SAMの全国食べある記

【名物・木耳玉子炒めとチャーハン】岐阜屋@思い出横丁



b0008655_20050036.jpg



「街中華」という言葉は、街中にある中華料理店だから「街中華」


でも「街中華」が示す本当の意味合いは、

大衆のために存在する「大衆中華」ということなのではないでしょうかね。


そういう意味で言ったら、日本最大の「街」である新宿にあり、

しかも日本一「大衆」が多い新宿にある、

思い出横丁の「岐阜屋」こそ、その頂点に君臨していると言ってもいいかもしれません。




b0008655_19405641.jpg


正直、私は思い出横丁にそんなに多くお世話になっておりません(笑)


飲食の「食」がメインなので、どうしてもガッツリ食べれるところに行ってしまうんですよね。




b0008655_19412875.jpg

とはいえ、さすがにこの40年で数十回以上はお世話にはなっています。


つるかめのソイ丼や、ひなどりのもつ煮とかはずいぶんとお世話になりました。




b0008655_19421657.jpg

かめやは当然。

最近は来ていないなぁ。




b0008655_19380262.jpg

そして岐阜屋


初めてこのお店の暖簾をくぐった・・・

・・暖簾はないか(笑)


それこそ10代後半

よくここを未成年で入ったと自分でも感心


あの時はまるで外国でも来たかのような興奮がありましたね。


頼んだのはシンプルなラーメン一杯だけ。

この岐阜屋のラーメンを食べてお店を後にした時、

「ちょっとオトナになった」、そんなことを思ったわけです。




b0008655_19432904.jpg


低いカウンターの、入り口付近に腰掛けます。

黄色いメニュー側はなんだか常連さんの席のような気がして。


「キクラゲいために、チャーハン」

うなずくわけでも、返事をするわけでもなく、目が合っただけ

しかも「キクラゲ玉子炒め」と言わず、慌ててはしょって言ってしまった。


本当にこれでオーダーできたのか?(笑)




b0008655_19464384.jpg


その不安はたった2分後に解消。

ものすごいスピードでチャーハン到着。




b0008655_19480446.jpg


チャーハンというより、

塩チャーハンって言っていいほどのキリッと塩味。

それに食べてわかったボリューム。

けっこうな量ですよ。




b0008655_19490019.jpg


このスープが泣かせるわけですよ。

はっきり言って今の時代では美味しくはないです。

美味しくはないけど「こういう味をおいしいって言っていたよなぁ」と確認させてくれるのです。


キミたち、贅沢になり過ぎてないか?」なんて。



b0008655_19563747.jpg


b0008655_19572480.jpg


忘れられているのか・・かと不安でしたが、

ちゃんと作ってくれました。





b0008655_19580718.jpg


まんま、見た目がメニュー通りの「木耳玉子炒め」


それにしてもすごいインパクトだ。




b0008655_20014727.jpg



キクラゲのあのシャクシャク感はたまらんですねー。




b0008655_20001180.jpg


これぞ大衆の味。


今回はチャーハンとたのんでしまいましたが、

木耳玉子炒めライス

といえばごはん、スープ付きで定食にも。




b0008655_20030726.jpg


なかなか減らない(笑)




b0008655_18595392.jpg


20分後完食して、店を後にします。


またまたオトナになれたかな。





b0008655_20054554.jpg


新宿のディープさは、一生かけてもほんの一部しか分からないんだろうなぁ。





岐阜屋
ジャンル:中華料理
アクセス:都営大江戸線(環状部)新宿西口駅D3口 徒歩1分
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-2-1(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新宿×中華料理





トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/28742192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2018-10-30 07:00 | SAMの全国食べある記 | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM