全国らーめんの記録

【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」

【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13430615.jpg

珍來研究⑦の店舗は、非・珍栄会の独立系です。

その名前は「珍來 かのや(かの家)

このようなサブネームを持つのは極めてまれです。

非珍栄会というのは、珍栄会が組織される前に独立したであろう店舗で、

もしかしたら「福一」もそれなのかもしれません。

なぜ「かのや」なのかは全く分かりません。次回は聞いてみたいところです。

しかも「かのや」とはなっているもののどうも「かの家」が正式なようで、

珍來で家系?ということもないでしょうが(笑)、この名前は謎。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13434226.jpg

成田街道、勝田台駅の近く。



【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_23113710.jpg

どこからどう見ても、総本店、珍栄会の系列であることは間違いないし、

「かのや」とはどこにも書いていないので、

一見の知らない人はただ「珍來」としか認識しないでしょう。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13443940.jpg

あの座敷はないものの、赤いテーブルなど珍來の雰囲気は醸し出しています。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13454685.jpg

てか、珍來ですよね(笑)


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13455369.jpg

なぜか店内に多数飾られているジブリのパズル(笑)


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13462865.jpg

これは珍しい!

水と割りばしが小さなお盆で登場。

実はコロナ対策?それとも以前から?


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13464815.jpg

たいへん整えられているテーブルの上。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13465116.jpg

なんと七味は個別で、しかもかわいいボックスに。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13465994.jpg

ちゃんと「かの家」と家付きで書いてある。

やはり正確には「かの家」なんですね。

比較的オーソドックスな品ぞろえの中、

オリジナルは「オムチャーハン」「白湯麺」でしょうか。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13471307.jpg

いつもできたら3種(ラーメン、チャーハン、餃子)を食したいので、

まずチャーハンセットにしよう。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13472306.jpg

夜は呑みのお客さんが多いのかな・・・

と思いきや、この時にいた男性陣はみな呑んでいた(笑)


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13473976.jpg

で、餃子を。総本店系より10円安い360円。

ラーメンは100円安い470円、チャーハンは20円安い650円。

ラーメンが相当安い。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_14162460.jpg

そのラーメンにミニ丼のチャーハンも考えたのですが・・


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13544124.jpg

注文すると即座に「太麺、細麺、どちらにしますか

ええ!!?? 珍來でそんなこと聞かれると思わなかった!

確かに「細麺あります」と書いてある。

よし、試しにそうしてみよう。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_14011547.jpg

オープンキッチンじゃない珍來は見たことがない。

ちょっと気になったのは厨房でノーマスク。

レジなんかはビニールシート掛けたり対策をしているのに。

なぜだろう?


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13531229.jpg

チャーハンセット


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13535071.jpg

ちょっと小さめのラーメン


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13552101.jpg

おう!!なんと珍來らしい!

総本家(八潮)よりずっと私の記憶にある「珍來の味」です。

煮干しがプーンときてからしょう油の香りが立つクラシックな味

いい意味で各店が時流に合わせて変わっていく中、

ここに「あの味」を留めていたなんて。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13570510.jpg

細麺は、うーん悪くはないけど・・


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13574905.jpg

細麺といいつつ中太だし、

太さ以外の差別化があまりないのがちょっと残念。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13582136.jpg

チャーシューはいい。こちらも珍來らしい。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13582534.jpg

メンマはちょっと味の入り方が今一つで、

こちらは八潮のほうが「らしい」かな。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13585398.jpg

で、チャーハン


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13592159.jpg

これはハード系ですな。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13595603.jpg

あ!このチャーハンもクラシック珍來だ。

ハードに煽られているし、味もしっかりついてる。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_13594599.jpg

なんといってもコショーが効いてるのが「らしい」です。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_14040428.jpg

おやおや(笑)、餃子は全然小さいぞ。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_14042579.jpg

総本店系のジャンボに比べたら半分くらいに見えてしまうほど。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_14052621.jpg

焼きは丁寧。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_14053004.jpg

編みも丁寧。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_14053473.jpg

これはしっかりした味だ

豚肉の味がちゃんと出てる美味しい餡です。

これを本来のジャンボの大きさで食べてみたいなぁ。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_14070942.jpg

ごちそうさまでした。

早めの独立がかえって伝統を守っているのかな

まさかこの店でクラシックな「珍來の味」に出逢えるとは思わなかったなぁ。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_14074047.jpg

コロナのことをこうやって考えているのに、なんで厨房ではノーマスクなんだろう?

不思議だ。


【珍來研究⑦】クラシックな味・非珍栄会独立系「珍來かのや」_b0008655_14074629.jpg

看板がここまで色あせているのは、相当独立が早かったのでしょうね、きっと。


platinum

珍来かのや
ジャンル:ラーメン
アクセス:京成本線勝田台駅T2口 徒歩2分
住所:〒285-0855 千葉県佐倉市井野1547-3(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 八千代・佐倉・四街道×ラーメン




トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/30413295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 774 at 2021-04-24 02:41 x
少し東に行くと珍来志津店があり、その南に「手打らーめん利久」という見た目が珍来風のお店があります。

詳しいことはわかりませんが、日本人老店主から中国人に変わったけど、店内には珍来の麺箱が置いてあるので、何かしらの関係があったのかもしれません。

機会がありましたらどうぞ♪
Commented by sammag at 2021-05-02 10:29
>774さん

情報ありがとうございます!!
by sammag | 2021-02-14 00:01 | 全国らーめんの記録 | Trackback | Comments(2)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM