ガルヴィ連動コンテンツ

◆韓国キャンプ旅番外編・韓国キャンプ界重鎮図鑑

この韓国キャンプ旅、とても多くの方と交流できました。メーカーの方、小売の方、イベントの主催の方、そしてたくさんのキャンパーさん7月号の記事にもたくさんの方が登場しています。そこでその主催者側の主な重鎮のみなさまを誌面では紹介しきれない部分を補完してご紹介したいと思います。誌面NGの(爆)エピソード付きで
◆韓国キャンプ旅番外編・韓国キャンプ界重鎮図鑑_b0008655_18243989.jpg






コーディネーター・リーさん
◆韓国キャンプ旅番外編・韓国キャンプ界重鎮図鑑_b0008655_18251557.jpg
なんといってもこのキャンプ旅のMVP。あらゆる難題を全てこなしてくれ、通訳、車の運転はもちろん、韓国の地理、生活様式、世代間の違い、食文化、南北問題の現状、そしてキャンプ事情の流れ、キャンプに関わるマーケット、さらには下ネタ(爆)など我々の生き字引として貢献してくれた。娘さんはアメリカに音楽留学中で、さらにはチンタオなどのビジネスなども手がけ、数カ国語の下ネタを使い分ける(爆)。非常に情報に正確性があり、我々の連発する中身のないギャグをことごとく「それは違う」とクールに切り替えされた(爆)。韓国のエグゼクティブで、まさしく紳士。昼間逃げる癖がある(爆)



オーキャンモール社長・パクさん
◆韓国キャンプ旅番外編・韓国キャンプ界重鎮図鑑_b0008655_18255839.jpg
このイベントのとき風邪を引かれてちょっと最初は辛そうだったが、マッコリがぶ飲みで1日にしてムックリ復活した(笑)。さすが韓国のキャンプ業界を引っ張るパワーあふれる重鎮韓国のオートキャンプブームはこのパクさんの存在なくしてありえないといっていいくらい。その原動力となっているのが今回取材したイベントで、この規模が頂点として年間100回はあるそうで、そうしたイベント仕掛けの基盤を作ったのがパクさん。韓国のキャンプをビジネスとして、産業として発展させていく情熱とパワーは見習ってしかるべきだと思う。見た目だけは我々同様アヤシイ(笑)



オーキャンモール副社長・キムさん
◆韓国キャンプ旅番外編・韓国キャンプ界重鎮図鑑_b0008655_18263447.jpg
一見して、青木功だとか、某新潟の金属メーカーの社長にも似てるとか(爆)の話題も出たが、背が高くスマートな紳士。元々はオキタさんの同業者(今現在もそう)で、その出版の知識からEコマース連動のフリーマガジン「auto camping」を発行した仕掛け人「auto camping」はとにかく洗練されていて、欧米風のレイアウトやハイグレードな写真をふんだんに使っており、明らかにキャンプをハイクラスなレジャーとしての定着を狙っている。それもそのはず、キムさんはある意味本業がモータージャーナリストで、キャンプ誌側の匂いよりも、今はなくなってしまった日本の「NAVI」みたいな方向からアプローチされている。我々の取材のあともすぐにF-1の取材に出かけるということであった。これは私見だが、某社社長となんとなく被っている(ヅラを被ってるとかではなく、キャラ・・爆)ようなオーラがあった。
※キムさんへの詳しいインタビューはガルヴィ8月号掲載予定。



オーキャンモールauto camping編集長・ホンさん
◆韓国キャンプ旅番外編・韓国キャンプ界重鎮図鑑_b0008655_18275475.jpg
聡明であり、美麗なるリーダーシップ抜群の女性編集長。どこかの、腰痛に悩み、部下から突き上げを食らっている編集長とはちょっと違う(爆)。キムさんがスタートさせたauto campingの思想を引き継ぎながら、ホンさんならではの女性視点のセンスを積み上げて、部数を着実に伸ばし、キャンプの情報を広めた功績は大きい。また、単なる編集長としてのデスクワークにとどまらず、この大きいイベントの切り盛りをほとんど秒刻みでホンさんがやっていた。余談だが、4月、原宿の近くで、某社のテントの中で1時間以上昼寝をしていた編集長を見たのは多分幻であろう(爆)。とにかくホンさんは小柄ながらもすごいパワー。キム・ヨナが強いのも頷ける(関係ないか・・・笑)。



キャンプ名人・ファンさん
◆韓国キャンプ旅番外編・韓国キャンプ界重鎮図鑑_b0008655_18285287.jpg
韓国の大多数のキャンパーから親しまれているイベント司会として欠かせない人気者。とにかくみんなに好かれる好青年で、いつも笑顔を絶やさない。ギャグのセンスも一流。我々のように下ネタ頼りのレベルとはぜんぜん違う(笑)。ガルヴィ誌面(レポート本文)でもたくさん出てくるピンクのTシャツの人がファンさん。どことなく体格がいいのも含め、田中ケンさん的な感じもする。ところがこのファンさんの本当の顔は「デザイナー(開発者)」。以前は某メーカーにいたが、今は独立して、どの国にもないユニークなオリジナルテントなどを開発している。サービス精神は豊かだが、反面繊細なハートの持ち主だと思う。そういえば某編集長の早朝のFM横浜現地中継のときに、ファンさんにもインタビューしようと緊張の面持ちでスタンバイさせたが、結局某編集長が一人で喋り捲り、時間がなくなってしまった(爆)。あのときのファンさんのさびしそうな顔が頭から離れない(笑)。
それはともかく、一度ファンさんが日本に来てくれて、一緒にキャンプ交流ができたらなんてすばらしいだろう、と我々一堂が心底そう思ったのは事実だ。


★★ガルヴィ連動・韓国キャンプ旅裏話の一覧はこちら★★
トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/13427128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いっち~ at 2010-06-09 07:08 x
ふむふむこれで登場人物の背景・・・滝解
大至急ホンさんで大特集組むよう某編集長に依頼してください・・・滝願
Commented by てっちゃん@会社 at 2010-06-09 08:40 x
ホンさんとだけお知り合いになりたいなぁ。
>我々のように下ネタ頼りのレベルとはぜんぜん違う(笑)。
耳が痛~い
Commented by わらわら at 2010-06-09 09:58 x
確かに青木プロに(笑)

これだけの前振りをいただければ明日の発売がさらにたのしみになりました。
Commented by TEN at 2010-06-09 12:18 x
やはりキャンプに国境無し!ですね。
みんないい顔です。
(写真がいのか?!)(爆)
下ネタも国境なし・・・・・
Commented by cozy at 2010-06-09 12:27 x
サッカーとかにも通じるパワフルさ、韓国の方の情熱を感じます。
日韓交流のキャンプが出来たらとても楽しいだろうなぁ。
Commented by at 2010-06-09 18:13 x
拝見しました!
こちらと一緒に見るとすごく分かりやすーい!

編集長、本当に力が入っていましたね。
ちょっとSAMサンの活躍が少ないような・・・・
Commented by バンカー at 2010-06-09 22:30 x
よ~し、ホンさんを誘って城南島でキャンプしよう!
っていう企画を考えてください・・・(爆)
Commented by ひらたけ at 2010-06-10 19:38 x
ホンさん企画乗った。
Commented by sammag at 2010-06-10 21:27
>いっち~
了解!!ではまずホン屋さんで滝買してください!!(爆)
Commented by sammag at 2010-06-10 21:27
>てっちゃん
了解!!ではまずホン屋さんで滝買してください!!②!!
Commented by sammag at 2010-06-10 21:27
>わらわらさん
でしょ(笑)
もう買われましたか~(^^)
Commented by sammag at 2010-06-10 21:28
>TENさん
みんな、共通してるものを確認し合えばコミュニケーションできますね!
下ネタは世界を救う!?(笑)
Commented by sammag at 2010-06-10 21:28
>cozyさん
そうですね!やっぱり東洋のラテンといわれるだけあります。
そういう交流、きっとあると思います!
Commented by sammag at 2010-06-10 21:28
>葵さん
一緒にご覧頂ありがとうございます!
私は写真ばっかり撮っていたので(笑)
Commented by sammag at 2010-06-10 21:28
>バンカーさん
ジャラ島でなく城南島!!・・・滝合!!
Commented by sammag at 2010-06-10 21:28
>ひらたけさん
では城南島で(笑)
by sammag | 2010-06-10 00:23 | ガルヴィ連動コンテンツ | Trackback | Comments(16)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・JACインストラクター/講師・温泉ソムリエ・星のソムリエ® ・exite公式プラチナブロガー SAMの人生キャンプブログ


by SAM