デジタル*life

【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2

【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14290746.jpg



いくつ増えるかわからない(笑)、ガジェット系Bluetoothスピーカーがまたまた増殖。


今回はツインの「TaoTronics TT-SK09」 とシングル「SoundPEATS P2


では TaoTronics TT-SK09 からいきましょう。


TaoTronics は以前に TT-SK05 を紹介しています。





【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14300666.jpg


ガジェット系はパッケージの良さも比較対象として重要。

あっさりしていますけどやはりバタくさくていいですね。





【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14304536.jpg


箱を開けた時も重要。

このときのセンスがいいか悪いか。

味気ない「取扱説明書」が単に置いてあるだけでなく、箱を開けた証明として「Hello」とまず出てくるのが実にいいですね。




【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14312567.jpg



【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14321793.jpg


想像していたよりコンパクト。

シンプルかつ無駄がなく、それでいてエレクトロニクス感がないわけでもなく、イイ感じの工学デザインですね。

しかし、ちょっとどこかで見たような?




【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14331153.jpg

だいたいの大きさはアイスクリームのモナカより一回り小さいくらい。

そして実に軽い。

無理すれば服のポケットにも入りますね。

この軽さは大変貴重です。長時間バッテリーを積んで軽いというはモバイルスピーカーにとって重要な要素。

これだけだって買う価値ありといえましょう。



【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14341736.jpg

ボタン類が実によく、他のガジェットスピーカーは一体成型で押しにくかったり感触がわからなかったりするのが常ですが、このモデルはクリック感がはっきりしているのが好感触。

多数比較すると初めて分かる重要なポイントです。




【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14350264.jpg


【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14361018.jpg

Bluetoothは一発接続。

ガジェット系ですぐにつながらないのは出会ったことないですけどね(笑)


で、肝心の音です。

まず接続の瞬間わかりましたけど、このスピーカーのユニットはAnker sound core(A3102011)と多分同一じゃないでしょうか。

多分・・間違いないです。

電源ON-OFF、接続音などが全く一緒です。

今や乱立するガジェット系メーカーはまず中国製ということからも、それぞれが独自の専用ユニットを開発しているとは思えません。一番お金のかかる基盤は必ず共通のもの=いわゆるアリモノが使われているはず。

それをどうアレンジするかは、ひとつは基盤のチューニング、ひとつは筐体の設計、この二つで特徴を作り出すのでしょう。


そこでもしかしたら同一ユニットであろうsound coreと聞き比べながら特徴をつかんでみました。


実際聞いてみれば一目瞭然、音質の傾向はやはり一緒。

つまり基本的にHi-Fiで豊か、5千円以下、実質3千円以下のスーパーリーズナブルスピーカーでは再上質の部類といえましょう。極端な安っぽさがありません。

ただしチューニングはsound coreとは大いに違います。

sound coreは中音域の厚みに振り、TT-SK09は高音域の明快さを打ち出しています。悪く言えばシャリ味が強い。

低音域はどちらもワット数がないのでそもそも期待してもしょうがないものです。敢えて言うならsound coreの方が厚みがあります。

好みはあるとは思いますが、やはりチューニングがうまくいっているのはsound coreのがうまくいっていて、バランスがとれているためか頭一つ上質感があります。臨場感も一歩上。

ただ以前にも書いた通りsound coreは直進性の指向性が強く、正面とそれ以外にかなりの音質の差があり、それがある意味ポータブルとしては欠点。

その点TT-SK09はそれが少なく、どこでも置ける、そして軽い、外に持ち出す、家の中を簡単に移動するというポータブルの本来のあり方で一歩リードです。


同じことを何度も書きますが、「この価格で」というのが前提です。

オーディオセット、または数万円のポータブルスピーカーとの比較は成り立ちません。

どちらにしても3千円~4千円ではトップエンドでしょうから、amazonでこの2機が上位トップ2であるのはよくわかります。

ちなみにTT-SK09はIPX4級の防水、さらには耐衝撃も備わっているのはsound coreとの違い。





【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_17280719.jpg

ウチの軽自動車(R2)のフロントに試しに置いてみました。

シリコンなので全然滑らないですね。

とはいえ走りながらはこの状態で固定をしていないので止まっての試聴です。

うん、なかなかいいですね。これは使えるな。。。


【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_17281281.jpg

ただ・・トランスミッターとの競合が激しくて(笑)






【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14363963.jpg

さてさて、ものが変わって「SoundPEATS P2

見た目ですぐわかる防水型スピーカー。


こちらは通常2千円なかば、タイムセールで2千円を切っていたのでサラッと購入。

これもおそらく他のガジェットメーカーと共通ユニットのはず(どれと一緒かはわかりませんが)。




【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14370788.jpg

帯を取った内側パッケージはやはりクラフト系のシンプルなもの。





【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14374376.jpg
めちゃめちゃ簡素。



【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14375982.jpg

付属品もお決まりのもの。




【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14384412.jpg

ストラップはすでに一体型。




【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14382030.jpg

デザインはかなりゴツめで独特。

スポーツ色とアウトドア色をごちゃまぜにした蛍光カラーリングと凸凹サーフェス。

私的には好みではない感じではありますが・・


ちょっと外観的に似ているOmaker M4よりも全然重いので少しびっくり。







【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14391139.jpg

多分系統的にはAUKEY SK-M13あたりと一緒かもしれません。

380g・・それにしてもちょっとこの重量は重すぎるような・・

M4はその半分ですから。

重い理由はおそらくスピーカーユニット自体もしくはバッテリーが重いからなのでしょう。

5Wのありがたみはあって音圧は感じます。

スピーカーが重いことはコイルが大きいなど本来いいことではあるものの、倍の重量の優位性がM4に比べてあるかといえばそこまでは・・

音質はちょっとカチカチしていて雑な感じ。いわゆるドンシャリ系なので今風ではあります。








【レビュー】 Bluetooth スピーカー ~TaoTronics TT-SK09 & SoundPEATS P2_b0008655_14395566.jpg

これはお風呂使用時も変わらずで、風呂場のエコーでもう少し丸くなるかと思いきやそうならなくて残念。

IPはIP65。ということは防塵防滴ですね。シャワー程度は気にならないっていうこと。

Bluetoothがやたら切れ気味なのは私の個体だけのことかな?


総合的に見て同タイプのM4より優れている点があまり感じられなかったですね。IP65という点くらいでしょうか。






現在9台め・・・しかしあといくつガジェットスピーカーをコレクションするのかな?(笑)










トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/26243118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2016-10-07 07:00 | デジタル*life | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM