デジタル*life

【OMAKER M6】2台でステレオが組めるガジェットスピーカー


b0008655_03072348.jpg


なんで同じものが二つあるかというと・・・

2台のスピーカーをステレオにするためです。

それを可能にしてくれるのが、OMAKER M6


これに備わっているTWS(True Wireless Stereo)機能がBluetoothでステレオに振り分けてくれるということなのですが・・

果たして実際どうなのか?






b0008655_02570405.jpg



2個同時に購入。

実勢価格で2個でも5千円程度。

これはありがたい。





b0008655_02570803.jpg



OMAKERはAnkerほどではないにしろ、梱包はいつもいい感じです。


こういっては何ですが、えらく安っぽいものを買ったという気にはなりません。


ウェルカムカード、説明書(日本語あり)、TWSの手順書。





b0008655_02571188.jpg

b0008655_02571323.jpg


付属品は、お決まりのケーブル2種類、カラビナ、ストラップ。


カラビナとストラップ、両方あるというのが珍しい。






b0008655_02571771.jpg



このサイズ、実はほぼiPhoneと一緒。

厚みがあるからそう思えないですけどね。


こう見るとエッジなどの細かい処理が粗いのが解ります。これが残念。

噂によればM6には旧型、新型があり、現在発売されているブラックは新型で、外観クオリティが比較して悪くなっているという話があるそうです。

もちろん比較といっても今は売られていないものを言ってもしょうがないので、それはいったん忘れて現行品のみの話として続けます。





b0008655_02581812.jpg


背面。





b0008655_02582256.jpg



上面のボタン類。

ソフトとは言えないけど硬くもない。




b0008655_02582487.jpg



IPX5ということでキャンプには安心ですかね。

まだこの時点では外使用や風呂使用はしていないのであくまでもスペックです。





b0008655_02582719.jpg



b0008655_02582967.jpg


b0008655_03014578.jpg



用途が違うとはいえ、一般的にはカラビナがいいのでしょうが、

このM6に限っていえばストラップの方もなかなかいい感じになるような気がします。




b0008655_03044375.jpg


さてまずは1台のみでiPhoneとペアリングしてみます。





b0008655_03044624.jpg

特に問題なく一発ペアリング。

OMAKER、2、4、5、6並んでるし(笑)



まずは1台で(この後)1日以上聴いてみました。


正直期待はしていなかったところ・・・悪くないですね、これは。

そもそも重低音などはガンガン出ませんけれど決してスカスカではなく、この価格帯のガジェット系では低音のパンチはある方でしょう。

クリア感もあって、臨場感もある程度感じられます。

ただ、さすがにそれ以上ではないです。

ダイナミックレンジが広いとは言えず、中音域がすごく豊かではないのでボーカルにどうしても厚みが出ないですね。

このあたりを3千円もしないスピーカーに求めるのは正直コクな話ですが。


こう考えると Anker Sound core シリーズは、ガジェット系にあって音、質感とも一歩抜きんできますね。






b0008655_03014795.jpg



ではもう1個とペアリングしてみましょう。

※旧型と新型はペアリングできないということで、追加購入の方はお気を付けください。





b0008655_03015027.jpg




b0008655_03015393.jpg



2台ともオンにして、どちらかから点滅しているペアリングボタンを押すだけ。





b0008655_03041097.jpg


ブルーのライトがどちらも点灯。

これでTWSとしてのペアリング成功となります。




b0008655_03065299.jpg



スマホ側のBluetoothが接続すると2台のM6が表示されたとして、もしも両方とも「接続済み」になっていたら実はステレオのペアリング失敗となります。

このように2台は表示されていつつ、片方だけが「接続済み」で成功。



b0008655_03065481.jpg


おお、ステレオになっています。

当たり前ですけど(笑)


シングルで聴いているときよりかははるかに臨場感が出ます。ダイナミックレンジも増します。

やはりM6は2台になって本領発揮です。


離して聞いても位相はしっかりしているようで、

ある曲で試したところ左右のツインギターはしっかり分かれてボーカルはちゃんとセンターに来ていました。

当たり前ですけど(笑)




b0008655_15372971.jpg


総合的にみて買いかそうでないかといえば、2台揃えるなら「買い」だと思います。

1台であればこの価格帯のガジェットスピーカーは山ほどあって、

M6がライバルから圧倒的に抜きんでているものがとくにあればといえばそうでもないです。




しかし、アウトドアスピーカーでBluetoothを通じて「ステレオ」となると、あとはJBLくらい。値段は4倍。

だったら「M6」の2台買いはかなりアリです!




////////// ペアリング直後の大音量について ////////////


どうもM6はデバイスとペアリングして接続した瞬間、

どういうわけかある一定の音量設定に自動的に戻ってしまいます

それがどちらかといえば大きな音量で、いきなりの大音量で鳴り始めることでちょっと驚いてしまいます。

個体ごとの不具合なのかと思いましたが、購入した2点のどちらもそうなのでおそらく製品全体としての問題点なのかもしれません。

これを回避する方法はただ一つ。

ペアリングしたのちいきなり曲を鳴らさず、

まずM6のボリュームボタンのマイナスキーを3回、4回程度押しボリューム設定を下げます。

その後に曲をプレイさせます。

そうすればほぼ無音か、または小音量で始めることが出来ます。


ペアリング中は設定が戻ってしまうことはないので、他の曲への移行やリピートをさせても問題ありません。

なぜペアリング直後だけ設定を引き継げないのかの理由は分かりません。

一度 OMAKER に聞いてみましょう。






-----------------------------------------------

自由部門に応募します













第2回プラチナブロガーコンテスト



トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/27930551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2018-01-18 07:00 | デジタル*life | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM
カレンダー