レトルト★カレー

【レトルトカレー食べ比べ㊳】MCC 小野員裕の鳥肌の立つカレー チキンカレー ~カレー専門店の味を超える??

【レトルトカレー食べ比べ㊳】MCC 小野員裕の鳥肌の立つカレー チキンカレー ~カレー専門店の味を超える??_b0008655_15564499.jpg

カレー研究家が作った、

その名も「MCC 小野員裕の鳥肌の立つカレー チキンカレー

小野員裕氏は、鳥肌ものの味を求めて1000件以上のカレー専門店を食べ尽くすほど、決して味には妥協を許さない男である。

ということ。勉強不足で存じ上げませんでした(笑)

ひとくち食べたその瞬間、口に広がるおいしさはまさに「鳥肌もの」。何度食べても肌が粟立つほどの、感動の逸品。

とパッケージには書かれています。

ここまで言うのであれば食べぬわけにはいかんでしょう。


【レトルトカレー食べ比べ㊳】MCC 小野員裕の鳥肌の立つカレー チキンカレー ~カレー専門店の味を超える??_b0008655_15565880.jpg

【小野員裕が語るチキンカレーの秘密】 従来の小麦粉を使用したカレールーとは異なり玉ねぎ等の野菜、スパイスと荒塩だけで作った本格インドカレーです。かすかな酸味、ほのかな甘味、香辛料と玉ねぎの深いコク。誰にでも馴染める程よい辛味を追求しました。

だそうで、とにかく能書きが多い(笑)

さらには「ライスとルーを別々の容器に・・」とか面倒くさい(笑)


【レトルトカレー食べ比べ㊳】MCC 小野員裕の鳥肌の立つカレー チキンカレー ~カレー専門店の味を超える??_b0008655_15594213.jpg

なるほど小麦粉のルーとはちがうインドカリーであることはすぐ見て取れます。


【レトルトカレー食べ比べ㊳】MCC 小野員裕の鳥肌の立つカレー チキンカレー ~カレー専門店の味を超える??_b0008655_15583767.jpg

しかも、淵の黄色い油があることで本格派であることもわかります。

確かにこの時点で香りもすごく立っていて、

これはレベルの高いレトルトだなぁと素直に感じます。


【レトルトカレー食べ比べ㊳】MCC 小野員裕の鳥肌の立つカレー チキンカレー ~カレー専門店の味を超える??_b0008655_16112917.jpg

では早速。

おお、本当に本格派だ!

レトルトとして、価格帯からも、相当なハイレベル。

なかなかすごいなと思いつつ、鳥肌が立つかといえば正直全く?

例えば鳥肌が立つって、どういうときでしょう。

寒気がするほど恐怖や感動を覚えるとき?

このカレーは、感心はするけど、感動は覚えません

レベルが高いと感心はします。

でも、感動を覚えるような何かは迫ってきませんでした。


【レトルトカレー食べ比べ㊳】MCC 小野員裕の鳥肌の立つカレー チキンカレー ~カレー専門店の味を超える??_b0008655_18450270.jpg

1回きりではもの足らず、別の日にもう一度試してみました。

目玉焼き的なものが乗ってるのは余興です(笑)



【レトルトカレー食べ比べ㊳】MCC 小野員裕の鳥肌の立つカレー チキンカレー ~カレー専門店の味を超える??_b0008655_18484668.jpg

先のカレーの画像では見えてませんでしたが、

実際はこんなに大きい鶏肉があります。

先のは沈んでいたのですね。

で、やっぱり感心はするけど感動はしません。もちろん鳥肌は立ちません

確かに研究の成果なんでしょう。すべての要素がハイレベルだと認めます。

けれど、実験室の実験結果みたいな味。方程式で出来たようなカレー

スペックだけがハイスペックで、カレーとしては無表情


【レトルトカレー食べ比べ㊳】MCC 小野員裕の鳥肌の立つカレー チキンカレー ~カレー専門店の味を超える??_b0008655_18504508.jpg

カレー専門店の味を超えるレトルトカレーが可能であることを証明してみたかった。


スペック上はそうなんでしょうね。

しかし、カレー専門店たちはもう一つの武器を持っていて、

そこに多くの人が心動かされていると思うんですよね。

それは「クセ」です。

日本で食べるカレーの多くのはこの「クセ」が各店にあり、

それは店の「屋号」みたいなものだからそれぞれが印象にとなって残る

このカレーにはその「屋号」が全然見えないです。クセを感じない

本来なら「小野員裕」というクセをたっぷりこのカレーにぶち込んでこそじゃないのかな?

今までここでも紹介してきた、S&Bのエリックサウス、それこそMMCのエチオピアなんて、

ウルトラハイレベルでありつつ、クセ全開じゃないですか。

見えるんですよその「屋号」が

それがレトルトという店ではないパッケージで届いてくるから「感動」を生むんですよね。

1000件も食べ歩いているのに、そこに行かない理由が分からない。

カレーにしたって、料理にしたって、スペックだけのことではないはず。


逆に言えば、やはりお店を構える人たちはすごいわけですよ。

毎日毎日の競争の過程で「クセ」が磨かれていき「屋号」となっていく、

味の研究レベルとは次元が違う分厚さを持っているんだなぁ、

そんなことは浮き彫りになったような気がします。

そういう意味ではこのレトルトに出会ったことも感謝かも。


platinum



トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/30492648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2021-05-12 00:01 | レトルト★カレー | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM