ガルヴィ連動コンテンツ

◆韓国キャンプ取材・ふたたび! 楽しく交流してきます(^^)

◆韓国キャンプ取材・ふたたび! 楽しく交流してきます(^^)_b0008655_22365783.jpg
今月12日から3日間ばかり韓国へ行ってまいります!!
ある韓国のアウトドアECモールからご招待いただきまして、そのキャンプ大会等の視察・交流になります。といっても全て自腹ですよ(笑)
※前回はガルヴィ誌の取材も兼ねていましたが、今回は単独で交流。

◆韓国キャンプ取材・ふたたび! 楽しく交流してきます(^^)_b0008655_2237324.jpg
実は2010年5月にも同様の目的で渡航しており、今回が2度目。韓国は数年前よりオートキャンプが国を挙げてのレジャー産業と位置づけられ、急速に浸透しています。そのひとつのお手本ともなっているのが日本。さらには日本のキャンプメーカー製品はものすごくステータスがあり、この写真にもある「*」マークのスノーピークや小川キャンパルは大人気ブランドとして親しまれています。こうやって日本のメーカーに敬意を払ってもらっているのがなんともうれしいではないですか。

◆韓国キャンプ取材・ふたたび! 楽しく交流してきます(^^)_b0008655_22373783.jpg
そして日本がここ20年かけて積んできた「オートキャンプ」というスタイルを参考にしてくれているわけですから、こんどはそれをどう韓国で消化され、そして昇華された内容を日本が参考にすることがどんどんできるはず。そういう意味でも、同じアジアの、モータリゼーションの発達をベースにしたレジャーだからきっと今後の日韓の文化交流のひとつとして発展性が高いと思っています。なにしろこの「オートキャンプ」スタイルって、実は世界では稀なカタチ。欧米のオートキャンプはモーターホームでのキャンプを意味していますので、乗用車に装備を積んで、現地でリビングまで作ってしまうのは極めて独特なんです。

◆韓国キャンプ取材・ふたたび! 楽しく交流してきます(^^)_b0008655_22372210.jpg
だから、アジア発で世界共通のレジャースタイルになったらすごいでしょうね!だからこそ韓国と一緒にスタイルを進化させたり、可能性を拡張することはすごく大切だと思います。

◆韓国キャンプ取材・ふたたび! 楽しく交流してきます(^^)_b0008655_22431481.jpg
険悪な外交問題が影を落とす現在の両国、せめて文化やレジャーで少しでも共通の理解を深めたいです。本当にちょっとのことしか出来ないかもしれませんが。

まずは難しいことなしに、純粋に韓国のオートキャンプに再び触れてきます!!

前回のキャンプ取材はこちらにあります>>
トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/19131179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2012-10-05 00:01 | ガルヴィ連動コンテンツ | Trackback

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・JACインストラクター/講師・温泉ソムリエ・星のソムリエ® ・exite公式プラチナブロガー SAMの人生キャンプブログ


by SAM