MyFaivoliteMUSIC♪

【まさかのGibson倒産】ギブソンギター名器の使い手たち


b0008655_08574989.jpg

驚きました。

あのギブソンが倒産


ただ経営の傾きはうわさがされていたところで、一方の雄フェンダーでさえ現在赤字経営ですから、

ギターを取り巻く全体が、様々な状況変化の中大きく斜陽になっているということかもしれません。






そういう暗い話題は横に置いて・・

ギブソンといえばこのモデルとこのミュージシャン、というイメージをちょっと。

b0008655_08580232.jpg
レスポール

フェンダー・ストラトキャスターとともに世の中のエレキギターのイメージを二分する名品中の名品。

どんなジャンルの音楽にも登場するのはこの二つだけじゃないでしょうかね。


これ、若い人にはイメージがないかもしれませんけれど、レスポールではなく正確には「レス・ポール モデル」です。


レス・ポールさん、めっちゃくちゃ渋いアーティストで、同じギターをジミーペイジとかがロックでガンガン音を出しているその姿からは信じられないくらいの真逆のノンディストーションサウンド。

じつにまたカッコイイ。





ひゃー!キャラバン、かっこいい!渋い。

テクニックとかだけでは語れないこの味わい。

たまりませんねー。



b0008655_08581210.jpg
ES-335

これまた様々な音楽シーンに登場するセミアコ。

中でも誰が何と言ってもその頂点にいるのがミスター335・ラリー・カールトン

Room335」はその名曲中の名曲。

このシグニチャーモデルには「Mr.335」という銘鈑が入っていますね。


独特の、豊かで太めのびやかな音は、ギターサウンドの一つのハイライト。





何度でも聴いていたいです。

大好きです。

ギターインストゥルメンタルの良さの全てがここに詰まっているかのよう。



b0008655_08581597.jpg
ハミングバード

アコースティックの大名品。

私の青春時代はフォークソング活動とともにあったので、マーティンD-45とともに憧れの存在でした。

当然ホンモノは買えるわけもなく、マーティンの代わりにYAMAHAを、ハミングバードの代わりにモーリスをアルバイトのお金をすべてつぎ込んで手に入れたのでもそれはそれで最高の思い出のひとつです。

石橋楽器で何度か弾かしてもらったとき、その一発目の「ジャラ~ン」の音量、音圧、シャリっとした金属音にめちゃくちゃビックリしました。

どこかにボリュームのつまみでもあるのか(笑)と思ったくらいです。

アルペジオも美しいですけど、ヘビーゲージを張ったストロークは他を圧倒していました。

それを見せてくれたのはアリスの谷村新司




これは晩年ですけど、アリスのコンサートには何度も行きましたし、

実は・・・アリスのコンサートのバックコーラスをしたことがあります(笑)

武道館コンサートで全国の軽音楽部の部長50名を呼び出し?バックコーラスにするという無謀な試みがありました。

それに参加させてもらい、リハ中の谷村新司のギタープレイをずっと見て、ハミングバードの音に聞き惚れたのを思い出します。




b0008655_08581813.jpg
スーパー400

フルアコースティック。

キングオブジャズギター

フルアコではこれより一回り小さいL-5があまりにも有名で、ウェス・モンゴメリーの代名詞。





正座して聴きたいくらい。

神様とはこういう人を言うのでしょう。



で、スーパー400といえばこの人です!




灘康次

コミックバンド「灘康次とモダンカンカン」というボーイズのリーダー。

いやー、これほどこのギブソンスーパー400を世の中に露出させた人はいません。

身体が小さいのでこのギターのデカさがいっそう目立って存在感がすごいですね。


ちゃんと聴いてみるとわかるように、素晴らしい音を出しています。

テクニックも味わいも素晴らしく、あまりにさりげなく弾いているのがニクいくらい。




この名曲「地球の上に朝が来る」はモダンカンカンオリジナルではなく、師匠である川田晴久から引き継いだもの。





つまり、スーパー400を使うのもその伝統というわけですね。



なんか最後は変な方向にいってしまいました(笑)





トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/28293779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2018-05-05 07:00 | MyFaivoliteMUSIC♪ | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM