旅・たび・TRIP

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20355469.jpg

この数年間「郷愁」というものにとらわれている自分であることをよく分かっています。

昔のことをすぐに振り返ったり、昔の基準のまま今の時代で生きていたり。

それは郷愁というより因習なのかもしれず、

すでに人生上のレイトマジョリティ期に入っていることを意味しています。

ただしそれは長い期間を経た自然の成り行きとして受け入れようと考えています。

前提が長くなってしまいましたが「郷愁」は自身のアイデンティを振り返る

とてもとても重要な瞬間であり、それを見つける旅は続けていくつもりです。


千葉県匝瑳市八日市場の甘味処うれし野

郷愁が一気に高まった1時間がここにありました。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20564560.jpg

いきなりこんな文化財のような歯医者さんが・・古い町だなぁ。

匝瑳市って行ったことがありますか?

それよりなにより「匝瑳」が読めないというかたがほとんどでは?

日本一難しい市町村名じゃないかな??

私だって「そうさ」と読めたのはここ数年のこと。

ソーサなんてサミー・ソーサ以外知らないし(笑)

匝瑳の語源については、諸説あって定まっていませんが、発音での「さふさ」という地名があり、「さ」は「狭」で美しい、「ふさ」は「布佐」で麻の意で、“美しい麻のとれる土地”であったとする説や、「さ」は接頭語で、「ふさ」は下総国11郡中で最大の郡であったことに由来するという説があります。匝瑳は、「さふさ」に縁起のよい漢字を充てたものと考えられています。なお、漢和辞典によれば、漢字の「匝」は、訓読みで“匝めぐる”と読み、一巡りして帰るという意味があり、「瑳」は、訓読みで“瑳あざやか”あるいは“瑳みがく”と読み、あざやかで美しいという意味があります。(匝瑳市HPより)

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20382041.jpg

ものすごく分かりづらい場所です。

この看板を発見するのも難しいし、クルマでは入っていけません。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20383259.jpg

まさに「路地」

この先です。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20384317.jpg

「営業中」の立看がなかったら全くわからないかも。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20385817.jpg

ここに来てもどこがお店かがまだ怪しいくらい。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20391740.jpg

うれし野」という看板はナシ。

私の小さいころ下町の駄菓子屋、おもちゃ屋、もんじゃ(ぼった)屋さん

というコミュニティプレイスには確かに看板がなかった。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20392284.jpg

200円!!!


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20402815.jpg

ナチュラルすぎてむしろ「昭和感」とかがありません。

そもそもそういう演出は全くなし。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20424164.jpg

私が来た時にはお客さんが一人いて、

会話に内容からすると子供の時この近辺に住んでいて、

社会人になってこの日夏の帰省をしてここに顔を出した、

そんな感じでした。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20413841.jpg

おそらく・・小さいころからのなじみなんでしょうね。

そういう場所がまだある、その人にとってのリアルな郷愁が存在する、

とてもとてもうらやましい。

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20420310.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20421407.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20430754.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20432412.jpg

この日は猛暑。

もう、なにがなんでも氷!


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20433443.jpg

ええ!?やっぱり200円だ。

またたくさん種類がある。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20433864.jpg

一番高くしても430円なのかぁ。

ここは「200円」を味わおう!

おそらく一般的なら350円~くらいでしょう。

あえて200円の時代に一気に戻れる。それがいい。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20444358.jpg

もちろん電動ではありません。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20451668.jpg

これぞかき氷


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20453978.jpg

たのんだは氷では初めての「もも

ピンク色だったので苺っぽいのかと思いきややはりももそのもの。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20455593.jpg

キーン、キーン。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20460748.jpg

この器もいい。

かき氷って確かにこんな器でよく出てきた記憶が。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20463360.jpg

そういうのもあったのかぁ。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20465047.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20471883.jpg

普通かき氷を先に食べて、その後焼きそばなんていうオーダーはないけれど、

この日は思ったままに「うれし野コース」を組んでみよう。

前菜:かき氷もも 主菜:焼きそば 並

こうしてみます。

それにしても245円って。。。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20480172.jpg

シャーシャーといい音の後に運ばれた焼きそば

焼いてくれたのはご高齢のおかぁさん。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20482024.jpg

これは掛け値なしにうまそうだ!


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20483953.jpg

アツアツ。

ちょっと醤油っぽいソースでこれは美味しい。

この美味しい味付けなら、はっきり言ってメガ盛りにしても食べれたと思う。

私的にはここ数年のNo1。

※それはグルメ的なことではなく、先にあった郷愁を込めて、です。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20491177.jpg

たしかにこういうお店があった。

中学生くらいでも少しのお小遣いで食べさせてくれるお店が。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20494178.jpg

コースとすればデザートが必要。

何にしようかなぁ。

みつ豆250円、あんみつ300円。

嬉しいなぁ。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20502615.jpg

が、ここはやはり看板メニューにしないと。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20521980.jpg

まず、串団子

これいってみましょう。

「あのー、1本でたのんでもいいですか」

「いいですよ。いろいろ食べてね」とおかあさん。

で、作ってくれていたのはおとうさん。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20505201.jpg

出来合いではなくちゃんと焼いてくれました。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20512421.jpg

この日、いろいろあって(笑)セーブしてますけど、

これを見ちゃったら5本は頼んでもよかったくらい。

いい色艶だ。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20512791.jpg

焼き立てでほんのり温かく、とてももっちりしていて美味しいことこの上ない。

80円でこの幸せを分けあわえることができる、こちらの老夫婦を心から尊敬します

そういう仕事ができるならやってみたい(とてもできません)。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20515001.jpg

最後に、というか串団子とともに頼んだ「じまん焼

こちらも1個80円


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20525817.jpg

こしあんを3個、1個をここで、2個を持ち帰りに。

本当はここにあるように1皿4個なんだけど、「かまいませんよ」と。

わがまま言って申し訳ないです。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20532792.jpg

ああ、何とかわいらしい。

いわゆる今川焼(大判焼)から見ると横幅が2/3くらいの大きさ。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20534091.jpg

しばらく見惚れてしまいました。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20535494.jpg

実は見ほれる理由がもうひとつあって、

熱くて食べれなかったから(笑)

ここ数年どういうわけか猫舌化がすごく進んでいて・・(汗)


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20543450.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20544388.jpg

!!!!

なんだろう、和菓子というよりももっとふわっとした洋菓子のような、

フィナンシェ?そう思える食感

これは美味しい。

なるほど「じまん焼」だ。間違いない。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20544613.jpg

2個は持ち帰り。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20551779.jpg

おとうさん、おかあさんともご高齢の様子。

途中「ちゅうもん、なんだっけ?」と3回くらい聞かれましたけど、

かえってそんな気を使わせてしまったことに申し訳ない思い。

もしこの先ここに来て、そういうことにイライラする可能性があるなら

絶対に来ない方がいいでしょう。

この、うれし野の時間の流れに従う、これ大前提です。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20553632.jpg

この1時間、私は幸せでした。

外の猛暑とは全く関係なく、私が過ごした50年前の夏に一人戻っていました。

もちろんその時代のままを味わった、ではなく、

自分が勝手に50年前にの「気持ち」に戻っていただけです。

これが郷愁というものなんだと思います。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20554219.jpg

この路地で聴こえていた蝉時雨にふと足を止め、一瞬目を閉じました。

旅は、新しい出会いの触れ合いと、旧い記憶の呼び戻し、その繰り返し


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20554719.jpg

後で知ったのは地井武男さんの故郷なんですね、匝瑳は。

まさしく地井さんぽの原風景のような街。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20555491.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20555744.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20561536.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20560584.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20562144.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20562699.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20563580.jpg

街歩きは本当に面白い。


【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_20564021.jpg

【50年前にタイムスリップ】うれし野・じまん焼き @匝瑳市八日市場_b0008655_21050247.jpg

これは持ち帰りの「じまん焼」

冷めても、いや、冷めるとまた違う感じの食感で美味しい。

はたしてまた「うれし野」へ行くことができるだろうか

もうこの年になると、毎日が「最後」のような気がします

悲観的ではなく。

新しい出会いと郷愁。

明日はどっちだ。


platinum

※毎回店舗情報や地図を示しますが、今回はやめておきます。


トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/30186181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2020-08-20 00:05 | 旅・たび・TRIP | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM