SAMの全国食べある記

【ネコネコでマオマオ】チャイナキッチン 猫猫 maomao @ 高槻 oishii


b0008655_23431545.jpg


オモシロいお店に出会いましたよ。

猫猫

チャイナキッチン マオマオ


ネコネコ” という店名には反応せざるを得ません(笑)




b0008655_23433934.jpg



阪急 高槻市駅を降りて・・



b0008655_23435504.jpg


駅前の城北通りへ。



b0008655_23452023.jpg


商店街。


b0008655_23453404.jpg


これはこれで魅力的なお店っぽいなぁ。




b0008655_23454958.jpg



そのまま突き抜けて大通りに面したら右側。

目印はこの薬局。






b0008655_23460872.jpg


その2階。



b0008655_23462134.jpg



b0008655_23464893.jpg



b0008655_23470001.jpg


へー。こんな階段なのかぁ。



b0008655_23472296.jpg


第1ニャンコ発見!



b0008655_23473475.jpg


すぐに第2ニャンコ発見!



b0008655_23463109.jpg


今日いただくのはもう入り口で決めていました。

それは「マオマオセット」¥1000 

これがこのお店のエッセンスが楽しめるようです。



b0008655_23490649.jpg


それがこれ。

まさにワンプレートランチ。

それにしても洗練された彩り。



b0008655_23512173.jpg


男性のボリュームでは少し少ないくらいですかね。



b0008655_23493968.jpg



b0008655_23491973.jpg


メインの、若鶏とたっぷり野菜の黒酢ソース炒め



b0008655_23495999.jpg



b0008655_23501306.jpg



b0008655_23504871.jpg


蒸し鶏のっけご飯のミニ。



b0008655_23511047.jpg



b0008655_23520019.jpg



b0008655_23525560.jpg


では、いただきます!



b0008655_23521264.jpg


男性の作る豪快な中華とはまた違う、洗練された家庭料理。

しっかりとした味付けなれど、どれも優しい味

一品一品美味しいです。



店内は名前のとおりネコさん関連はあることはありますが、さりげなくくらい。

ニャンコだらけを期待してはいけません。




b0008655_23531322.jpg


わずか20分の滞在ですが、ちょっと不思議な空間にいたような空気感


ごちそうさまでした。


b0008655_23532262.jpg



b0008655_23533547.jpg


こういう風情に弱いんだよなぁ。



b0008655_23535327.jpg


こういうのにも。



b0008655_23540771.jpg


高槻は大阪や京都のベッドタウンなんでしょうけど、

どうだろう、東京で言えば板橋とか大山あたりみたいな感じなのかも。



b0008655_23542300.jpg



b0008655_23543466.jpg


商店街にいるだけでなんだか心躍ります。



b0008655_23544429.jpg



b0008655_23545800.jpg


「洋品店」「洋装店」なんて言い方はもう死語だよなぁ。



b0008655_23551369.jpg


前から気になるこのお店。


いつか正体を知りたい(笑)



猫猫 maomao
ジャンル:中華料理
アクセス:阪急京都本線高槻市駅出入口7 徒歩3分
住所:〒569-0071 大阪府高槻市城北町1-4-20 城北数士ビル2F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 高槻×中華料理







トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/28722488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2018-10-20 07:00 | SAMの全国食べある記 | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM