☆キャンプ

【キャンプ場近況】マスク、ノーマスクのシーンを今一度意識しよう!

【キャンプ場近況】マスク、ノーマスクのシーンを今一度意識しよう!_b0008655_21033326.jpg
(画像提供:長瀞オートキャンプ場 伊藤さん)


県外移動が始まった先週末。

お天気もまずまず、気持ちは抑えられずおでかけをされた方も多かったでしょう。

そして、キャンプ場

賑わったようですね

上記の画像のように、きれいにテントがサイトに並んだ姿を見ると

「やっとこの光景が帰ってきたのか」と感慨深く思います。


大きな混乱はそんなにはなかった、と多くのキャンプ場さんからはお聞きしました。

特に心配されたチェックインの大混乱や大渋滞は今のところさほどではなかったようです。

これは多くのキャンパーさんの意識の高さゆえでしょう。

場内のキャンプシーンもゆったりと過ごされていらっしゃったようです。

ソーシャルディスタンスの意識もしっかりあったようですね。


ただ、ひとつ、懸念事項でもあった「マスク着用」に関しては

どうもあいまいになっていたという話も聞こえてきました。


それは、先にもお伝えしたように、

マスク着用」はキャンプ中の常時に求められているのではなく、

「ある限られた場所」にて着用を求められていることを忘れてしまっているようです。


ある限られた場所」とはキャンプ場におけるパブリックゾーン=管理棟とサニタリーです。


なぜマスク着用があいまいになってしまったかは、多分こうだと思います。


①キャンプ場に着いた途端、開放されてしまい自由な気持ちになってしまった

②到着までは意識をしていたが、キャンプサイトでゆったりした途端、自由な気持ちになってしまった


最初のチェックイン時はほぼ管理棟なのでまずはまだパブリックゾーンです。

キャンプ場に来たら即ノーマスクではありませんので、そこもう一度再確認ですね。


そしてサイトに入ったら、そこはプライベートなのでここで初めてノーマスクOK

しかし、それはあくまでもサイト内。

その後に、サニタリーなどパブリックに移動する際はマスク着用を忘れずに

管理棟への薪などの買い物等へもノーマスクにならないようにもう一度気を付けましょう。


いろいろな声を聴くと、マスクマナーは若い人でいい加減になっていることが多いようです。

電車なんかでもたしかに若い人にノーマスクがちょっと目だちますね。

キャンプ場でもその傾向があるようです。


キャンプ場に来たらできる限り解放感に浸りたい。

私もそうあってほしいし、そうするべきだと思います。

けれど守るべき新しい時代の「マナー(モラル)」はそれとは別。


面倒な気持ちはよくわかるとして、面倒がらずに実行しましょう、みんなで協調をして。

未来永劫そうではないでしょうから、とりあえず「今」は

※各種情報を頂戴しましたキャンプ場様にはこの場をかりて改めまして感謝申し上げます

platinum




トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/30115972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2020-06-26 00:05 | ☆キャンプ | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM