G-SHOCKコレクション

【G-SHOCKコレクション①】真っ赤なGA-100B、トリコロールのGMA-S2100

【G-SHOCKコレクション①】真っ赤なGA-100B、トリコロールのGMA-S2100_b0008655_15251992.jpg


ビジネスでも、普段使いでも、カジュアルな時計はいつもG-SHOCK

以前はロンドンで買ったアンティークとか好んでいたのに(笑)

思うところあって、昨年末から少しずつ買い増しをしています。

1983年の誕生以来、人気が衰えしらずというか、

いつの年でも話題の製品がニュースになるし、

ここ1年では八角形の「GA-2100」が人気過ぎて品薄になったり、

他のものと代えがたい存在にであるG-SHOCK

それこそ、もうベーシックというかトラディショナルですね。


【G-SHOCKコレクション①】真っ赤なGA-100B、トリコロールのGMA-S2100_b0008655_15552721.jpg

冬の始まりころやってきたGA-100B-4AJF

GA-100という若い記号と番号が示すように、

ワイドフェイス、デジアナG-SHOCKの基本中の基本シリーズの一つ


【G-SHOCKコレクション①】真っ赤なGA-100B、トリコロールのGMA-S2100_b0008655_15545346.jpg

マットのレッドカラーがど派手ではあるものの、

レッド×ブラックこそG-SHOCKのブランドカラーですからね。

ド派手ではありますが今後一番出動があるでしょう。


【G-SHOCKコレクション①】真っ赤なGA-100B、トリコロールのGMA-S2100_b0008655_15521480.jpg

そして秘かなクリスマスプレゼントとして買い増ししたのが、

GMA-S2100WT-7A2JF

2021年11月の新作で3種のトリコロールモデルの一つ


【G-SHOCKコレクション①】真っ赤なGA-100B、トリコロールのGMA-S2100_b0008655_15525309.jpg

GMA-S2100は大人気となったGA-2100シリーズのダウンサイジング版




【G-SHOCKコレクション①】真っ赤なGA-100B、トリコロールのGMA-S2100_b0008655_15541235.jpg

GA-100から見て一回りどころか二回り小さく、薄さも3/4。

昔はやっていたSwatch並みの小ささくらいかな。

正直最初観た時「頼りないなぁ」と思ったのですが、

じっさい腕にはめてみるとこの八角形がすごく効いていて、

十分な存在感がありました。

トリコロールは過去のG-SHOCKにもない、まさに限定カラー


【G-SHOCKコレクション①】真っ赤なGA-100B、トリコロールのGMA-S2100_b0008655_15562585.jpg

とってもとっても不思議なことに、2016年から愛用している

GA-400LY-1AJF新しいG-SHOCKが来たとたん電池切れになったのです。

まるで新しいG-SHOCKに引継ぎでもしたかのように。

この我がハウスカラーであるグリーンのG-SHOCKはとてもとても大切な相棒

どんな時、どんな場面でも全く壊れることも傷つくこともなく頑張ってくれました。

今では廃版となった希少モデル

無論電池をリフレッシュして復活させたいと思います。。



platinum

トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/30912775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2022-01-14 00:01 | G-SHOCKコレクション | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM