全国らーめんの記録

【昭和世代のラーメン】らぁめん ほりうち


b0008655_22333843.jpg



またまた新宿の「ほりうち」へ行ってまいりました。

安定のざるは経験済みなので、本来の定番「らぁめん」を味わいたいと思います。



b0008655_22333908.jpg




b0008655_22333963.jpg



お昼時、行列はないものの店内は立ちんぼが7人。



b0008655_22334085.jpg



タオルハチマキ、Tシャツ、長靴、前掛け

それもいいけど、

白衣と帽子

これがカウンターにあると、なんだかラーメン食べてる気がする昭和世代。



b0008655_22334007.jpg



左右のアシンメトリーレイアウトに美学を感じます。

しかも、遠近法にもなっているし。



b0008655_22334115.jpg



支那竹の呼び方はもうしなくなりましたね。

少々筋張った薄味のこれは、メンマというより支那竹的味わい。

海苔とほうれん草の濃い緑が全体を〆ていますね。



b0008655_22334210.jpg



満来に比べたら迫力は劣るものの、丁寧な作りはこちらの方が上かもしれませんね。

けれど通常のチャーシューからしたら3倍の体積はあります。



b0008655_22334241.jpg



この平打ち麺はざるのときもらぁめんのときも変わらずにいいですねー。

小麦をしっかり噛み締めて、なおかつ喉越しもよろし。

茹で具合もピタリと決まってます。

スープに比して麺の量はかなり多め。



b0008655_22334374.jpg



さすがにちゃーしゅーめんやちゃーざるだと、食べるには時間がかかりますが、らぁめんは一気にいけますし、途中飽きることもないです。



b0008655_22334468.jpg



ほりうちに入店前、満来はこの5倍の行列でした。

若い方もチラホラ。

ほりうちにしろ、満来にしろ、確かに私のような昭和世代が数多くカウンター席に座っています。


華美、加飾、コンセプティブ、能書き系もわるくはないんですが、昭和世代のラーメンの拠り所は多分それではないでしょう。

ほりうちの楚である満来は、そもそも昭和では「新東京ラーメン」の位置付けでした。

それがまた長らく変わらぬゆえ、平成では時代ともにノスタルジー化して今に至ります。

平成の先の時代、現在隆盛しているラーメン専門店の何が残り、何がノスタルジー化して行くんでしょうね・・







トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/26897752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2017-07-28 07:00 | 全国らーめんの記録 | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も、まずは扉(Doors)を開けて!アウトドアライター・キャンプブロガーSAMのキャンプブログ


by SAM