ソトあそび・アウトドアレポート

【レポート】PICA fujiyama ① ~新感覚アウトドアリゾート <コテージ編>


b0008655_22313812.jpg


PICAの最新施設、PICA fujiyama へ行ってみました。


なにしろ宿泊のバラエティが豊富なので、今回の①ではまずコテージ系を紹介します。


次の②ではキャンプサイト系、と2回に分けてレポートしますね。



PICA fujiyamaの場所は富士五湖道路から富士スバルラインに乗ってだいたい10分ちょっと。

途中のメロディポイントはいつも笑えます(笑)








b0008655_21240003.jpg


行ってみた、とは言いましたが、

実際はオープン直前の竣工式の日です。

なのでまだお客さんが入っていない状況でのレポートなのでそこはあしからずご了承ください。


こちらはエントランスを抜けて最初に受付などをするセンターハウスのパーキング。




b0008655_21231926.jpg


この先にすでに富士山がドーン。






b0008655_21232946.jpg



b0008655_21274537.jpg

こちらがレセプション



b0008655_21283630.jpg




b0008655_21243910.jpg

完全にリゾートモード。

いやがおうのも気持ちが昂ります。



b0008655_22335168.jpg






b0008655_21252594.jpg


ロビーの反対にあるのがレストラン

この時は立食パーティのための配置なので、実際はテーブルが並びます。




b0008655_21254627.jpg


実は、そうハッキリと謳っていないのですがこの PICA fujiyama のテーマの背景には「火」「炎」があります。


このロビーの大きな暖炉もその象徴。





b0008655_21263325.jpg



b0008655_21264933.jpg

陽光がきもちいい。




b0008655_21261425.jpg


b0008655_21295968.jpg


PICA さんがいつもすごいのは施設の売店の充実度

アウトドアに必要不可欠なオプション品はもちろん、必ずその場所の楽しいオリジナル品が揃っていますね。


このPICA fujiyama であったらやっぱり「富士山」ということになるでしょう。




b0008655_21302497.jpg

b0008655_21304401.jpg


b0008655_21310001.jpg


さりげないけどこれも富士山。



b0008655_21311515.jpg

b0008655_21312074.jpg

こういった民芸品も用意。


これらは当然インバウンドの方への意識の一つです。


インバウンド需要とかそんなだけではなく、PICAさんが使命感にしているのは、

日本の自然の美しさ素晴らしさ、そして快適にそれを過ごすことが出来るそのノウハウを、日本に来る旅行者の方に余すことなく紹介していく、というインターナショナルな考えをベースに持っています。


そのためにレセプションの方々もすでに英語教育をされています。


アウトドア施設で外国語対応。これを率先しているのがPICAグループです。





b0008655_21312545.jpg


b0008655_21315793.jpg


b0008655_21321008.jpg


b0008655_21321509.jpg


b0008655_21322464.jpg


b0008655_21322921.jpg

飲み物にも「フジヤマ」が豊富。

ふじさん、ではなく、ふじやま。



b0008655_21324249.jpg


b0008655_21325116.jpg


b0008655_21361217.jpg

さて、センターハウスを出て、場内を半時計回りに回っていきましょう。

この方向が実際の順路になります。




b0008655_21361868.jpg


まず一段低い森のエリアにあるのがPICAさんの代名詞的な「トレーラーコテージ





b0008655_21362360.jpg


こちらは右手に見るセンターハウスのちょっとした体育館。




b0008655_21362807.jpg




b0008655_21364955.jpg

一段おりてトレーラーコテージを巡ってみましょう。


さすがというか、受け入れ数が多いですねー。


ぎゅうぎゅうにあるわけではないので、一つ一つはゆったりした敷地です。





b0008655_21365529.jpg

b0008655_21370206.jpg


b0008655_21371070.jpg


カラーは違えどもタイプは同一です。





b0008655_21374151.jpg



b0008655_21375355.jpg


こちらは少し上に見るコテージ群。




b0008655_21375703.jpg


このテラスで食事ができるプライベートグリルプラン

ウェーバーのグリル付きですね。


野菜盛り合わせ 5種・信玄どり 100g・殻付きホタテ 1個・大麦牛 150g・骨付きソーセージ 1本・ミニフランスパン が夕食になっているとのこと。



室内の様子はこのレポート(②)の最後にあります。






b0008655_21380636.jpg


では、スタンダードコテージへ行ってみましょう。




b0008655_22194673.jpg




b0008655_22195265.jpg



b0008655_22203593.jpg




b0008655_22204207.jpg


ガラス越しで見えにくくてすみません。


一度中に入りましたが吹き抜けが大きく開放的。


「こういう家に棲みたい!」が実現します。






b0008655_22204914.jpg



b0008655_22205345.jpg


b0008655_22350521.jpg


駐車スペースは安心の広さ。




b0008655_22344336.jpg




b0008655_21392197.jpg


なんとキッチンカーもスタンバイ。



b0008655_21392690.jpg


またまた周回道路に戻り、右回りへ進みましょう。




b0008655_21394629.jpg


ラグジュアリーコテージ



b0008655_21395251.jpg


これはもうコテージとかではなく、新築物件(笑)




b0008655_22361375.jpg


b0008655_21395815.jpg

b0008655_21400607.jpg


スタンダードコテージよりさらにゆったり感のあるウッドデッキ。


そしてファイアグリル。


バルコニーが2階にもあり、

このあたりはスタンダードの違い。



b0008655_21401491.jpg



b0008655_21401847.jpg


中もいたってラグジュアリー。




b0008655_21402278.jpg


対面カウンターもあるキッチン。


欧米か!!(笑)




b0008655_22355502.jpg



b0008655_21403265.jpg


左手にはまだまだ続くスタンダードコテージ。


b0008655_21404389.jpg



b0008655_21404899.jpg



b0008655_21405330.jpg




b0008655_21410652.jpg



b0008655_21411271.jpg



b0008655_21412374.jpg


右廻りをあがっていくと、テントサイト。




この続きはレポートの②で!














トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/28539502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2018-08-06 00:13 | ソトあそび・アウトドアレポート | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM