☆キャンプ

【応援したい】スペースキー 佐藤社長の請願活動 ~アウトドア・レジャー喚起に向けて

【応援したい】スペースキー  佐藤社長の請願活動 ~アウトドア・レジャー喚起に向けて_b0008655_22214594.jpg


株式会社スペースキー(OIS 事務局) 佐藤祐輔社長が動いてくれました。


新型コロナ感染症の影響によりアウトドア関連観光事業も急加速で苦境に立たされてしまいました。

日本全国への緊急事態宣言下、外出、移動が自由にはできない現在はもちろん、

GWというハーベストシーズンを見逃した以降も果たしてどうなっていくかは不透明です。

そこで佐藤社長が道筋を立ててくれたのが、「集客支援を政府に求める署名活動」です。


具体的には以下の通りです。


今年度補正予算に経済産業省による「アビガン、ECMOの増強」などを含んだ

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策が盛り込まれています。

いっぽう、その後の「官民を挙げた経済活動の回復」として、観光を含めた消費喚起に約 1.6兆円の事業予算が組まれています。


その中の1項目が「Go To キャンペーン事業」があり、


①Go To Travel キャンペーン

旅行業者等経由で、期間中の旅⾏商品を購⼊した消費者に対し、代金の1/2相当分のクーポン等(宿泊割引・クーポン等に加え、地域産品・飲食・施設などの利用クーポン等を含む)を付与(最大一人あたり2万円分/泊)。


と記されています。


問題は「アウトドア・レジャー喚起」がその対象になるか、または外れてしまうか

そのためにも今はまだ訴えられるチャンスなので、これを機にアウトドア業界が⼀致団結して署名を集め、

担当となる経産省と観光庁に意見を請願をしようと佐藤社長が呼びかけたのです。

これはあくまでもアウトドアを事業としている企業や関係者にて行う行為です。


この署名の請願が通る保証は何もありません。

補正予算も現在微妙な位置づけで動いています。

ある意味破れかぶれでもあります。しかし、今は機を逃さず動き出す、それしかありません。

人任せではなく、今や業界を引っ張る立場にあるスペースキーが動いたことは重要なことです。


アウトドアの業界や世界は常に緩やかな空気が流れていて、それがとてもいいところです。

この緊迫感の毎日の中でも、できるだけキリキリせずおおらかにされている方も多いでしょう。

それはとても大事なのでキープしつつ、いっぽうでビジネスの立ち位置の人は事の展開に敏感ではないと、

この先急速な回復基調が起きた時に乗り遅れてしまいかねません。


アウトドアはどこか隔世のところに位置することが好ましくもあり、

しかし、現在のようにすべてが同じ土俵に立たされた中ではのんびりとだけ構えているわけにもいかないでしょう。


佐藤社長の行動を見守り、当然応援していきたいと思います。



もし本件に関しご関心のあるアウトドア事業者の方には、

【署名活動のご協力依頼】【請願書】の情報をお渡しいたします。

本ブログのコメント欄に以下の要件をお書きください。

※コメント欄は記入後も非公開を維持します。キャンパー個人対象となりませんのでご了承ください。


・事業所名

・お名前

・ご連絡メールアドレス もしくはFBでつなっている方はその旨いただければメッセンジャーでお送りします



※こちらの記事の掲載につきましては佐藤社長のご了解を頂戴しました。


platinum

トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/30010790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2020-04-18 00:05 | ☆キャンプ | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM