MyFaivoliteMUSIC♪

【長年の疑問解消!】「岡崎友紀」さんと「Fifth Dimension 」が完全一致

【長年の疑問解消!】「岡崎友紀」さんと「Fifth Dimension 」が完全一致_b0008655_09345309.jpg


筒美京平さんの逝去後、その足跡をいろいろと振り返っていたところ・・

全く副次的に長年の疑問を解消することができました。

それは岡崎友紀」さん主演のドラマ主題歌のこと。



ところで・・

岡崎友紀という名前を覚えていらっしゃいますか?

この話が通じるのは50代後半以上の人だけとは思います。今ではすっかり忘れ去られているのが現状でしょう。

しかし「一世を風靡した」、チョーが付く国民的アイドル

当時の、ブロマイド売り上げが46ヶ月連続首位という圧倒的存在でした。

アイドル歌手ではなく、総合的「国民的アイドル」

見た目、可愛くはあってもこういってはなんですが飛びぬけた容姿でもないのに。

こういう存在の人は他に思い当たりません。

中山美穂・・近い感じもするけど違うなぁ、山口百恵・・やっぱり違うか。







なんといってもその人気を決定づけたドラマの18才シリーズ

「おくさまは18歳」「なんたって18歳!」「ママはライバル」は老若男女で見ていましたよね。

いわゆる「ラブコメ」の先駆というか、設定が実に画期的で、

岡崎友紀本人というよりその設定に国民が入れ込んだというが真実かもしれません。

また脇役が最高で、石立鉄男の人気もこれで決定的になったし、

あの富士真奈美の「オールドミス(今は死語)」のキャラ立ちといったらもう・・。



で、本題なんですけど(笑)

筒美京平さんが岡崎友紀さんに提供した名曲がありました。

それが思い出すきっかけでした。





そもそも歌手ではないけれどめっちゃ歌唱力があり、

演技力と共に才能の塊であることは誰もが認めていたと思います。


そんなことでドラマのテーマ曲も担当していて、担当どころか作詞までやっていたという才覚っぷり。



そして18才シリーズの20歳版「ラブラブ・ライバル」のテーマ曲

これがやっと出てきた本題です(笑)





私の大好きなFifth Dimension

Up Up & Away , My Beautiful Balloon

これがテーマ曲ではないですよ。


邦題はなぜか「ビートでジャンプ」(笑)

今でも「アクエリアス」と共によく聞くのですが、

「この曲が何かに似ている、それが何に似ているのかどうしても思い出せない」

このモヤモヤがずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと解消されませんでした。

絶対に何かに似ているんだけどどうしても思い出せない。


が!今回の岡崎友紀さんのことを思い出していたら、あったのです、その曲が

やっと、やっとつながりました。






今はこういうのを「インスパイア」といいますが、

はっきりいってしまえば完全にパクリでしょ(笑)

だって、バルーン=風船、ストリングス部分、最後の終わり方、完全一致でしょ(笑)

でもそれがなんだ、という感じでとにかくスッキリ。

あーーー、よかった。40年来の疑問解消(笑)




作曲は筒美京平先生ではなく「島田タカホ」という方。

なんと、あの島田歌穂=ロビンちゃんのお父様でした。



そのドラマシリーズのテーマ曲でいったら「橋本淳 筒美京平黄金コンビ」があるのです。






これ、「ちょとまーってください」(チョットではなく、チョトの発音)をご存知の方多いのでは?

筒美京平さんが可愛い感じの曲を作るとやっぱりこうなるんですねー。

さすがというか。

なんとなく・・サザエさんチックな感じも。

ドラマの立ち位置を完全に理解した作曲ですね。


みなさんには一切関係なく、めっちゃ微細なことではありましたが、

とにかくよかった(笑)


platinum




トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/30253905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2020-10-14 00:05 | MyFaivoliteMUSIC♪ | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・JACインストラクター/講師・温泉ソムリエ・星のソムリエ® ・exite公式プラチナブロガー SAMの人生キャンプブログ


by SAM