ソトあそび・アウトドアレポート

【Photoレポート】Venture Onward by Purveyors 2018 @桐生市花見ヶ原森林公園キャンプ場


b0008655_10332208.jpg

Purveyors が主催する Venture Onward

2018年10月に 桐生市花見ヶ原森林公園キャンプ場 で行われました。

私も参加させてもらったので少しばかりフォトレポートします。





b0008655_10351699.jpg

今年で2回目だそうです。

Purveyors のファンが中心に集まるリアルイベント。




b0008655_10370262.jpg

キャンプ場の入り口付近にはいくつかのガレージショップが出展。



b0008655_10485828.jpg

イベント&ワークショップ会場。


その様子は後にして・・・



b0008655_10495347.jpg

キャンプ場内を少し回ってみます。


ほぼ山あいの斜面に不規則なサイトが点在しています。

車は基本ここへ駐車禁止なのでオートサイトではありません。




b0008655_10501772.jpg


b0008655_10504826.jpg


b0008655_10511578.jpg


b0008655_10515643.jpg


b0008655_10521438.jpg


b0008655_10525113.jpg


b0008655_10530612.jpg


b0008655_10534569.jpg

奥側にはコテージやバンガローが点在。

タイプがいくつかありますね。



b0008655_10541103.jpg


b0008655_10542596.jpg


b0008655_10545642.jpg


b0008655_10553839.jpg



b0008655_10555219.jpg



b0008655_10563974.jpg


b0008655_10570147.jpg

バーベキュー施設。



b0008655_10571942.jpg

炊事棟。



b0008655_10580501.jpg


b0008655_10582950.jpg


b0008655_10590573.jpg


b0008655_10593872.jpg


b0008655_11000767.jpg



b0008655_11021839.jpg

テーマは「ベンチャー」。

そういう意味では主役は子供たち。


「オンワード」と付しているのは、

大人たちも子供のようになって”もっと”遊べ、

そんな意味合いもあるのでしょう。




b0008655_11023649.jpg

ここにはワークショップ。


左に立たれているのは代表の小林さん。





b0008655_11041385.jpg


b0008655_11041769.jpg


b0008655_11044062.jpg




b0008655_11051139.jpg


b0008655_11051836.jpg


b0008655_11052884.jpg


b0008655_11053666.jpg


b0008655_14571852.jpg



b0008655_11092707.jpg



b0008655_11062478.jpg


b0008655_11065135.jpg


b0008655_11063123.jpg


b0008655_11065874.jpg


b0008655_11103429.jpg


b0008655_11103899.jpg




b0008655_11095058.jpg



b0008655_11085337.jpg

17時からはステージ開始。

子どもが目の前で遊ぶ自由な雰囲気で。



b0008655_11100797.jpg


b0008655_11112428.jpg


b0008655_11114368.jpg



b0008655_11121700.jpg



b0008655_11122630.jpg


b0008655_11134374.jpg



b0008655_11142780.jpg



b0008655_11140221.jpg

18時からは私の時間だったのですが・・・

この日は雲が完全に覆っていてもうだめかと思いきや、

17時半から半分の雲が取れ、ベガやアルタイルが。

そしてISSがいい時間に上空を通過。

「始めて見た」


西には三日月が出たり引っ込んだり。

待っていてくださった方々20人ほどにご覧いただけました。

「月のクレーター、すげぇ」


その後ふたたび雲に隠れた後は、星の話を聞きたい子ども、

さらには大人の方々も。

「星、好き」

「星は好きです。天の川が見たい」


来てくださってありがとうございます。





b0008655_11150248.jpg

キャンプファイアーで椅子取りゲーム。




b0008655_11150912.jpg


過去、さまざまなキャンプイベントに参加させていただきました。

でも、この「Venture Onward」は何かが少し違いました。


なんでしょう、主催者側に気負いが少ないというか。

同様、参加者も気負いがないというか。


たくさんのツールがサイトに展開されるも、

キャンプ道具を見せびらかすかのようなそういう空気もないし。

キャンプを過ごすそのためのものととして、ただシンプルにそこへ「落とし込まれている」感じです。



ただし、ここへ参加するにはある程度のキャンプスタイルのドレスコードが必要です。

もちろんそんなことは謳われてはいませんが。

誰でも参加できるようにはなっています。

けれど、そのドレスコードをかぎ分けられてこそ楽しめるイベントじゃないかと思うのです。



広義のキャンプは多様化しつつ、実はすでにセグメンテーション化が進んでいます。

「香り」が一様ではないのですね、今は。

その香りにどう合わせていくか、以前は気にもしないことではありましたが、今は違うんですね。


ただし・・・キャンプを楽しむプレイヤーの「インサイト=心持ち」はどこにおいてもいずれの時も何も変わりません。

表面上の楽しみ方は今後もどんどん多様化し、そして変わっていくでしょうが、このインサイト変わらぬ限り決して不自由ではないはず。

ちょっと「合わせていく」テクニックは必要とはなりますが。








トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/28730314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2018-10-22 07:00 | ソトあそび・アウトドアレポート | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM