東京百景

◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場

◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22275110.jpg

これは合成写真ではない。しかし、どう考えても手前と背景が違い過ぎる。

場所は虎ノ門。日本の心臓部、霞が関から5分。






◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22275256.jpg


名代 虎ノ門大坂屋砂場。

自分的には「虎ノ門砂場」のがしっくりくる。

今はだいぶ無くなってしまったが、街の蕎麦屋で、藪に次いで「砂場」は多かった気がする。

◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22275228.jpg


生蕎麦の上に「御膳」がある。

◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22275206.jpg


蕎麦屋の風情たっぷりだ。

◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22275316.jpg


ごぜんそばを頼む。

いうまでもなく蕎麦の芯だけでつくられた更科とほぼ同一。

◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22275323.jpg


先に運ばれる御猪口だけで時間を楽しめる。

◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22275397.jpg



◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22275312.jpg


まさに白雪。

◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22275427.jpg


どっぷり漬けるようなことは絶対にしない。

芯の甘みが活きたいい味だ。


実は虎ノ門砂場を若い頃は好きではなかった。

あの当時、何故か洗練された味には感じず、店構えも冴えないなくらいにしか思わなかった。

いや、本当にそうだったかは怪しく、そういうようにしか見えない青さだったのか。


◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22275455.jpg


そば湯。

◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22300917.jpeg
そば茶。

たったこれだけなのに、フルコースで得られる満足感。

最近の食べ物屋にはこれがない。


◆タイムスリップした東京の風景 〜虎ノ門砂場_b0008655_22324062.jpeg
砂場に行くのは、大人の嗜み。

大人になれた喜び。


トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/25188062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2015-12-18 07:00 | 東京百景 | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・JACインストラクター/講師・温泉ソムリエ・星のソムリエ® ・exite公式プラチナブロガー SAMの人生キャンプブログ


by SAM