PostedViaMobilephone

◆取材の旅先から⑨ 〜房総キャンプ編モバイルレポート

b0008655_748877.jpg
今回で、約2ヶ月にまたがった通算5回9日間、2300kmに及んだ関東のキャンプ場際訪問取材旅も完結。

以下iPhone写真の簡易レポートですので、改めてホームページにてまとめなおします!


トリを迎える今回は「勝浦チロリン村オートキャンプ場」から。

この場所で、初めての家族テント泊をさせてもらった、キャンプ原点のひとつです。

房総一の歴史を持ち、尚且つ全国でもみても個人としてのオートキャンプ場開祖である、重要なキャンプ場なんです。






b0008655_7481125.jpg
今でも記憶に残るこの杉林。とても印象的。

b0008655_7481584.jpg
この鯉のいる池も。日本の”いなか”の原風景。

b0008655_7481874.jpg
初めてキャンプをさせていただいたのはこのBサイト。

当時よりサイトの区割りが拡充されより使いやすくなっていました。

b0008655_7482142.jpg
この奥のサイトにはちょっとしたヒミツがあり・・・

b0008655_7482387.jpg
この奥の原生林にホタルがあらわれるという!

しかもその期間が長く、場合によっては8月まで見れるそうです。

b0008655_7482680.jpg
あら、こんにちは(笑)

ネコ好きってわかってくれたのかな?

b0008655_7482818.jpg

b0008655_7483074.jpg
トレーラーをキャンプ場に備えたのも草分け的存在。

b0008655_7483329.jpg
勉強不足で知らなかった、後にオープンされた林間サイト。

b0008655_7483658.jpg
ここはまたいいですねー!

房総の田んぼを活かした明るいサイトに、この涼しく美しい雑木林のサイトができ、さらに四季の風景を楽しめそう。

b0008655_7483970.jpg

b0008655_7484133.jpg
新緑が眩しい!

b0008655_7484619.jpg
そして、この温泉「ZAPPU」。

房総勝浦なんでヨードかと思いきや、貴重な重炭酸泉。

たくさんいろいろなことを教えていただきありがとうございました。



b0008655_7484712.jpg
2代目美人女性オーナーから教えてもらった勝浦タンタン麺の隠れた名店「あざみ」。

b0008655_7484975.jpg
チャーシューたんたん。

これは・・・・うまい!!

食事のあとは、外房縦断で一路千倉へ。

b0008655_748516.jpg
訪れたのはキャンプ場取材旅の終着、「オレンジ村オートキャンプ場」。

最後だからやっぱりちゃんとキャンプしちゃいます!

友達誘って、この地を活かしたライトなグルメキャンプで楽しみます。

b0008655_748538.jpg
サイトからは千倉の家並みと海が一望。

b0008655_7485650.jpg
オレンジ村は「千倉オレンジセンター」の中にある施設。

なんと2500本の果樹があり、四季ずっと果樹に囲まれ、収穫体験も出来ますよ!

今はレモンがたわわ。

b0008655_748589.jpg
オートキャンプサイトはその南面の段々を中心に、広場や、隠れ場(笑)が点在。

b0008655_749113.jpg

b0008655_749280.jpg
おとうさんに今が美味しい果樹(レモン、甘夏、きよみ、文旦)を頂戴し、これを料理に、ドリンクに、お酒に!

b0008655_749493.jpg
まずは手作りピザから。

手前で私が作っているのは、コートレット・アラ・ミラネーゼ(風)。

b0008655_749521.jpg
レモンを、3種類のチーズと生クリームのビアンコで活かします。もちろん最後にはレモンの皮を降りかけて。

b0008655_749715.jpg
ピッツァ・ディ・リモーネ・アラ・チクラ =千倉の新鮮レモンピザ・

やばい・・・うますぎ。

オーナー&お孫さん(新管理人さん)にもふるまわせていただきました。



b0008655_749862.jpg
夜は取材をかけてお話をたっぷり聴き、その合い間にレモンクリームソースパスタ・キャビア添えを。

リモーネ・ディ・ビアンコ・エ・ネロ・アラ・チクラ。 =千倉風レモンパスタ・モンゴルのフレッシュキャビア添え。

b0008655_749107.jpg
このモンゴルからのキャンビアは1瓶2万!!!!!!!!!!

b0008655_7491174.jpg
夜はゆっくり海の幸を焼きながら堪能。

b0008655_7491398.jpg
翌朝。

仕込んでおいた肉をコートレット中。

b0008655_7491593.jpg
コートレットにグレモナータ(レモン、イタリアンパセリ、ニンニクのみじん切り、イタリアの薬味)をかけて。

b0008655_749164.jpg
昨日の釣り組の釣果?(笑)、イワシ、サバ、ホウボウは素揚げでレモンを絞り、ディルを添えて。

b0008655_7491874.jpg
最後に即興料理。

豚肉に余ったグレモナータを混ぜ合わせたコートレットを作り、それにこのオレンジ村のチョー美味しい「きよみ」でオレンジソースを。

b0008655_7492174.jpg
コートレット・ア・ラ・グレモナータ =ミラノ風カツレツ・レモンの薬味を添えて。

スカロッピーネ・ディ・マイアーレ・サルサ・ディ・アランチャ =豚肉の香り揚げ・オレンジソースで。

フリット・ディ・ペシエ = 千倉の地魚の素揚げ・新鮮レモンをかけて。

うーーむ、なんと贅沢なキャンプの朝食。

b0008655_7492328.jpg
果樹の香りと、房総の情景・・・

b0008655_7492495.jpg
そして、五月の薫風。
b0008655_7492596.jpg
たまらない!!

b0008655_7492833.jpg
そうそう、奥の奥にはこんな林に囲まれた隠れ家サイトが!

b0008655_7493010.jpg
しかもレモンに囲まれいい香りが。。。

b0008655_7493160.jpg
最後に、カッサータを。

クリームチーズを使ったイタリアのデザート。

もちろんレモンの汁とレモンピールで香りを楽しみながら。

このオレンジ村に来ないと、ここのおじさんのレモン(果実)でないと、こんなことは楽しめませんよ!

b0008655_7493279.jpg
うまい~

おじさん、お世話になりました!

このオレンジ村に、この日に訪問した理由は、もうひとつあり、そのことはまたいずれ。。。

b0008655_7493484.jpg
房総ラーメン取材も続く!(笑)

千倉の「房州らーめん」。

b0008655_7493583.jpg
その名前の「房州らーめん」。伊勢海老だし、ハマグリをふんだんに乗せた美味しいラーメン。

b0008655_749374.jpg
千倉潮騒王国にて。

b0008655_7493879.jpg
最後に寄ったのは館山道入り口、道の駅とみうら「枇杷倶楽部」。

b0008655_7493994.jpg
プレミアムビワソフト。

なんだか期せずして房総の果実ツアーになりました。

ということで、上記は改めましてホームページ、そして書籍に反映していきます!!


今回までの取材の協力してくださいました各キャンプ場のみなさま、取材に協力してくださった同行者&キャンパーのみなさま、改めて深謝申し上げます!

by sammag | 2014-05-12 07:18 | PostedViaMobilephone

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM