18 21:40 x
「また雨だ 晴れたらテント 干さなくちゃ」 by 数父
去年から2回連続ウエット撤収なんですよねェ、こないだはインナー、フライ、スクリーンで三日掛かりで干しましたよ。来月も稲ヶ崎にリピート予定ですが・・・雨かなぁ。
Commented by BUMPY at 2007-05-18 23:50 x
モスラもよ〜く見ると綺麗なんです。…けどタープでジッとして欲しいですね。

それでは、
「ランタンに ちらつく彼らも アクセント」
光り輝くランタンと周りを飛び回る虫達も夏キャンプの絵になる1コマです。…そんな余裕が欲しいです(笑)
Commented by ぱぱみ at 2007-05-19 00:20 x
まだキャンプ2回目の夏のとき、モスラが次女に張り付いて泣いて大騒ぎで大変でした。
では一句。
「虫嫌い スクリンテントに 避難をし」
おそまつでした。
Commented by sammag at 2007-05-19 11:11
>cozyさん
2番目の句は去年の駒出池がそうでした。もう近寄れなくって・・。
Commented by sammag at 2007-05-19 11:14
>マサさん
ランタンに群がるはイヤですよねー。
黒こげの句、大変秀逸です!
どうして作っているほうのありがたみをわかってくれないのか(笑)

>woochan
おお、これは粋な一句ですな。
焚き火部長としての混信の句ですね。
Commented by sammag at 2007-05-19 11:16
>kazu papaさん
ああ、これも実感ですね。
天気はどうもタイミングっていうのがあるようです。
来月のキャンプは晴れますように!
Commented by sammag at 2007-05-19 11:20
>BUMPYさん
でかいモスラは造形的にはキレイなんですけど、燐粉が・・
ではランタンの返句を。
「ランタンに 突っ込み焼け焦げ あの世行き」(笑)
Commented by sammag at 2007-05-19 11:21
>ぱぱみさん
そのスクリーンの中に違う虫が入り込んで、大慌て何ということもありますね。特に昼間のアブ。あれはたまらんです。
by sammag | 2007-05-18 09:05 | アウトドア俳句&川柳 | Trackback | Comments(11)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM