フイルムカメラ

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0314158.jpg「名機」と呼ばれるものは不思議なもので、そのときの名声とは別にこの時代にあまりあるほどあるとやや価値が落ちてしまったりします。このヤシカエレクトロも画期的な機能を備えたことでバカ売れ。今もごまんと見つかるのであまり有り難味がややないかも・・・。




◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0322563.jpg図体でかいですね(笑)。しかし私もこの大きさがキライじゃないです。というのは何もレンジファインダーだからって必ず小さくなくちゃいけないわけでもないし、このぐらいドンガラがでかいのもぶら下げてて悪くないです。目立つし(笑)
◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_033156.jpgトップのメタル感がいいですね!ヤシカの特徴的な縁のカーブもここに見れますね。エレクトロの由縁はICによるシャッタスピード制御。黄色は手ぶれ警告、赤は露出オーバー。
◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0335075.jpgレンズはYASHINON-DX 45mm F1.7。極めて明るいレンズで、このキャッチコピー「ろうそく1本の明かりでも写真が撮れる」はあまりにも有名。

さて、いつどこで初めての撮影をしようかなぁと思って購入から実写に至るまで7ヶ月(笑)。フィルムは入れたままで臨んだのは「大原オートキャンプインそとぼう」で行なわれたオガワキャンパル野外展示会。テントは無視し(爆)、雨の大原海岸とキャンプ場場内をスナップ。やはりでかいのでまるで一眼で撮っているような操作感でした。
◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_035656.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0351692.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0352519.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0353638.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0354783.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0361078.jpg

これ、明るいレンズで絞り開け気味だとかなりいい感じです。大口径単焦点らしいいい写りだと思いました。曇天下はソフトなかんじになるのですねー。
でもこの日、あまり多くは撮らずフィルムを残しました。
そして次に臨んだのがどピーカンの日のバラ園。大原とは条件も被写体も違う今回はどうなんでしょう。

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_036389.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0365176.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0371348.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0372612.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0373878.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0375197.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_038178.jpg

◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~大原ACそとぼう&バラ園_e0174382_0381053.jpg

これは驚きました。上がってきた写真を見て目を疑ったほどです。今までのどのフィルムカメラの性質とも違うすごいコントラスト。それも白と赤。特に真紅。元々彩度が強いこの色がここまでピーキーに出るとは・・。ICは働いていたし、インジケーターも注意していましたがかなりオーバーなのか?と思うほど不思議な不思議なこの写り。いいんじゃないですか、コレ。こういう意外性があってこそのクラシックカメラですよ!
・・・と勝手に盛り上がる(爆)
トラックバックURL : https://samcamp.exblog.jp/tb/11539729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マチダ at 2009-07-19 08:09 x
おはようございます。

かすかながらこのカメラの名前に記憶があり、もしかしたらカメラ好きの叔父が所有していたかもしれません。登場はてっきり一眼レフと思っておりましたがそうではなかった。
薔薇の写真の数々はデジタルのそれとは全然違いますね。便利さは及ばないけれどなくなって欲しくないです、昔のカメラ。
Commented by きよぴー at 2009-07-19 12:36 x
ただいま三景園です!
ただ昨年とは違う雨(T_T)
それもまた雰囲気あるのですけど。

最後の1枚は奥様とお嬢様ですか?バラに囲まれた日傘のお二人がすごく印象的で絵画に近いものを感じました。
デジイチとは違うこの写り、いいですね。
それだけ多くあるのならこのモデルを買ってみようかな、と考えています。

Commented by パピコ at 2009-07-19 21:18 x
なんともいえないレトロな味ですね。
電子マーク、確か筆箱にこのような文字が??
Commented by sammag at 2009-07-20 21:06
>マチダさん
昔のカメラ好きの方ならきっとお持ちだったのでしょう!今でも仕舞われていればいいのですが・・。
デジタルは一瞬の判断で修正を行ないますが、フィルムは修正なし。これが醍醐味ですね。
Commented by sammag at 2009-07-20 21:06
>きよぴーさん
おお、三景園!!
お天気はイマイチのようでしたね。。。
最後の写真に写ってるのはその通りです。たくさん人がいる日だったのにあのときだけは誰もいず不思議でした。
たくさんあるので見つかると思います!
Commented by sammag at 2009-07-20 21:06
>パピコさん
あ、確かにこんなマークの筆箱ありました!!
んーーmn、名前が思い出せない!!
by sammag | 2009-07-20 00:46 | フイルムカメラ | Trackback | Comments(6)

人生は旅。旅は人生。日々は扉の向こうとこちら側。キャンプ・食・星・日常を綴る、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ® SAMの人生キャンプブログ


by SAM