全国らーめんの記録

【店名不肖・謎の店】鶏スペシャル@平和島



b0008655_19130822.jpg


店名がないラーメン店


お店のどこにも店名がありません。



場所は平和島駅から5分


2階に掲げてある「(家庭料理)一番星」はどうも関係ないようです。


そして1階の店舗はこんなにごちゃごちゃしていながら、

店名の看板らしきものが一切ありません。





b0008655_19103236.jpg


とはいうものの、ラーメン店と悟られないように看板を出さない一条がんこ系とはちがって、

だれがどう見てもラーメン店であることは全面アピール

そこが一番不思議。





b0008655_19151507.jpg


とりそば」オシなことは分かりました。





b0008655_19140149.jpg


「ヒョイヒヒヨイヒひょい」


いったい、どのような意味が・・(笑)



シムソバ??

これまたどういう意味??




b0008655_19134314.jpg


b0008655_19164566.jpg


メニュー構成はなんとか理解したものの、


何しろ表示がランダムすぎて迷う迷う(笑)





b0008655_19155273.jpg


店主お一人で切り盛り。


変わり者的雰囲気ではなく、むしろ普通に丁寧で親切。






b0008655_19155716.jpg


カウンター数席、テーブル数席、


小さいお店です。


たぶん居酒屋の居ぬきだからでしょうね。




b0008655_19160225.jpg



b0008655_19160577.jpg

b0008655_19160831.jpg


店内のあちこちのメニューが不統一(笑)


まとめると、


①鶏そば系統(標準)

②シムソバ系統(変わりダネ)

③鶏牡蠣野菜系統(季節もの)






b0008655_19100223.jpg


長らく迷っていたら、


「もしお迷いなら”鶏スペシャル”がいいですよ」


と笑顔で言われたので、それに従いました。








b0008655_19161562.jpg


鶏そばというとどうしても白湯のイメージが強すぎるせいか、

しょうゆ系の色合いにちょっと「へー」


やはり神奈川に近いからか「家系」のその色に似ています。




b0008655_19162025.jpg


味付け玉子、鶏雲吞、鶏シャーシュー、


薬味の刻み玉ねぎ、豆苗、削り節




b0008655_19162493.jpg


鶏雲吞は雲吞というより水餃子といったほうがいいでしょうね、

いきなりピリ辛がくるのでちょっと面食らいます。


煮玉子もよくできて・・・


お、そうか!鶏スープに煮玉子、いわずもがなの親子ラーメンか。





b0008655_21370553.jpg


これはなかなかいいスープじゃないですか!



鶏独特の粘りがありつつもベースのしょう油ともうまくバランスが取れていてくどいわけではないし。


よくある鶏系スープのイメージとは少し違ってオリジナリティを十分に感じます。





b0008655_19163039.jpg


鶏チャーシューって、よく考えると変な言葉ですが、

煮豚ならぬ、煮鶏ですね。


味も含んでいい感じだとは思うのですけれど、

結果的にラーメンにかかっている削り節とこの鶏チャーシューがかち合っちゃうのがちょっと・・





b0008655_19163396.jpg


麺の選び方もいいし、スープもいいし、

この店はいわゆる「隠れた・・」なのかもしれません。






b0008655_19164891.jpg


店名は後に知ったのですが、


「〇平」「マルヘイ」「マルヒラ」いろんなうわさが飛び交っています。


当初から店名は決まっておらず、この噂の店名もまったくあてになりません。


しかもメニューも一定しておらず、店主はものすごい気まぐれな人なのでしょう。

これをいい加減だと思う人は思うでしょうが・・・


・・・私はなんとなく理解できる気がします。


本当にいい加減であればこんなバランスのとれたラーメンは作れないと思いますし。

店名はなくともちゃんとした仕事をしています。



たいていは店名に気持ちを込めてシンボルにします。

逆に言えばそれに縛られてしまいます。


この店主はそれがイヤなのかも。





b0008655_19165233.jpg

b0008655_19165885.jpg

b0008655_19170209.jpg



京浜地区はどこも下町の風情を残していて、ほんのちょっといるだけで旅気分が味わえます。


本気で途中下車をしたことがないので、少しゆっくり回ってみたいものです。






トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/28157588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2018-04-17 07:00 | 全国らーめんの記録 | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM