ソトあそび・アウトドアレポート

【この夏最高のご馳走】鮮烈だった「上高地六百山の伏流水」

b0008655_15262544.jpg


この夏最高のご馳走を一つあげろと言われたら・・

それは「水」と答えます。


本当に美味しかったなぁ「上高地六百山の伏流水


ただ美味しかったのではなく、なぜか地球の「声」が聴こえてきた、そんな気がするからです。


b0008655_15201320.jpg

出逢ったのは上高地温泉ホテルのロビー

ここに置いてあったジャグからひとひねり。

まぁ、びっくりしました。


実に鮮烈にして甘露

舌ざわりに尖ったところがまるでなく、それでいてピーンと一本筋が通ってるというか。


いつだったか、フランスのブルゴーニュでこれに近い水に出逢った記憶があります。



b0008655_15234186.jpg

上高地で飲める水はこの梓川ではなく、小梨平に流れる清水川のものといわれていますね。



b0008655_16562115.jpg

これが清水川。

緑色なのがバイカモという清流の証しだそうです。



b0008655_15212411.jpg

右が清水川の流れ。

結局梓川には合流しますが。



b0008655_16575878.jpg

それは五千尺ホテルのところでも飲めます。

ハイカーさんたちの潤いの泉ともいえそう。



b0008655_15224257.jpg

そのもとはこの「六百山


b0008655_15245026.jpg


我々が飲める水は地球上のわずか0.01%


あまりに少ない水。


たしかに少なくはありますが、

美味しい水をガブガブっと飲み、大事なメッセージを受け取れるならそれも大切な行為です。


「我々にとって水ってなんだろう」と感じられるのならば。



こういう時にアウトドアの大きな意義を感じるのです。


カタチにばかりこだわって、本来の感受性のアンテナを置き忘れたアウトドアアクティビティはしたくない



あくまでも、私は、です。



更新を通知する



トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/29635055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2019-09-15 07:00 | ソトあそび・アウトドアレポート | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM