☆キャンプ

2004年度の総括

今年は厄年だった。自分自身の身辺で考えるとかなりへこむような事が多かったし、肉体的にもあまりいい年だったではなかったかもしれない。
ところがことキャンプ、そしてWEBの事となると「厄落とし」といってもいいくらい充実の年になれたのだから、小泉首相流にいえば「痛みわけ」といったところか。
前半で想い出深いのがBE-PALへの登場。これはまさに転がり込んできた話なので、なんら自分の努力でも何でないが(笑)、全国誌の特集にモデルファミリーとして登場するなんてそうそうめぐってくるものじゃない。100スキというムーブメントのちょっとしたお手伝いが出来たなら自身としては満足。
そのあと続けざまに転がり込んできたのがYahooでの日替わりサイト紹介、ディレクトリ登録、そして「Yahooインターネットガイド」への特集登場。これが実に大きかった。
ここに登場できて以来アクセス数は急増し、その後の夏場では日に常に2000アクセス以上が続くなど改めてその影響力に驚いた。
そしてもうひとつの大きな影響力に驚いたのがそれこそ降って湧いたTV出演。5分番組ではあったがとても納得いく内容に仕上がって、キャンプ、インターネットに関わったことから生まれた一生の思い出である。
BE-PAL、Yahoo、TVと今年の前半戦は束の間の芸能人?になったような気分で、キャンプ界のキムタクと自称したが誰一人賛同してくれなかったのは悔しい(爆)
夏以降そのような騒動はなかったが、実に多くの方に「キャンプ場で」巡り合うことになる出会いの半年だったと思う。
行った先行った先の隣のサイトにいらした方々が、キャンプ場で、もしくはその後(メールなどで)必ずといっていいほどお声をかけてくれたことに偶然の為したこととはいえ、ただただ驚くしかない。そしてもっとびっくりしたのはそのほとんどの方が我が家のダッチオーブンレシピのコピーを持っていらっしゃったことだった。
インターネットによる情報発信は常に不特定多数に向けたものとして受け入れられているのけれども、現実にそれを受け取った方にお互い予告もなく出会ってしまう経験、それも複数回数であると正直大変WEBサイト運営に責任を感じるようになってきた。
そういう意味でも今年の前半での露出とは対比的で、これらの経験はとてもいい戒めになったと思う。
一方キャンプそのものでは比較的グループキャンプが多かった年。それも毎回組み合わせが異なり、いろいろなスタイルに触れることが出来たと思う。ベテランと一緒の時もあれば、初めてのキャンプ経験家族と一緒だったり、そして各種イヴェント。いろいろな意味で改めてキャンプの楽しい側面を認識できたと思う。
結果当初の予定よりもキャンプの回数をこなすこととなり、来年であろうと思っていた100回目のキャンプが若干早く今年中に巡ってきたのが11月。
100回目のキャンプは家族だけで出かけたがとても想い出深いものになった。1/100だから特別なものではないのかなと思っていたら、やはり区切りというものはいつもとは違う重みを感じる。このキャンプが終点となったことで、2004年度がすっきりと締めくくれたと思う。
さて、2005年は我が家にとってどんな年になるだろう。新たな出発点に立って、もう一度キャンプを見つめなおしてみよう。行ってみたいキャンプ場はまだまだいくらでもある。しかしあせる必要は全く無い。そのためにも家族それぞれに負担がかからぬようハイペースにならぬよう、しっかりとした計画を立ててみたい。
・・・あ、毎年そんなことを思って今まで一度だって計画的になったことは無かったっけ。
そのときはそのときかな(笑)
トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/1574345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2004-12-30 21:12 | ☆キャンプ | Trackback | Comments(0)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM