MyFaivoliteMUSIC♪

【雨だから】雨の日と月曜日は、そしてポール・ウィリアムスの名曲たち

【雨だから】雨の日と月曜日は、そしてポール・ウィリアムスの名曲たち_b0008655_13072844.jpg


梅雨がなかなかあけませんね。

来週にはそうなることを期待しています。

個人的に、雨は大っ嫌い

若いときは好きでした。雨キャンプなんか平気のへでしたし。

でもある時を境に大っ嫌いに。

嫌いというよりそのことで生理的に受け付けなくなってしまった、といってもいいです。

それが何なのかは別にして、雨の歌はすごく好きなものがあり、それは変わりません。

特に「Rainy Days and Mondays ~雨の日と月曜日は」です。





これ、カーペンターズであまりにも有名ですけど、

本当はポール・ウィリアムスロジャー・ニコルズの曲

この二人の作品はなんと言ったらいいか「詩的」そのもの。

詩と曲の一体感が本当にすごい。

そう考えると、この難しい歌をここまで自分のものにしてしまうカレン・カーペーターの歌唱力もものすごいですね。

この詩の世界観を一人ミュージカルのように表現してしまうのですから。

そのれにしても美しいメロディライン、美しい声。





そしてポール・ウィリアムス本人

やっぱりなんでしょう、この世界観。

本人だから当然ですけど、本人にしか出せないこの世界観

カレンのような歌唱力とは全く違う表現力といったらいいのか。

誰にも出せないこの味わいのある歌い方。

言葉的に合ってるかわからないけど「置手紙」のようなさりげなさ。






そして、同じくポール・ウィリアムスとロジャー・ニコルズの作品と言えば・・

愛のプレリュード~We've Only Just Begun

カーペンターズを代表する名曲ですね。

カーペンターズの中でのハーモニーではピカ一。

リチャードの才能発揮と言ったらいいでしょうか。

それにしても「愛のプレリュード」という邦題のつけ方が上手い!

直訳すれば「二人は始まったばかり」、でも邦題のがやはりタイトルらしい。





なんでしょう、この世界観。

歌が上手いわけじゃないのに。

また彼独特の「譜割り」がありますよね。

詩人が口ずさむような

時々音が消える編曲も素晴らしい。





こちらは逆にポール・ウィリアムスから聴いてみます。

愛は夢の中に~I Won't Last a Day Without You

名曲ですね。

あまりに名曲すぎて、ダイアナ・ロス、バーブラ・ストライザンド、なんと日本ではオフコース、まさかの椎名林檎にまでカバーされています。





この曲に関していえば、カレンはカーペンターズというより、

ポール・ウィリアムスの世界観の延長線上で歌っていますね。

あの情緒がきっちり出ている感じがします。

前半はやや抑えめで、サビはガラッと変わってキュートで跳ねるような歌い方。

そして最後の「without you」のほんの少し擦れる低めの太い声。

カレンはなんという素晴らしいボーカリストなんでしょう。






そしてこれ。

アート・ガーファンクル青春の旅路~Traveling boy

S&Gが解散してからのファーストアルバム「天使の歌声」最初のヒット曲。

ほんとうに天使のような素晴らしい歌声だし、

後から出てきますけど原曲とは違い、アートとしても珍しい力強いロック調というか、ものすごい歌い上げの歌唱力です。

実に感動的な後半の盛り上がり。青春映画のエンディングみたいな。





そして本家。

もしかしたらポール・ウィリアムスの世界観が最も出ているんじゃないかと。

アートの曲とは全く別の物語性。

聴いているだけで涙が滲んできそう。

詩が素晴らしく、本当に詩人の才能。

別のところで歌がうまくないといってしまいましたが訂正します。

こんな歌い上げ方されたら・・・

そしてこの独特の「譜割り」。

アートはある意味楽譜通りに歌っていますが、ポール・ウィリアムスのこの歌い方は楽譜にはできないというか。

桑田佳祐みたい。





最後はこれ。

私はポール・ウィリアムスという人を最初この曲で知りました。

なんだろう、ビートルズにも共通するような、ポップでカッコいい曲だなーっと。

An Old Fashioned Love Songというタイトルもシャレてる。






有名なのはスリードッグナイト版でしょうか。

実はこの曲はカーペンターズのための書下ろしだったという話もありますね。

ポール・ウィリアムス作詞、ロジャー・ニコルズ作曲というコンビの活動が目立ちますが、

ポール・ウィリアムス自身の作曲能力も素晴らしい。






オマケ。

これはちょっと笑えました。

まさかマペットショーに本人が出てくるとは。

しかも本人のマペットまで出てくるじゃないですか。

このビデオにもある通りこの曲も「雨」がすごく似合う。


またこの時だけの「譜割り」があって「ラァ~~~ブソ~~ング」というのが実にいい。

終わり方がまたよろしい。

こういうミュージックビデオってすごくいいなぁ。

(他に、ハリー・ベラフォンテ、ポール・サイモン、ジョニー・キャッシュなんかの大御所も出ているんですね)


platinum

トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/30153762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2020-07-25 00:05 | MyFaivoliteMUSIC♪ | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM