MyFaivoliteMUSIC♪

【書いていたら訃報が出るなんて・・】偉大なる作曲家「筒美京平」の名曲たち

【書いていたら訃報が出るなんて・・】偉大なる作曲家「筒美京平」の名曲たち_b0008655_22281135.jpg


このブログに中身を書いていたのが3日前(9日)で、

来週か再来週、気まぐれで公開すればいいやくらいな気持ちで一時保存していました。

ところがところが、まさか12日に筒美京平さんの訃報が世に出るなんか全く思っていませんでした。

あまりに時間差がなかったので驚いたというか信じられません。

ですので、あくまでもまだ訃報を知る前に書いたものとしてご覧ください。





この人の曲に育てられた、そういっても過言でもないです。

いくらビートルズだ、S&Gだ、マイケルジャクソンだ、スティービーワンダーだと言ったって、

結局人生で一番耳に入ってきたのは
間違いなく筒美京平さんの曲です。

ヒットメーカーという名称はこの人以外に冠せることはできないでしょう。

正直、歴史的偉人の地位にいると思ます。国民栄誉賞でマジいんじゃないでしょうか。

と、ここで記そうと思っていた矢先、

先日ちょうど「吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」取り上げられており

これは一石二鳥(笑)、解説はプロ中のプロ吉田拓郎さんに任せてしまいましょう(末尾ににリンクあり)

とりあえず好きな歌や代表作品たちを時代ごとに並べていきたいと思います。










どれだけ偉大な人物かを語るとき、この曲は欠かせません。

「サザエさん」「サザエさん一家」


君が代以上に(笑)誰でも口ずさむことができますからね。

もう、もうこの時点で筒美京平の偉大さが分かるでしょう。








尾崎紀世彦「また逢う日まで」


なんという素晴らしいラブソング。

日本一のラブソングじゃないでしょうか。

涙なくしては聞けません。

素晴らしい歌詞、素晴らしいメロディ。

日本のエンゲルベルト・フンパーティンク、尾崎紀世彦の歌唱力も素晴らしい。

阿久悠の歌詞と筒美京平のメロディ、日本最強の組み合わせ。








南沙織「17才」


シンシア、最高。

これこそアイドルソングの先駆けじゃないでしょうか。

その後森高千里でも有名になった「17才」。

さきほどの「また逢う日まで」の重厚さとは全く違うこの軽やかさ。

どれだけ筒美京平さんは引き出しが多いんだろう。







麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」


アイドルソングのトドメ。

「ひだりきき~」はもちろん「イジ、ワル、イジ、ワルなの」のところこそ本領発揮。

こんなキャッチーな曲まで作れるなんて。

郷ひろみに提供した「男の子女の子」もこの路線ですよね。

さらには松本伊代の「センチメンタルジャーニー」もこの系統かな。

「伊代はまだ16だからぁ~」は世代関係なく伝えれているサザエさん並みのフレーズ。







岩崎宏美「ロマンス」


かと思えばアイドルにこのシリアス路線。

ほんと、どうやってこれだけ転換できるのでしょう。

そして、阿久悠とのコンビですね。

昭和の前半のアイドルはこの二人で生み出されていたといって間違いないでしょう。







そうかとおもえばこんなタイトなメロディまで。

近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく」


この人の作曲能力はいったいどうなっているのか??

当時はなんていう歌だと思いましたが、ものすごい完成度の曲。

「アイウォンチュベイビー」のところなんて一人でピアノに向かってどう作曲しるんだろう??(笑)







桑名正博「セクシャルバイオレットNo1」


当時初めて聞いたときぶっ倒れましたね。

松本隆の詩も画期的だったし、メロディが斬新すぎて。

この頃歌謡曲とかいう名前だけではカバーできないものはどんどん生まれていたし、

ところがそれを作っていたのが同じ歌謡曲を引っ張っていた人だったなんて。

普通そんなことできないでしょ。







歌謡史を塗り変えた1曲

ジュディオング「魅せられて」


どうしてサザエさんやギンギラギンを作った人が、

こんな中東チックなハイセンスメロディを生み出せるのか本当に本当に不思議。

阿木燿子の歌詞も凄い。


とにかく何がすごいって「筒美京平メロディ」には「〇〇節」がないところ。

もし、今筒美京平さんを知らない人に代表曲5曲聞かせたとして、

同じ作曲家の曲かどうかを聞き分けるのは判別不可能でしょう。

サザエさん、魅せられて、ギンギラギン 絶対に別の作曲家と思うじゃないですか。




この他、あまりにも数え切れないほどの名曲ばかりがありますが、

私が愛してやまない筒美京平メロディは以下の6曲です。







稲垣潤一「ドラマティック・レイン」


カッコよすぎる。

「ドラーマテーーーッィク」からの「レイン!」とくるところ、

最後の「RAIN How much I love you」のところとか、

めちゃくちゃスタイリッシュ。

それでいて過去の他の作曲家のどれとも似てない。






かと思うとこんなおしゃれなメロディを同じ人に提供。


稲垣潤一「夏のクラクション」


一転、なんとも美しいバラードじゃないですか。

細かいリズムチェンジがまた味があって。

歌謡史上1、2を争うオシャレさじゃないですか。

このサスティーンが効いたギターイントロは間違いなく今剛でしょう。






堺正章「さらば恋人」


私の愛唱歌です。カラオケで歌いまくりました。

実にシンプルなメロディだけど、北山修の歌詞に相まって男の優しさがにじみ出たメジャーコードで泣ける歌です。


マチャアキの今しか知らない人には、実はものすごい歌唱力の持ち主であることを知ってもらいたい。







太田裕美「木綿のハンカチーフ」


同じくメジャーコードなのに涙なくしては聞けない曲。

正直今回聞き返してまた号泣してしまいました。


もしかしたら筒美京平最高の1曲はこれじゃないだろうかとも。

日本一可愛い曲。

同時に作詞の松本隆にとっても最高の1曲である気もします。

こんなストーリーを情景に出来ている曲なんてそうそうないですよね。

太田裕美のクリアボイスとの最高のマッチング。







TOKIO 「AMBITIOUS JAPAN! 」


これもめちゃくちゃ好きだし、カラオケでは涙なくしては歌えません。

いろいろあったことは全部横においておいて、

なんたる素晴らしいメロディラインなんでしょうか。

「知らない街で 出会いたい 本当の自分と」のところなんか最高にカッコいい。

こんなポップでロックで、それでいて間違いなく歌謡曲。

ほかのだれがこんな多様な才能を発揮出るでしょうか。


余計なことかもしれませんが、間奏のリーダーのギターソロとオケの掛け合いがチョーカッコいい!








最後はこれ

大橋純子「たそがれマイラブ」


なんたる上質なメロディライン。

それを最高の歌唱で歌い上げる大橋純子。

商業的なヒットメーカーとしての顔とは別に、

この曲には筒美京平という人の本質があるような気がしてなりません。



こうやって自分の書いたことを振り返りつつ訃報のニュースなどを見ると、

何かお告げであったのかと自分に問いただしました。

もちろんそのきっかけは吉田拓郎さんの9月のANNに触発されたからなんですが。

ということは、吉田拓郎さんもそんなお告げを受けてのかも。。。

以下、ANNで筒美京平メロディをとりあげていた部分を最後に紹介します。

※ボタンを押せば当該部分からスタートします。


最後ですが筒美京平さんのご冥福をお祈りいたします。







platinum

トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/30253418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2020-10-13 00:11 | MyFaivoliteMUSIC♪ | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・JACインストラクター/講師・温泉ソムリエ・星のソムリエ® ・exite公式プラチナブロガー SAMの人生キャンプブログ


by SAM