全国らーめんの記録

【米子散策】牛骨ラーメン新旧2店(来香、むさし)と「笑い通り」の風情


b0008655_11245533.jpg

鳥取のラーメンといえば「牛骨ラーメン

米子にある二つのタイプが異なる牛骨ラーメンを食べ比べてみました。


b0008655_09403983.jpg

まずは「来香


b0008655_09404450.jpg

すぐ隣が役所で、周辺何にもなし。

米子駅からはゆっくり歩いて10分ですかね。






b0008655_09410158.jpg


b0008655_09411921.jpg


b0008655_09412881.jpg


ここは迷わず牛骨ラーメンなんですが、ターゲットは「牛骨塩らーめん



b0008655_09413907.jpg


b0008655_09414817.jpg


b0008655_09423170.jpg


まず、何よりも先に印象深いのはスープの香り

牛骨の独特の甘いあの香り。

臭みはないです。



この甘い香り、どこかで味わったことがあると思いだしてみたら・・

そうだ! 関西の「かすうどん」!



b0008655_09433700.jpg


この黄金のスープは実によくできていますね。

洗練されています。

ビーフコンソメ的な味わい


普通のラーメンスープを求める人には別物ではあるけれど、これはこれでユニークなスープです。

ちょっとクセになってしまうかも。



b0008655_09440886.jpg

いい麺です。

このスープに合っています。



b0008655_09441414.jpg

チャーシューはトロトロ系。



b0008655_09441710.jpg

添えてあるメンマは上品な味わい。

ただそんなには特色はないかな。


むしろもやしが牛骨ラーメンのベストマッチ食材かも。



b0008655_09442120.jpg


すっかり飲み干せ平らげることが出来る、極めて質の高いラーメンです。

爆発的な美味しさとかではなくとも、”ちょうどいい”美味しさ

しっかり研究されたラーメン、そんな感じです。


ラーメン 来香
ジャンル:ラーメン
アクセス:JR境線富士見町(鳥取県)駅 徒歩11分
住所:〒683-0822 鳥取県米子市中町14-9(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 米子×ラーメン


b0008655_09443912.jpg

周辺品のいい建物があり、ラーメン屋さんがありそうな場所じゃないけど・・・



b0008655_09444372.jpg

来香はそこにポツンとあります(笑)



b0008655_09453897.jpg

おや、地域猫さん。



さて「来香」から少し歩いていくとなんとも言えない情緒ある街並みに。




b0008655_09460311.jpg


b0008655_09455893.jpg


b0008655_09461116.jpg


b0008655_09461478.jpg

コンビニって(笑)



b0008655_09462248.jpg


そんな一角に「むさしラーメン


牛骨ラーメンの老舗の一軒。




b0008655_09462789.jpg

なんとも不思議な造り。


b0008655_09463203.jpg


いちおう駐車場もあるのですね。



b0008655_09464190.jpg


お店に入る前にすでに「牛骨」の独特の甘い匂いがもうこの時点で立ち込めています。



b0008655_09472064.jpg


中華そば屋的ではなく、老舗の「ラーメン屋さん」という店内。



b0008655_09470192.jpg


b0008655_09465707.jpg


b0008655_09465109.jpg


お店にはやや高齢のご主人おひとり。


不愛想というほどではないけど、愛想があるわけでもなく”いかにも”です。

何の問題もなしですが。



b0008655_09473417.jpg



ラーメン


店内も牛骨に匂いでいっぱいですが、運ばれてくればさらに充満。


この香りがダメな人にはちょっと難しいかな・・・


b0008655_09473813.jpg

関東の人間には当たり前すぎて気が付かなかったけれど、

来香もこちらも薬味は白ネギですね。



b0008655_09475229.jpg

湯気が一切立っていないのは脂に閉じ込められているから。



b0008655_09480519.jpg


肩ロースのチャーシューかな。


トランプのような独特の盛り付け



b0008655_09482058.jpg


あまい牛骨の香りから引き上げる麺。


絡まるねっとりとした牛骨の脂。


洗練された来香のスープとは真逆で、本当の原型はこうだろうということを思い知らされるパンチ。



b0008655_09482908.jpg


ちょっと残してしまいました。


まずスープを残すということがあり得ない私ですが、今回はギブアップ。


それはスープというよりあのねっとりした甘い脂がもう受け付けなかった、ということです。


決して美味しくはないとかではないのですが、食べなれていないというが原因かもです。


残してごめんなさい。


むさしラーメン
ジャンル:ラーメン
アクセス:JR境線富士見町(鳥取県)駅 徒歩14分
住所:〒683-0822 鳥取県米子市中町84(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 米子×ラーメン



b0008655_09522703.jpg


こちらでは当たり前な合体店。



b0008655_09484479.jpg


むさしからすぐ先にはまたまた急に城下町の旧家の風情が。


b0008655_09485361.jpg


海も近いので水運で栄えたのかもしれません。



b0008655_09490666.jpg


b0008655_09491011.jpg


b0008655_09491536.jpg


b0008655_09493494.jpg


これは歩きがいのあるいい感じの街並みです。

旧所名跡とかではなくとも、ナチュラルな風情があて非常にいい場所です。


b0008655_09492183.jpg

「笑い通り」


b0008655_09492482.jpg


b0008655_09494019.jpg

文化財となった旧家もありました。



b0008655_09494689.jpg


b0008655_09494972.jpg

大正モダンのような建造物も。


b0008655_09495492.jpg


え?え?


これは??


b0008655_09495964.jpg

「厨」


すごいステキな和ダイニングじゃないですか。



b0008655_09500333.jpg

厨 KURIYA
厨 KURIYA
ジャンル:居酒屋
アクセス:JR米子駅 車5分
住所:〒683-0814 鳥取県米子市尾高町1(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 米子×居酒屋



b0008655_09501137.jpg


ここもいい感じのお店ですねー。



で、この先が以前紹介したネコ天国の街です。










トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/28635186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2018-09-11 07:00 | 全国らーめんの記録 | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM