☆キャンプ

【テーブルアクティビティの提案】雨の日キャンプは「珈琲焙煎」


b0008655_21095933.jpg


キャンプの雨の日に何をするか・・・


今までそんなにこのことに意識をしていませんでしたが、もうこれに決定!


雨の日こそ「珈琲焙煎



特になんの整合性もないんですけど(笑)、

雨の日は椅子に座ったままテーブル周りで完結する

テーブルアクティビティ」というのがいいんじゃないかと思うのですね。



b0008655_21122680.jpg


私が焙煎に使っているのはUNIFLAME UF COFEE SET


といってもバラで持ってるとセットに結果なったというだけ(笑)



もちろんなんでもいいし、ちょっとオールドなコーヒーセットも最近のオシャレキャンパーさんなら格好いいですよね。


私がUFのセットを使っている理由は、開発にちょっと携わったというのと(笑)、まとめると実にコンパクトになるのでクルマにいつでもしまっておけるのがありがたいです。




b0008655_21181975.jpg


雨って動けなくなるから、とにかく時間余りができます。


こういうときこそ時間をかけてすることをしてみるのがいいですね。


しかも座ったままで。



ということで時間は大幅にかかりますが生豆からが醍醐味。



b0008655_21131414.jpg



焚火や炭火でローストならよりいいとはいえ、

ま、テーブルトップということでお気に入りのシングルバーナーで思いついたときにササッと始めるなんていうのもいいんじゃないですか。





b0008655_21231922.jpg


条件にもよりますが、このくらいになるのに長ければ20分以上かかったりします。

でもまだこれでは煎りが浅い。


ただ・・これで挽いても悪くないですよ。

意外に美味しい。

チョー浅炒りスーパーアメリカンなんてお店ではいただけませんからね。



b0008655_21150776.jpg


でもやっぱりせっかくの自家焙煎となれば油が浮くこのくらいのフレンチがスタンダード。



豆が弾けてパチパチしてやや煙が出るくらいだとちょうどこのくらいになります。



b0008655_21155746.jpg


ガリガリしてる時のあの香り

これがなければアウトドアコーヒー焙煎の楽しみは半減!



実はそのためにこのミルには蓋がないのです。



b0008655_21164924.jpg

b0008655_21172610.jpg


挽きたてだからこそ膨らむこの姿。


コーヒーバネットなら横からもガスが抜けていいですね。



b0008655_21241137.jpg

b0008655_21195264.jpg


コーヒーが入るまでどうでしょう、40分から1時間近く。



店でこんなに待たされたら苦情ですけど(笑)、

雨の間にこの1時間のワークはなかなか優雅




b0008655_21203898.jpg


そして雨の景色を眺めながら出来上がったコーヒーを、少しだけチェアに深く座ってゆっくりいただく



なんていうか、雨キャンプの世界がちょっと変わる




b0008655_21205240.jpg

珈琲焙煎以外にも「テーブルアクティビティ」はきっとあるし、それをたくさん集めたらかえって雨の方が待ち遠しくなってしまったり(笑)



トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/26860989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2017-05-17 07:00 | ☆キャンプ | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も、まずは扉(Doors)を開けて!アウトドアライター・キャンプブロガーSAMのキャンプブログ


by SAM