旅・たび・TRIP

【高校の甘酸っぱい想い出】三岐鉄道北勢線ナローゲージの旅


b0008655_14321126.jpg


鉄オタではなくとも、日本のローカル線に乗るのは実に楽しい!


先のGW中、三重県いなべ市へ行く機会があり、

その時に乗車することが出来たのが、

日本に3つしかないナローゲージ鉄道三岐鉄道北勢線

線路幅762mm。



<北勢線のナローゲージについて>



b0008655_14250290.jpg


140系


乗車駅の出発は「西桑名」駅。


JR桑名駅から歩いて5分。





b0008655_14282998.jpg


これは確かに狭い。

縦横対比と形から、まるで食パンみたいですね。




b0008655_14253353.jpg


お互いの足が触れ合いそう。





b0008655_14264048.jpg




b0008655_14265248.jpg


大阪の「ゆび詰め注意」は知っていたけど、


ゆびにちゅうい」て(笑)




b0008655_14272003.jpg



b0008655_14270887.jpg



b0008655_14292014.jpg


なんとものどかな。




b0008655_14295355.jpg

b0008655_14301611.jpg

b0008655_14303627.jpg


b0008655_14305421.jpg


ほんと、のどかです。




b0008655_14310676.jpg




b0008655_14340680.jpg


終点の「阿下喜」駅。




b0008655_14321126.jpg



b0008655_14325965.jpg


右手に見えるのは「転車台」




b0008655_14332889.jpg


カード、スマホ乗車が当たり前の今、

切符だけでも旅情を感じます。





b0008655_14333406.jpg



b0008655_14342452.jpg


昭和初期に活躍した「220系モニ226形電車」がありました。





b0008655_14350862.jpg


2日後の帰りは200系で。




b0008655_14361407.jpg


男子高校生「早く乗りなよ」

女子高生「待ってよ、もう」



この風景を見た時、ついつい高校生の時の電車デートというのを思い出してしまいました。


それは、同級生の女の子と1日だけのデートのこと。


その子は珍しい鉄道好き(鉄オタではなく、ただ乗れればいいだけ)で、まだ乗ったことのない江ノ電に乗ってみたかったらしく、

「ねぇねぇ、日曜日ヒマ?いっしょに江ノ電乗ってくれない?」

「なんでオレに頼むんだよ。彼氏でもないのに。いやだよ」

「いいじゃない。ボディーガード。お礼はお弁当。」


ずっと仲が良かったし、変な男女間の気持ちはなかったので、

ま、面倒くさいけど、1日くらいいいかとお付き合い。


途中、七里ガ浜で彼女が作ってきたお弁当を広げ、部活のこととか、友達のこととか、先生のこととかいろいろ話しているとき・・・

彼女の横顔をふとみたら・・・なんだかすごくかわいい。

どうして今までそう思わなかったのか。

ひらひらっとした白いスカートがまたいつもと全然違う印象で・・



「いかんいかん」と心の中に言い聞かせ、そして

「じゃ、続き、乗りに行こうか」と。



そして、

「早く乗りなよ」

「待ってよ、もう」

なんか途中駅でこんなやり取りをした気がするのです。


あの時の江ノ電とその駅の風景はしっかり焼き付いています。


もちろん彼女とはその後何もなかったし、卒業まで毎日バカ話をしてずっと仲良しでした。


実はその子と、いわゆる同窓パーティーで十数年後に再会。

もうママになっていました。すっかり大人っぽくなってビックリするほどの美人に。


あの時のことをちゃかしながら、

あれ、覚えてる?ほんとめんどくさかったよ

と話すと、


ああ、そうだったよね。あはは、ごめんね。

でもあのとき、手でも握ってくれるのかと思ったけど、

ぜんぜん勇気ないんだから(笑)

と言われて少々呆然。


なんだか急に甘酸っぱい思いに駆られました。





b0008655_14352579.jpg


電車にかかわる想い出。

ほとんどの人が持っているでしょう。


想い出ボックス。




b0008655_14364847.jpg

b0008655_14365281.jpg



b0008655_14372363.jpg

b0008655_14373856.jpg



b0008655_14374353.jpg


途中民家のそばをすり抜ける様はまるで江ノ電。




b0008655_14384955.jpg


いいもんですね。

ローカル線の旅。






トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/28335688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2018-05-28 07:00 | 旅・たび・TRIP | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM