全国らーめんの記録

【往く店来る店】神保町さぶちゃん閉店 ~そして、伊峡の半チャンラーメン


b0008655_19004152.jpg


とうとう、この日が来てしまった。。。




神田 さぶちゃん 2017年11月 閉店


51年の歴史に幕。


いまや国民的な使われ方をしている「半ちゃんらーめん」という言葉の生みの親、

いや正確にはそれを世に広めた店。



遅れること1か月の年の瀬に、この張り紙を見ることとなり一抹の寂しさを覚えています。


↓ 以前に書いたこの店のこと ↓

b0008655_19030399.jpg


兄弟店キッチングランと隣り合わせ。





b0008655_19031615.jpg



店の中には、その後も来てくれた人を迎い入れるようにのれんが。。。


もちろん私もこの閉店を知らなかったので、この日もまだやっている、もしかしたら今回が最後になるかもしれない、そんな思いで訪ねました。


ただ、この張り紙をよく見ると、

「さぶちゃんの店が閉店」と書いてあり、「さぶちゃん」が閉店とは書いてありません。

単なる表現の違いであるかもしれませんが、そこに何かの「行間」があるような気がしてなりません。

さぶちゃんの店はなくなるが、さぶちゃんが残していったものはなくなることはない、そんなメッセージではないか、私はそう受け取りました。


b0008655_19053885.jpg


ちょっとした落胆を埋めるには、目の前にある「いもや」がふさわしいとは思ったのですが、

やはり気持ちは「半ちゃん」に心揺れていたので、


ここは気持ちを切り替えて「あの店」に行くことに。


↓ 以前に書いた「いもや」のこと ↓




b0008655_19055339.jpg


「あの店」というのは「伊峡


より神保町に近い裏通りにあります。


この店は、さぶちゃん同様に学生時代から馴染みです。もうだから30年か・・・

以前には目の前にも「伊峡」があり、なぜ二つの店があったのかはすっと謎でしたね。

全く同じ味でもなく、好みで言うと閉店した伊峡の方が好きだったかな。





b0008655_19062728.jpg


b0008655_19064704.jpg


伊峡では表記が「半チャンラーメン」とカタカナ。

もともとここでは「ラーメンと半チャーハン」と言っていたはず。

いちいち否定するのも面倒だったのでしょうね。

さぶちゃんはここで修業したとも言われるので、実は「半ちゃん」はすでにここで生まれていたのかも。



それにしてもこの安さ。いや、本来ラーメンもチャーハンもこの値段を出せるもの。


現在世の中がいかにラーメンインフレであることが分かります。




b0008655_19070021.jpg


さぶちゃんなき後、この雰囲気をいつまで保てるのか。




b0008655_19071699.jpg


こんな水がゆっくり出る給水機はなかなかないですよ(笑)




b0008655_19070945.jpg



b0008655_19075742.jpg


ワンタン麺

今日はラーメンではなくこちらにしました。




b0008655_19082764.jpg


さりげない左右バランスの妙。




b0008655_19084095.jpg


雲呑は雲のように浮いていなければ。


スープはさぶちゃんのようにしょうがが効いてはいないけれど、充分に味わいがあります。

刺激に慣れた方々には、ただただ物足りないと感じるでしょうけれど。




b0008655_19084800.jpg


この縮れ具合と細さ、変わっていません。

いや、もしかしたら変わっているかもしれませんが。




b0008655_19085339.jpg


半ちゃんラーメンの良さというのは、絶妙なる1.5というところでしょうね。

麺と飯のコントラストの一方、タレ、チャーシュー、ネギなど、もっと言えば卵と麺など、しらぬうちに「韻」が踏まれているからこその安定ペアなのだと思います。




b0008655_19085804.jpg



b0008655_19090416.jpg



この店もいつか無くなってしまう日が来るのだろうか・・・





b0008655_19091154.jpg


すぐ近くには「アカシヤ」という古書店。


思い出すのは、この近辺に「アカシヤ」というサッポロラーメンの店があったこと。

東京のサッポロラーメン教室みたいな店でした。


同名なのは偶然なのだろうか?



b0008655_19092174.jpg


12月にできた新店。

鶏と蟹のスープだそうです。

神保町周辺のラーメン店の出入りは、多分日本有数でしょうね。

消えては出来、消えては出来。



b0008655_17194651.jpg


カレーの名店も一つ消えていました。

ハングリー味川

店舗は「カレーは飲み物。」が引き継いでいます。





2018年、今日で終わりです。


そして平成最後の年を迎えます。


平成が終わりを迎え、昭和はさらなる昔になってしまいます。


さぶちゃん、味川、一代限りの店が店主の年齢と共に閉店。

昭和の名店はこの先急激にそうなっていきそうです。


以前の東京オリンピック前年に生まれた私。

2回目の東京オリンピックはもうすぐ。


あと2年の間に我が昭和の記憶を巡ってみたい気がします。


人生折り返すとなぜが整理を始めます。

希望がないとか、先がないとかではなく、振り返りつつ整理をすることが居心地がいいのですね。

若い頃「懐メロ」ってなんだよ、って全く他人事でいましたが、今はその言葉が身にしみるように理解でています。

まだまだやること、やりたいことはありますが、これからは止める、そして仕舞う勇気も持たなきゃいけないのかな。



なんて、ちょっと思いにふける年の瀬。


本年もたくさんのアクセスありがとうございました。

来年もまたお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。










トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/27915074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 大王 at 2018-02-27 22:17 x
さぶちゃん誠に残念です。
もうだいぶ前から、この店に学生が並ばなくなって、
そしてここ数年は、味も明確に落ちていたと思います。
それでも私を含め、昔を懐かしむかのように通っていたお客さんはいましたからね

ところで、
ラーメンデフレでなく、ラーメンインフレですね?
Commented by sammag at 2018-03-20 13:04
> 大王さん
大変失礼いたしました。インフレですね。訂正いたしました。ご指摘ありがとうございます。
by sammag | 2017-12-31 07:00 | 全国らーめんの記録 | Trackback | Comments(2)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM