ガルヴィ連動コンテンツ

【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして

【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_17180691.jpg


台風19号は日本中に大きな爪跡を残しました。

被災に遭われたキャンプ場様の中でも、河川氾濫によるものは特に甚大な被害をもたらしています。

台風が過ぎ去った1週間後、埼玉県にある「リバーサイド長瀞オートキャンプ場

をお伺いさせていただきました。


覚悟を持って行ったつもりであっても、その惨状を見て心が折れる寸前になってしまったのが事実です。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_17202163.jpg

高台側にある管理棟ですら大きく浸水。

この高さをもってそうなるというのはこの場にいてすら想像が出来ません。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18295557.jpg

すぐ近辺のサニタリーをよく見ると、屋根近くに水が上がった痕跡があります。

この場所は高台で、普段の水面から見れば数メートル以上、マンションの高さで言えば3階近くそうなったということでしょう。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_17185982.jpg

ガラスが水に押し流されてほぼありません。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_17211802.jpg

破壊という言葉以外に思い浮かばない。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_17210634.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_17214176.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_17223033.jpg

本来ここは降りれる場所ではないはずですが、ここを通ります。

グリルの残骸が痛々しい。


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_17320504.jpg

こんなときですがオーナーの伊藤さんとスタッフの方にお付き合いいただき恐縮です。

今回ガルヴィ編集長の風間さんとご一緒しています。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18002349.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18011819.jpg

私の頭の中にある記憶とは全く違うものです。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18004410.jpg

本来、ここにあるべき風景。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18124246.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18130048.jpg


それが同じ場所であることをどのように整理すればいいのかわかりません。

芝地であった場所は運ばれてきた土砂と石に覆われてしまいました。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18014898.jpg


一列になぎ倒されたことで、そこが区画サイトであったことが分かります。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18022021.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18024860.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18031611.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18035264.jpg

根ごと引っこ抜いていってしまう水の力。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18144069.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18325557.jpg

荒川の向かいも大きくえぐられています。

1週間経った今でさえ川の濁りは変わらず。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_19082636.jpg

これらの石の一つだってキャンプ場にはなかったのです。

全て濁流に運ばれてきたものです。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18043475.jpg

唯一その原型をとどめたサイト。

この向こう側が島となっており、それが水の流れを抑えていたようです。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18045349.jpg

確かに残っている木が同じだとわかります。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18065813.jpg

今回の被害はこの先の岩肌を乗り越えてきた濁流によるものが主たるものと考えられます。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18073283.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18080640.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18085502.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18083231.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18154470.jpg

ガールズサイトがこのような姿になってしまったなんて・・



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18153922.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18164898.jpg



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18170627.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18172433.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18174287.jpg



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18180038.jpg

ここに在ったバンガローは建物ごと流されてしまったため取り壊されました。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18190676.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18185313.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18191806.jpg



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18192666.jpg

建物に水流がぶつかり、このように支柱からはずれて流されたわけです。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18193032.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18193610.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18194710.jpg



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18194344.jpg



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18203316.jpg

私の拙い記憶にはこの岩肌を知りません。

荒川本流、そしてまさかのここへの廻り水、二つの濁流が襲い掛かってきたということになります。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18205748.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18210906.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18212153.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18213270.jpg

この翌日には50名以上のボランティアが駆け付けられたとのこと。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18213811.jpg

お話を伺っていたとき、ある方が35kmも下流である熊谷からこれを届けに来てくれました。

「NAGTORO AUTO って書いてあったから」

これはラフティング用のライフジャケット。

まさかの出来事です。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18215273.jpg

そしてもうひとつのまさかの出来事が。

濁流に呑まれることなく助かった子猫たちの発見。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18220395.jpg

どうでしょう、まだ生を受けて1ヶ月には満たないのでは。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18221861.jpg

子猫たちが無事であったことに一つの安堵を覚え、

同時にそれだけではない今の現実を認識したとき、胸がつまりそうでした。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18222846.jpg



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18230511.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18231975.jpg

どうか、この命が繋がれることを祈ります。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18232632.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18270879.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18244361.jpg

「まずは元に戻すこと。ポジティブに考えます!」

と明るく話してくださった伊藤さん。



今回聞かせていただいたことは、

二つの台風の被災キャンプ場様を廻らせていただいたことと合わせて、

私自身の考察を加えつつ、ガルヴィ12月号にてみなさまにお伝えさせていただきます



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18274492.jpg

伊藤さんは信じています。

スタッフも。


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18103675.jpg


【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18104935.jpg

いまは荒れ地であるこのキャンプ場に、

きっと再びこの光景が戻ってくることを。



【19号被災の光景とキャンプの記憶】リバーサイド長瀞オートキャンプ場へお伺いして_b0008655_18285116.jpg


そして、「テント」という花でいっぱいになることを。


雪に埋もれた桜の木が耐えに耐え、春一斉に満開の花を咲かせるように。





※復旧にお忙しい中、時間を割いていただきました伊藤様をはじめスタッフの皆様には深謝申し上げます。


また被災に遭われました多くのキャンプ場様へ改めましてお見舞い申し上げます。

















トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/29716248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2019-10-23 07:00 | ガルヴィ連動コンテンツ | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM