アウトドアエッセイ

【リバーサイトは消滅しても・・】巴川AC戸塚オーナー80歳の人生訓 ~運命と出会い、どうしていくか

b0008655_11363051.jpg


このサイトは秩父の巴川オートキャンプ場「リバーサイト」過去の画像です。

台風19号による河川増水によって流され、いまはもう跡形もなくなってしまいました。



この台風では各地、特に河川沿いのキャンプ場様には甚大なる被害がありました。

以下の画像はケニーズファミリーヴィレッジさんから許可を得ての転載です。


b0008655_14180016.jpg

b0008655_14215494.jpg


こちらは私が以前撮った同アングルの画像です。

この河川のサイトが全て濁流にのまれてしまったことが見てとれると思います。

1日過ぎての様子なのでもっと尋常じゃなかったでしょう。

普段は膝にも届かない浅い河川です。

台風が去った後の画像ではあれ、雨量600mm近くはこうなるということが分かります。


被災をされたキャンプ場様各位に心からお見舞い申し上げます。

1日も早い復旧を祈ります。


そして、各地の被害で尊い命を失われてしまった方のご冥福をお祈り申し上げます。



b0008655_11365731.jpg

巴川オートキャンプ場の「リバーサイト」

特別な思いがこもった場所です。

なぜならこのサイトは私の一言から生まれたサイトだからです。



巴川オートキャンプ場に初めて訪れたのは今から7年前。

なんと驚きの74歳(当時)の仲良し同級生3人が一念発起して作り上げたキャンプ場でした。



b0008655_11384417.jpg


b0008655_11390153.jpg


キャンプ場は荒川の蛇行に囲まれ、目のまえに古代の地層も見られる秩父らしい場所にあります。

開設当時は高台のサイトだけで、川沿いに広い場所があったもののそれは手が付けられていない河原でした。


「オーナー、どうしてかわからないけど、この川沿いにいいキャンプサイトがある風景が思い浮かんでしまいました」

「SAMさん!あの河原に。そうかい。」

「はい、そうですね、リバーサイトなんて名付けたらいいですすかね」

SAMさん!そうかい。わかった!


この時の「わかった」というオーナーの言葉は正直何を意味してるのか分からず、

当たり前ですけどそんな一言で何かが起こるなんて思いもよりませんでした。



そして冬のキャンプ場のお休みを経て翌春の或る日、オーナーから一本の電話が。


SAMさん!作ったよ。リバーサイトを


その時の驚きというか、ちょっと膝が震えるような感覚は今でもはっきり覚えています。

「ほんとうですか!!マジですか!」

「ああ、マジ。だってSAMさんが作れって言ったじゃない(笑)3人でね、やっちゃったよ」


当然私の一言ですべてがそうなったなんてないでしょうが、

それでもその一端を作ったことにはめちゃくちゃ責務をその時に感じました。



b0008655_11382919.jpg

元の草っぱらがしっかりと整地され、そして砂が入りフラットに。

リバーサイト誕生。


開設後はむしろリバーサイトから埋まるくらいの人気ぶりで、

さらにはオーナーたちの着実なる努力が結実し、

現在に至り土日は常に満員、連休や夏休み中はキャンパーさんで全サイトがあふれかえる人気のキャンプ場になっています。



b0008655_11393789.jpg


もちろん私もこのリバーサイトでキャンプをしています。

なんというか、言い出しっぺの特別な感慨をもって。



そしてある日、オーナーがふと言われた言葉は忘れようがありません。


「SAMさん、運命っていうのがあるね。SAMさんと会ったのも運命だし、リバーサイトができたのもそうだよ。

オレがキャンプ場をやろうって思ったのも運命なんだね。

でもね、運命ってそのまんまだとみんな過去になるのさ。

だから、その運命に出逢ったとき、それをどうしていくかが全てじゃないかな。

いいも、わるいも。」



ドキッとしました。

運命ですべてを片付けるのではなく、その運命をカタチにするかしないか、それが自分に託されているのだと。



b0008655_11395597.jpg


19号通過のあと、戸塚オーナーと連絡を取らせていただきました。

「そりゃすごかったよ。見たことがない増水だったからね、ダムも放水をしながらだったけど、これじゃどうしようもなかったね」

戸塚さんは元々大手土木にいらしてダムや河川のプロ中のプロ。

そのプロをしてもこのような降水と増水は未曽有だとのこと。



私が口を滑らせてしまったがゆえ開設に至ったリバーサイト。

それが被害の対象となってしまった今回。

何かとても責任を感じてしまいました。


「あんなことを言ってしまったことがこういうことになってしまって、なんと言っていいか・・」


「ははは!何言ってるの。バカ言っちゃ困るよ。こういうことは逆らえないもんだ。

やってよかったにきまってる、リバーサイトはすごく人気になって大正解だったんだから。

SAMさん!確かにリバーサイト全部なくなっちゃったけど、これで終わったわけじゃない。

来年の3月くらいまでにはもう1度作るよ!

もうオレは動けないけど、若いやつにやらせるから。まぁ、現場監督だな!ワハハ!」



b0008655_11402295.jpg


「避難勧告で老人は避難しろっていうから行ったさ。老人扱いはアタマきたけどね(笑)まぁ、オレも80過ぎてるからね。仕方ないやね(笑)」

そんな元気を見せつつもやはり避難そのものは大変だったようで、実はその最中にお怪我をされてしまい現在自宅でご療養とのこと。

「うん、元気だから大丈夫だよ。そんなことよりSAMさん、体調とか平気かい?無理しないようにね」

なんと言っていいか、このお人柄・・・



運命はやってくる。良くも悪くも。

しかしそれを受け入れて先に進めるかそうしないか。

すべてはそれで決まる。



70歳を過ぎてキャンプ場を始めたオーナーだからこその訓示。

私は大切にしていきたいと思います。




トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/29684448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2019-10-16 07:00 | アウトドアエッセイ | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM