全国らーめんの記録

【残念な・・】上総一ノ宮「名糖食堂」の新しいラーメン


b0008655_17063439.jpg

ある日の房総。


ずいぶんと以前に来たことがある上総一ノ宮の「名糖食堂」。

それはそれは鄙びた風情漂う食堂でした

またラーメンが昭和タイプのもうなんともいえない味わい深いもので、すでに絶滅危惧種的な・・



そして・・

見ると改装して新しい店になっていました。


あの味をもう一度味わえるのかな。





チャーシューメンを注文。


作るのは息子さんと思われる若い方。


傍らにはやや引退気味の老夫婦。




b0008655_17043954.jpg

おや?


黒いどんぶり、バラチャーシュー。




記憶と全然ちがう。


そのことは一旦リセットしよう。




新しい出会いかもしれないから。




b0008655_17050925.jpg


細かく浮かぶ背脂、煮卵、もやし・・





b0008655_17053935.jpg


かんすい多めの黄色い麺。



全てがたしかに別物。


別物であるのはしょうがないとして・・・




このラーメンははっきり言ってダメなラーメンです。


まずスープが冷めている。熱くないラーメンなんて魅力があろうわけがない。



そしてすべてがまとまりがなくバラバラ



どこかで見たようなパーツ、パーツ。


世の中的おいしそうなラーメンパーツの寄せ集めとしか思えない。



でたらめにまずいとか、ていねいに作られていわけではないにしろ、

なにか「根っこ」がないのです。



以前ここでいただいたラーメンは、一つも格好よくない、

格好よくないのに、でも力強い「芯」を感じるものでした。



食の与える強烈な記憶ってこの「芯」あってこそじゃないでしょうか。




パーツもビジュアルも、その上に成り立っているもの。



なぜこんなにも別物にする必要があったのか、そう思うのです。


あんなにもいいものであったのに。


はっきり言えば、現状のラーメンなら、都市部のどこでも食べれるか、いやそのどれにも勝てないでしょう。

逆に言えばそんなもので、この上総一ノ宮という場所で勝負したってしょうがない。



1回、以前のラーメンを作ってみたらいいのではないですかね。

それの何が人の心をひきつけていたのか。

人々が何を求めていたのか。



食の「芯」は、独り相撲では創れないものなのですから。










トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/27318033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2017-11-23 07:00 | 全国らーめんの記録 | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM