旅・たび・TRIP

【旅の”味わい”】一ノ関駅の駅そば「あべちう」


b0008655_15114374.jpg


ここだけに、なにか違う時間が流れているのだろうか。


岩手県一ノ関駅ローカル線ホーム、

駅そば「あべちう」



b0008655_15115138.jpg


鉛色の空、

寂しいホーム。



b0008655_15131962.jpg


しかしなぜかここにだけには人影がある。



b0008655_13311738.jpg


そばを茹でる湯気がまるでお香のよう。



b0008655_13314930.jpg


誰もが黙って蕎麦をすすっている。



b0008655_13315964.jpg


めかぶそば


ああ、なんて美味いのだろう。


特別な蕎麦でもない、特別のつゆでもない、特別の具材でもない

380円の蕎麦なのに。


この静かな駅がそうさせるのか、

この深々と冷える空気がそうさせるのか。


とにかく至福の時間だ。

気持ちに沁みる味だ。


b0008655_13322015.jpg


この時間が長く続いてほしい、

そう思ってもたった2分で終わってしまう。



b0008655_15134418.jpg


そこでしかない味というのがある。

そこでしか味わえない素材ではなく、

そこでしか味わえない「空気感」だ。


味は味だけではなく、味わいも味だと思う。



トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/29195216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2019-01-19 07:00 | 旅・たび・TRIP | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM