▲気になるアンテナ

【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み

【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_15563194.jpg

10月1日に00725作目となる「ノー・タイム・トゥ・ダイ」が公開になりますね。

日曜日には前作の「スペクター」がテレビ放映されました。

いちおう全作見てはいますけど、オールドタイマーの自分としては

やはりジェームズボンドショーン・コネリーの007になってしまうんですよねー。

映画そのものはもちろんのこと、とにかくあの英国スーツの着こなしのすごさ

メンズファッションで昔取った杵柄で(笑)、

各作品の、その様々なスタイルを追ってみました。


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_11310664.jpg

まずダークスーツこれが基本形。生地はウーステッド系がほとんど。

それにブルーのワイドスプレッドにネイビーのタイをプレーンノットで。

胸には白いチーフをスクエアで。

この当たり前すぎるスタイルを

こんなにもカッコよく着こなせている人を見たことがありません。

※ドクターノオ より

ボンドのスーツは、ラペルはやや細め、フロント2つボタン。袖は4つボタン

ナチュラルショルダー、やや幅広なドレープドシルエット

ベントはセンターベントもあればサイドベンツのときもあります。

仕立ては「アンソニー・シンクレア

サヴィルロウのはずれコンディットにあるテーラー。

現在はもうなく、あるのはリブランド。

靴はジョン・ロブ黒のプレーントゥ


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_11393288.jpg

サマーシーズンのライトなミディアムグレーモヘアの場合は

白いワイドスプレッドにダークグリーンのプレーンタイ

このタイが実に効いています。

ただこのころチーフをしていません。

しかもなんと白黒のサドルシューズを履いていました。

※007は二度死ぬ より

初期のころはポケットのフラップがないのかと思っていましたが、

後半はフラップも見受けるように。


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_16012958.jpg

さすが英国スーツ、グレナカートプレード=グレンチェックの時も。

ポケットのフラップがありませんね。

※ドクターノオ より

ウィンザーノットにしている奴は信用できない

という話を有名なボンドの逸話でよく聞く話ですが、

もしかしたらこの時だけは「セミウィンザー」で結んでないかな?

貴重な間違いシーン??

実は、その後のネバーセイ・ネバーアゲインでも

ダイアモンドは永遠にもやはりセミウィンザー

この逸話も信用なりませんね。


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_11394761.jpg

トラウザーズは2インプリーツのウエストベルト式だったりもしますね。

※ドクターノオ より

必ずしもいつもそうではありませんが。


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_11400088.jpg

なんと敵に捉われの身ながらも、

何事もないかのごとくトロピカルの3ピースも着こなしています。

このあたりがボンドらしさをスーツが演出しています。

元々ラペルが狭いのがボンドスーツの特徴

直後いつのまにやら2Pのダークスーツに着替えているところはご愛敬。

※ゴールドフィンガー より

ダークスーツでヴェストにライトカラーを持ってくる着こなしも1度見せました。


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_16121217.jpg

まさかのショートヴェストスタイルもありましたね。

この後これでソラを飛んでしまうのだから・・

ボンドにとっての「スーツ」はまさに「オトコの鎧」

ガンダムのモビルスーツのスーツの意味合いにも似ています。


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_11402313.jpg

シャツはターンブル&アッサー

ワイドスプレッドでダブルカフス、これがオキマリ。

細かいプリーツが袖に入っているのも特徴。


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_16411992.jpg

ターンブル&アッサージャーミンストリートの角地にあって、

実に英国らしいブティック。DPがすごくうまい。

展示会の参考によくさせていただきました。

よく行きましたし、シャツもタイもよく買いました。特に色鮮やかなタイ。


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_11421464.jpg

ジャケットスタイルの着こなしも素晴らしく、

ツイードジャケットにはスラッシュポケットで

チェンジポケット付き

このときだけはスエードのプレーントゥに履き替えているのがさすが。

※ゴールドフィンガー より

ネイビーのブレザーも数回見せています。

3つボタンではっきりしませんが金ボタンではなさそう。

サンダーボール作戦で、秘密会議に入る前がブレザー、

出た後は3Pになっているという不思議なシーンも発見(笑)

そういえばネバーセイ・ネバーアゲインでもブレザー姿を見せています。

しかもまさかのレジメンタルタイ(笑)


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_16464452.jpg

ダニエル・クレイグが着ているトム・フォードのスーツも悪くないんですが、、

タブカラーのドレスシャツがどうもピンときません

やはりワイドスプレッド、そこにわざと細身のプレーンノット、

これじゃないとどうも完成しないんだよなー。


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_16204637.jpg

一番優雅な着こなしをしていたのは

「ロシアより愛をこめて」かなぁ。

どの時でもエレガンス。





このどこを見てもスーツの着こなし極まれりです。


特に動画の最後=映画の最後のワンカットは秀逸

人物がなく、チョークストライプのスーツと、

お得意のダブルカフスのみが現れます。

それがジェームズボンドだと言わんばかりに。

粋な演出ですね。



【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_18231351.jpg

「ゴールドフィンガー」以降はちょっと変なファッションも。

二度死ぬの日本人変装のときはいくらなんでも。。。(笑)


【007ジェームズボンド】ショーンコネリーにおける、英国スーツ&ドレスシャツ着こなしの極み_b0008655_23170770.jpg


ダイアモンドは永遠に・・これは外しておきましょうか。

ラペルもすっかりワイドになり、常にウィンザーノット

別のボンドさんになりました(苦笑)


platinum

トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/30705791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2021-09-29 00:01 | ▲気になるアンテナ | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・JACインストラクター/講師・温泉ソムリエ・星のソムリエ® ・exite公式プラチナブロガー SAMの人生キャンプブログ


by SAM