私のお気に入り★

【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ

【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_22461951.jpg


2022年度の最新版コンポタ缶のみ比べをご覧ください↓






この冬は寒かった!

となれば間違いなく需要が増したであろう、

あの温か~いコンポタ=コーンポタージュ缶

昨年11月から自販機に登場し、1月の初旬の寒波で存在感を増しています。


ただ、昨年の暖冬で今一つコンポタ缶が動かなかった影響からか、

大手のKIRINはコンポタ(セカキチブランド)の発売を中止しました。

これはコンポタ缶界に激震が走りましたね(本当か?・・笑)


となると今年のコンポタ盟主になるのはどれ?

毎年恒例の飲み比べを今年もやってみました。



【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_22455536.jpg

まず最初は大定番のポッカ

「じっくりコトコト とろーりコーン」

専用ブランドサイトをお持つくらい企業的にも力が入っているコンポタ界の王者



【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_22460406.jpg

缶のデザインも変わっておらず、味も大きく変化はしていない感じです。

おそらく誰が飲んでも「これがコーンポタージュ」と思うどまんなか中のどまんなか。

クリーミーでトロリ感多めで、トレンドである濃厚感もよく出ています。

粒も相変わらず多めで飲み応えあり。

この安定の味ならば王者はゆるぎないでしょうね。



【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_22454888.jpg

対抗馬のダイドー「濃厚deli コクとろコーンポタージュ」

こちらもデザイン変わらず。

ポッカに比べるとずっと大人の味で、

チキンスープ強めのレストランで出てくるような本格派

ただ面白いもので、それがはっきりと分かるのはポッカと連続で飲み比べた時。

これだけで飲んでも「いつものコンポタ」くらいにしか思わないかもしれません。

粒は多めで、さらにこの広口缶がそれを確実に感じさせてくれます。



【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_22470630.jpg

デザインを一新して登場した今年の、

サントリー「ビストロ ボス コク旨い 粒たっぷりのコーンスープ」



【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_22471811.jpg

うーん、正直今一つなんだよなぁ。

コク旨いと自ら言っているけどそれほどでもないし、今のトレンドの濃厚さもなし。

なんだろう、粉のスープとどこが違うのというレベル。粒もおや?と思うほど少ない

だいたい「コーヒーづくりで培った・・」というのはちょっと無理があるコピーじゃないかな(笑)

残念ながらトップ2に大きく水をあけられてますね。



【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_22473443.jpg

あまり見かけないコカ・コーラからは

「GO・GOOD ゴクッ!とコーンポタージュ」



【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_22475700.jpg

これも惜しいなぁ。

なにしろコクが足りないし、粒数も満足できない

どうも以前からコカ・コーラのコンポタは特徴がないというか・・



【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_18305830.jpg

出逢う確率がかなり低い伊藤園「特濃コーンポタージュ」

ここ数年のダークホースというか、実にいいコンポタを作り続けています。



【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_18305362.jpg

まずこの容器。くびれで粒が出やすくなっているのが特徴。

実際その効果はかなりありますね。

そして肝心の味ですが、昨年とは特に変更がないようで、

ということはレベルが高くて素直に美味しい味です。

さすがに他も濃くなってきたので特濃のアドバンテージはやや薄れたものの、

やはりなめらかであればピカイチ

それにとにかく粒が多い!いきなりドドッと押し寄せてきます。

私的なキングの座はやっぱりこれだと思う。



【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_20135134.jpg

意識をしないとスルーされがちな、

アサヒ「とろ〜りとろける コクうま コーンポタージュ」



【2021年冬】今年もコンポタ缶(コーンポタージュ缶)飲み比べ_b0008655_20135617.jpg

正直、無難に作られたなぁという感じ。

変な特徴を作らず、とにかく水準に収めておきたかったのでしょうね。

すごい力が入っているわけではないけど、悪くはないです。

缶のデザインも大手ドリンクメーカーとは思えないほどつまらない(笑)

それほどインパクトがないのでKIRINのように思い切って廃盤という選択が来年はあるかも。



さて、全メーカーを見ればポッカとダイドーの2大コンポタの安定感はゆるぎないですね。

それを味で追随する伊藤園

差別化がしにくいコンポタは確かに難しい存在ですが、

来冬はもう少し新しい展開になってほしいところです。


そういえば、長細い缶が特徴だったクノールのコンポタ缶はとうとう消えてしまった。。。


platinum

トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/30410043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2021-01-31 00:01 | 私のお気に入り★ | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM