全国らーめんの記録

【四半世紀の歴史に幕】新検見川「蓬莱軒」~”名店中の名店”が閉店


b0008655_16273693.jpg

名店中の名店「新潟ラーメン 蓬莱軒」が、

惜しまれつつ25年の歴史に幕を閉じました。



その地域で美味しいお店、その地域をはるかに超えた美味しいお店

蓬莱軒」はインド料理「シタール」とともに間違いなく後者でした。

つまり、全国レベルでの名店中の名店でといって過言ではないでしょう。

素晴らしい完成度のラーメンを長年にわたり供してくれました。



b0008655_16281396.jpg

これだけの名店にもかかわらず規模を大きくするわけでも、のれん分けするでもない、

ずっと何も変わらない街のラーメン屋さんのままでした。


シタールの方は規模こそ大きくしていないものの、さすがに最近改装しています。

しかし蓬莱軒は四半世紀何も変わらず。

私が千葉に移住してきたのがまさに四半世紀ちょっと前。

その頃もこの看板、この暖簾。


b0008655_16282618.jpg

蓬莱軒のラーメンがいかに素晴らしいか、2回にわたってここでも書いています。

しかもその内容が最後まで全く同じに当てはまるのはまさに何も変わらずにいた証拠。







b0008655_16283515.jpg

私が閉店前最後に訪問できたのは5月某日

その時も地元のお客さんがほとんど。

若い人からお年寄りまで。

特にはラーメン通、ラーメングルメは見当たりません。


b0008655_16285728.jpg

この日は央ぶりに「チャーシュー麺」にしました。

人気があった湯麺、味噌湯麺はこの時すでにやめておられました。


実はこれを見て「もしかしたら・・」と思ったわけです。

もう鍋を振るのが厳しく、そろそろ引退されるのではないかと。


b0008655_16290264.jpg

奥様が厨房に入り、旦那様がお店を仕切る。

これも変わらず。それゆえ余計に「もしかしたら」と。


b0008655_16292409.jpg

ああ、変わらないこの琥珀色=アンバースープ

これがもう見れなくなるなんて。


b0008655_16295104.jpg

さりげなくも美しい配置。


b0008655_16301005.jpg

気が付かなかったというより、気にしていなかったからかもしれませんが、

チャーシュー麺のチャーシューは、ラーメンのチャーシューと違ったんだ。。。

チャーシュー麺ではバラチャーシューが使われていて、

それで時々「売り切れ」となっていたのですね。


b0008655_21421448.jpg

こちらはラーメン


b0008655_16303782.jpg

アンバースープと極細麺。

これからどこにこれを求めればいいのだろうか・・


b0008655_16305059.jpg

「濃厚魚介系とんこつ」とかがバカバカしくなってしまうほどの美しいスープ。



b0008655_16310671.jpg

大きいバラチャーシューは滋味たっぷり。

たいていのバラチャーシューは粗野なものが多いのですが、

蓬莱軒のは舌の上でとろけながら淡雪のように消え去る特上のチャーシュー。



b0008655_16312061.jpg

この満足感、余人をもって代えがたし


蓬莱軒を失っての喪失感はおそらく日に日に増していくのでしょう。



b0008655_16314300.jpg



b0008655_16315793.jpg

この風景で誕生し、この風景のまま歴史を閉じる。



b0008655_23482014.jpg


タンメン

最後に食したのは3年くらい前かも。

もっといただけばよかった。


あの透き通ったアンバースープが炒め野菜の香りとエキスと相まって、

全く新たなスープに変化し。

素晴らしく美味しい湯麺でしたね。


b0008655_23504740.jpg

ラーメンとチャーハン

家族で蓬莱軒に来るときは必ず2セット以上これ。



b0008655_23511195.jpg

よくできたチャーハンでした。

今思うと、近くにあることでいつでも食べれるという油断に悔いが残ります。

もっともっとこのチャーハンに接するべきだった。



b0008655_23521416.jpg

味噌湯麺


b0008655_23525337.jpg

湯麺以上に存在感があり、固定ファンが多かったはず。

傑作でした。


b0008655_23531137.jpg


無性にすすりたい。


しかしもうそれはかなわない。


b0008655_00202351.jpg



b0008655_00203790.jpg


b0008655_00205146.jpg

ああ、おいしかった お客様の輝く笑顔 それが私の歓び 私の生きがい


この蓬莱軒の真からの魅力、

それは「必要とする人だけに必要とされた

だからここから動くことも店を広げることもなかった。

そんな気がするのです。



b0008655_00283863.jpg


夜も営業していたころが懐かしい。

※この写真は2004年


b0008655_00212813.jpg

壁にかかっていた、当時の川渕キャプテンのサイン

近くの東大グランドは日本代表の練習所だったからです。

あのカズもいたわけです。

カズが代表で最も活躍したころが25歳前後。

まさしく蓬莱軒の歴史とシンクロしてるとしたら、カズのすごさが分かろうというもの。


b0008655_00214219.jpg

たくさんの美味しいを本当にありがとうございました。


b0008655_00215891.jpg

蓬莱軒の「蓬莱」は理想郷の意味があります。

新検見川の地にあった理想郷はもう夢の世界へ



b0008655_22493291.jpg


おつかれ様でした。




トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/29521430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2019-07-17 06:00 | 全国らーめんの記録 | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM