SAMの雑話・雑感

【イタリア・コモ湖、マンマの良薬】insalata di rucola e pomodoro


b0008655_23245933.jpg


今回ふと思い立ち、キャンプでこんなものを作ってみました。「ルッコラとトマトのサラダ」=「insalata di rucola e pomodoroインサラータ・ディ・ルッコラ・エ・ポモドーロ)」。

考えてみたら、こんなに手軽で、しかもそう見た目も悪くないサラダならキャンプにもってこいです。

ところで、このサラダ、覚えたのは約20年前、イタリアのコモ湖でした。






b0008655_2326074.jpg


コモという街はイタリアの中でもきわめて美しい街で、文化人達の別荘地でもあり、シルクの一大産地でもあります。そんなわけで当時ネクタイの企画をしていた関係で年に何回かこの街を訪れ、織布の選別、あるいは柄作りなどをしていました。


そんなときのある1日。着いて2日目ぐらいに風邪で体調をくずしてしまい、あまり食欲がない時でした。夜の食事で現地の人(イタリア人の友人)にそれを言うと、どういうわけか厨房のほうに向かい帰って来てこちらに1回ウィンク。そして運ばれてきたのがこのinsalata di rucola e pomodoro.



b0008655_23261644.jpg


そこはなんと世にも珍しい(笑)一つ星★ホテルで、この写真に見えるドゥオモ(大聖堂)の近く、湖畔に程近い歴史がありそうなふるい建物。とはいうもののまさに家族経営のアットホームな宿屋さんで、1階のリストランテはその家族の大黒柱マンマが仕切っている「おふくろの味の店」。このマンマが、先の友人が厨房でから聞いて「それなれらこれね」とこのサラダを持ってきてくれたわけです。


これ、さっぱりしてて栄養があるからいっぱい食べれば風邪なんて治っちゃうわよ!


それまでルッコラなんて食べたことなく、一口頬張ったら不思議な不思議なゴマのような味。そしてそもそもトマトは医者要らずといわれる栄養価とともにサッパリしているから萎えていた食欲が一瞬で勢いを取り戻してしまいました。


しかし、サラダというと必ずある「酸味」=ビネガーの味がしない・・・聞いてみたら、


これは塩と(オリーブ)オイルだけ。それだけが一番美味しいの


なぜかいくら食べても止まらない状態になってしまい、終いには「マンマ、他になんか作って!」(笑)


次に運ばれてきたのはコモ湖に住む魚で作られたグリル。バスみたいな感じですけどそういう臭みはなく、ほぼスズキみたいな身厚の白身魚で、これまた重くなく、丸ごと食べてしまいました。


翌日の朝バールに入ったら「お、ジャポネ!風邪は治ったのか!?」と全く知らない人に言われ、次々と知らない人が心配してくれ、挙句には「おれがいい風邪薬を持ってきてあげるから、明日もここに来いよ。一発で治るから!」といわれてしまう始末。


狭い街だからなのかなんなのか、ちょっとしたことでも筒抜け。しかも全員オセッカイ(笑)。だからかもしれませんが、あのサラダの味は忘れないし、あのときの朝のオセッカイ=優しさが忘れることが出来ません。



b0008655_23265740.jpg


このサラダは、優しいマンマの味、イタリアのおふくろの味


おひたしや、煮物みたいに、飾らない「塩とオリーブオイル」のシンプルな味がやはりサイコー。







トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/20762858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2013-07-23 00:03 | SAMの雑話・雑感 | Trackback

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM