☆キャンプ

◆キャンプ帰りの穴場!北杜市オオムラサキセンター

b0008655_07463864.jpg
過日、山梨県北杜市長坂市にあ「オオムラサキセンター」に訪問させていただきました。

北杜市といえばキャンプのメッカであるわけで、私自身も何度も訪れながらもこの施設の存在を知らなかったのは迂闊でした。







b0008655_07463942.jpg
建物がユニークで、なんと屋根は国蝶オオムラサキそのもの。

b0008655_07463996.jpg

館内、園内は北杜市や八ヶ岳の豊かな自然とのインターフェイスをなす、展示と里山体験ができる場所です。


b0008655_07463945.jpg


b0008655_07464054.jpg

b0008655_07484554.jpeg
オオムラサキセンターの名前通り、標本はすごいです。



b0008655_07491759.jpeg
もちろん甲虫も。



b0008655_07494865.jpeg

ふれあいコーナー?もあります。


b0008655_07501798.jpeg
クワッ!



b0008655_07464074.jpg
こちらには実物のオオムラサキが生息。


b0008655_07464104.jpg

いました!幼虫。

全然わかりませんでした。


b0008655_07464116.jpg

教えてもらわなければ全く判別できないサナギ。

見事な擬態。


b0008655_07504677.jpeg

ヨチヨチ歩きの生まれたてモンキチョウ。

かわいい。


b0008655_07464174.jpg

オオムラサキセンターは博物館的なだけではなく、里山保全、里山再生の一般浸透もその大きな役目。

場内にはかなり広い里山散策ができるようにもなっています。


b0008655_07464240.jpg

水生生物がたくさんいるビオトープ。

b0008655_09104484.jpeg


b0008655_07513014.jpeg

なんと!トゲアリの巣が!

トゲアリは絶滅危惧種2類なんだそうです。


b0008655_07521594.jpeg

で、それらを採集し顕微鏡で観察してみました。

それはもうトゲアリのプロポーションと鎧の姿のカッコよさはないですね!

まるで中世の騎士。

アオミドロの螺旋模様も芸術的。

※生物は必ず戻します。



b0008655_07523884.jpeg
まだ実際にオオムラサキにはキャンプ中に会ったことはないんですが、確かに思い出せばどこよりもタテハやシジミは宝庫でした。

クワガタなんて、もうカンベンしてくれくらいに(笑)いましたからねー。

キャンプはレジャーではありますが、同時に自然との素晴らしい出逢いの場所です。

帰り際の振り返りをこういう場所でしてみると、きっとキャンプの価値も倍加するでしょう。

南アルプス、北杜市、白州のキャンプのルートにぜひ混ぜてみたら、とオススメいたします!

トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/25940897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2016-06-23 07:00 | ☆キャンプ | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM