全国らーめんの記録

【鈴屋】竹岡式のルーツ、房総ラーメンの原型か? oishii


b0008655_23365565.jpg

竹岡式ラーメンの元祖とよく言われる梅乃屋より、この鈴屋の方が創業が旧い。

たしかに世間に知られた竹岡式ラーメンのスタンダードは梅乃屋だから、この鈴屋のポジションは言ってみれば竹岡式ラーメンのルーツ、もっと言えば房総ラーメンの原型、そんな表現でもいいのではないかと思う。

久しぶりに鈴屋のラーメンを食べに行ってきた。


b0008655_23372300.jpg


房総なぎさラインにある店の、山を背景にした佇まいがなんとも良い。



b0008655_23373935.jpg


昔はきっと食堂だったのだろう。

現在はまごうことなきラーメン専門店。

しかしそうと名乗っていないのがまたまた良い。



b0008655_23375413.jpg


店内はまさに房総の食堂。いや、全国食堂の典型のまま。

シンプルで活気ある食堂のアトモスフィア。

洒落たカフェが流行るのはもちろん良いとして、食堂が廃るのだけはなんとしても食い止めたい。




b0008655_23384058.jpg


メニューはシンプルだが、チャーシューメンだけは早めに締め切ってしまうので注意。



b0008655_23395485.jpg


注文はおばちゃんを呼び止めて告げる。水やレンゲは出てこないからセルフで。



b0008655_23332844.jpg


大盛りラーメン

スープは相変わらずなみなみ。

醤油の色がストレート。

本当なら、こういうラーメンをして醤油ラーメンと呼ぶのではないのか。



b0008655_23415875.jpg


房総のラーメンはしょっぱいと批評する人がいるけれど、それは”麻婆豆腐を辛い”と難癖つけているのと一緒じゃないか?

このしょっぱさの中に味わいを探さなけりゃ

鈴屋は、房総にあってそんなにはしょっぱさが強いわけじゃない。

玉ねぎのみじん切りを薬味としていないので、竹岡式ラーメンと呼びにくいこともあり、やはりこれからしても房総ラーメンの原型でいいのじゃなかろうか。

いずれにしてもネギはしょっぱさと相性がいいからたっぷりあるのは嬉しい。



b0008655_23451062.jpg

チャーシューの煮汁からの脂か、とにかくこれが覆ってスープの温度が下がらない。

「熱いラーメン」は日本のラーメンの基本。

能書きは多いが冷めたスープを平気で出している店の気が知れない。


b0008655_23432077.jpg


チャーシューメンをたのまなくてもチャーシューがゴロゴロ入っているから安心。



b0008655_23442757.jpg

房総、特に内房ラーメンのスタンダードともいえる細いタケノコ(支那竹とかメンマとか言いづらい)は、それこそもしかたしたらこの鈴屋が原型かも。


b0008655_23434518.jpg


梅乃屋の乾麺とは違い生麺だが、スープと一体化してバランスが実に良い。噛むラーメンではなくすするラーメン。



b0008655_23444641.jpg

私はラーメンが美人であることを特には望まないし、ましてや厚化粧はあまり気が乗らない。

鈴屋のラーメンは化粧なんかしちゃいないが、活気に満ちたすっぴん。

それがいいと思うし、それでいいと思う。



b0008655_23470607.jpg

房総の風情はいい。なんともいい。

地元のものであり、なおかつ旅のついでのラーメン。変わらずそのままであってほしい。







鈴屋
ジャンル:ラーメン
アクセス:JR内房線上総湊駅 徒歩27分
住所:〒299-1621 千葉県富津市竹岡92(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 木更津×ラーメン






トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/29049360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2018-12-28 07:00 | 全国らーめんの記録 | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM