アウトドアエッセイ

【キャンプの良さ】それは自宅の布団で感じる


b0008655_07432966.jpg


キャンプから帰ってきた夜、必ず感じること。

「ああ、なんてウチの布団で寝るのは気持ちがいいんだろう」

です。

何百回キャンプしてもいつも同じ。


これは決してキャンプ場で寝心地が悪かったとか、あまり眠れなかった、という短絡的な意味ではありません。


キャンプをしに行って、自宅とは違う自然豊かな環境を味わい、そして家に戻る。


そうすると、不思議なほど「自宅の良さ」をリフレクションとして再度納得出来るからです。


その一番の実感が「布団」というわけです。


毎日普通に過ごしていれば、家の布団のありがたみをなかなか感じることはありません。



b0008655_08035641.jpg



私は、ずっと「キャンプは週末の、気軽な引っ越し」だとの想いをベースにしています。


宿に泊まる旅行とは少々異なり、キャンプは「一夜の自宅」感があります。


この一度自宅が変わった感が、自分の家を新鮮にしてくれます。



b0008655_08060701.jpg



寝ることは、想い出の整理の時間。


ソトアソビの楽しかった想い出をその日のうちの夢の中で整理をする。


その作業場が自宅の布団の中。


ドアのソトとナカ、これは私のブログのタイトルです。

ソトと自宅にいることの関係を鮮やかに分からせてくれるキャンプは、生活を潤わせる素晴らしいソトアソビ体験なのです。




トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/27595762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2017-11-06 07:42 | アウトドアエッセイ | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM