ソトあそび・アウトドアレポート

【キャンプ場レポート】ウェストリバーオートキャンプ場


b0008655_14135278.jpg

新緑溢れるGWに「ウェストリバーオートキャンプ場」を訪問してきました。

今振り返ってみると、この時期のこの光景は本当に美しく「新緑」というのは心のリフレッシュとして得難いものだなぁと改めて実感しました。

写真が上手くないのでそれが伝わるかは心配ですが(笑)、いちおう画像の多くはそれをお伝えしようとしているものです・・・という言い訳を前置きしておきます(笑)

実際今回のキャンプにはもう一つの目的があり、それは「GW星空キャンプキャラバン

この後の2キャンプ場を含めて、せっかく廻らせていただくのなら少しでもそのキャンプ場さんのお役に立ちたいと思い、それぞれの場所で「星空観賞会」を開いて多くのキャンパーさんにさらにもう一つの思い出を作ってもらうことにしました。

もちろんキャンプ場さんとよく相談したうえ、しっかり企画を練ったものとしてです。

もうこれは私の新しいライフワークとして、機会を見つけ積極的にやっていこうと思います。


b0008655_14142668.jpg

GWは渋滞が問題ですが、これを避けるのはとにかく早く動くしかないですよね。

ということで早朝自宅出発、そしてある程度したらSAで朝食。

まぁ、このパターン以外はなかなか難しいものです。


ということで何とか中央道の渋滞を避けて初狩SA。

偶然新旧のOUTBACKが。

私のOUTBACKに比べるとやっぱり車格が一つ大きくなったかな?



b0008655_14143509.jpg

実は・・・

今回も娘と一緒です(笑)

そういう機会があれば娘であれ息子であれそのチャンスを生かさないと。





b0008655_14143966.jpg


b0008655_14152124.jpg

そして順調なドライブをして南アルプス市へ。

写真はありませんが、アルプスの光景を眺めながらのドライブは実にいいですね。

オートキャンプにおけるドライブというのはとても大切なプロローグ。

この時の満足感はその後のキャンプ本番にかなり影響があるものと思いますね。


ということでキャンプ場に近い場所でのお買い物。

ザ・ビッグ・白根店はインターを降りてすぐ、大きくていいですね。




b0008655_14150417.jpg

スーパーから10分ちょっと。

御勅使川を渡ればほぼキャンプ場までの道。


b0008655_14155597.jpg

この看板で左側に入り、少しだけダートを走れば入口です。

通常の車で困るような場所ではありません。



b0008655_15025508.jpg

まずは管理棟でご挨拶。この日はアーリーチェックインでお願いしました。

私たちだけでなく多くの方がそうしていて管理棟内はすでに満員。総出の受付でした。


このキャンプ場のオーナーさんは「河西」さんご一家。

お父さん、お母さん、そして息子さんたち、またお嫁さんでそれぞれの役割を分けながら運営されています。

なんといいますか、ご家族が一丸となって運営されていらっしゃるキャンプ場は実に強いと私は感じています。

企業体の中で「家族経営」が現代ニーズのなかでもっとも向いているはもしかしたら飲食店とキャンプ場経営じゃないかなぁとも思うのです。

ウェストリバーでのその中心が「浩司さん」

今回もお世話になるにあたりいろいろとお手配いただき、それがまたスムーズで本当にありがたかったです。



b0008655_14170458.jpg

各ワークショップに混ざりこんなポスターも作って下さり、入場の皆様に事前ご案内いただきました。

ありがとうございます。




b0008655_14184898.jpg

さて、今回はちょっとラクをさせていただきこちらでお世話になることに。

「キャンピングロッジ」

ここは以前お邪魔したときにすごく気になっていましたので。

なかなか他では見ない面白いロッジです。


b0008655_14310487.jpg
b0008655_14320281.jpg

こういう看板があるのもちょっとおもしろく・・

もしかしたら・・もしかしたらなんですが、このロッジ、英国の田舎などにある「釣り小屋=フィッシングロッジ」をモチーフにしてるんじゃないでしょうかね。

実際私はそういう場所に行くことが何度か恵まれていて、なんとなくオーバーラップを感じます。




b0008655_14321507.jpg

特にこの場所がそのイメージに似ています。

釣った魚を調理する場所なんかが実際にあり、こういう炉があったりしました。

もちろんそんな意識をせずともキャンプの機能として、部屋に直結したこの場所に焚き火ができる炉があるはすごく面白くまた助かります。



b0008655_14322755.jpg

b0008655_14323144.jpg

テーブル、チェア、はたまたクッキングスペースなんでも使えるフリーファンクション。




b0008655_14323774.jpg


室内は実にシンプルで、二段ベッドにダブルベッド。

これに完全集約されています。

通常のバンガローやログハウスの展開と全然違うのが面白いですねー。





b0008655_14324449.jpg



b0008655_12191788.jpg

キャンピングロッジの前、駐車スペースの横に小型芝サイトがあり、何も展開しなくてもここで椅子だけ出してピクニック気分でもいいし、ちょっと奮起を盛り上げるタープを展開してもいいし。

そしてもう一つの浩司さんたちの思いとして、ビギナーの方にキャンプ入門としてこのロッジを使っていただき、今後テント泊をしようと思うならこのスペースを使って初テントを一度試し張りをしてもらうなどにも使ってほしいということなのです。

これは素晴らしいアイデアです。

こういう思いに達するということが長年キャンパーを見てきたこのご一家の眼なのだと思います。



b0008655_14325254.jpg


b0008655_14343232.jpg

少し場内散歩をします。



b0008655_14344867.jpg

こんなに緑色が多彩な時期はないでしょうね。




b0008655_14345332.jpg

そう、このキャンプ場が際立っているのは、水量ある一級河川が場内を(二分して)通り抜けていること。

まずこのような特徴を持つキャンプ場はなく、唯一無二といっていいでしょう。



b0008655_14345662.jpg

南アルプスから流れる本物の清流。



b0008655_14351654.jpg

キャンプ場全体は傾斜地を上手に段々に整地し、サイトそのものは全てフラット。




b0008655_14353377.jpg

b0008655_14354356.jpg

いいなぁ。。。自分もこうして「初めてのキャンプ」を楽しんだことを思い出します。

ワクワクしたあの気持ち。

絶対に忘れたくないです。



b0008655_14355373.jpg

各サイトは多少のオプションスペックはあるものの大概は大型の芝地で、まずこの標準タイプで展開不可能ということはありません。

逆にこのくらいのサイトでどうやってレイアウトをしたらいいのかなというのを考えながら考えながら建てていくのも楽しいですよ。

キャンプサイトは個人の工夫で実現するファンクションにも美しさがあり、ただきらびやかな道具を並べればいいというものとも違うような気もします。


さらに大型を求める方用のサイトもあります。



b0008655_14355792.jpg

b0008655_14371070.jpg

b0008655_14373003.jpg

b0008655_14374678.jpg

b0008655_14380732.jpg

b0008655_14383230.jpg

b0008655_14385863.jpg


b0008655_14465618.jpg

b0008655_14470753.jpg

b0008655_14473855.jpg


b0008655_14484596.jpg

一足先に今晩の「星空観賞会」の舞台となる最も下段にある広場を見学。

空のどちらがどう空いているかでいろいろ違いますので。




b0008655_14482598.jpg

またこの時には八重桜が満開で・・


b0008655_14491077.jpg

b0008655_14495261.jpg

どうです、山桜と新緑の萌黄色のハーモニー。



b0008655_14501860.jpg

b0008655_14503113.jpg

b0008655_14503775.jpg

b0008655_14505988.jpg

b0008655_14512712.jpg


b0008655_14513295.jpg

b0008655_14513626.jpg

今日は雲が出たり入ったり。

夜の心配はないかな。




b0008655_14533115.jpg

b0008655_14532747.jpg

b0008655_14540073.jpg

この木漏れ日の下のキャンプ。

たまらないだろうなぁ。



b0008655_14552645.jpg

さてランチ。


b0008655_14554581.jpg

b0008655_14555434.jpg

今日はとにかく後をのんびりしたいので簡単な生フェトチーネにしました。



b0008655_14560835.jpg


b0008655_14563147.jpg

b0008655_14564268.jpg

これがキャンプ場としての前景です。

基本的オートサイトは川の南側にあり、北側は大きなコテージかあとは施設です。

高台にはドッグランサイトも。



b0008655_14570096.jpg

そしてなんといってもこのウェストリバーでの財産は「川」ですから、

釣りはメインコンテンツでもあります。


b0008655_14573194.jpg

それがレベルに合わせた提供をされていて、初心者、またはキャンプのついでに楽しみたいという餌釣りからフライ、ルアーまで目的別に楽しめます。

また浩司さんの弟さんはそのフィッシングアドバイザーであって、専門性が高く幅広く相談に乗ってくれます。



b0008655_14574097.jpg

たくさんの自主イベントもされているので、キャンプの遊びをこれから広げていこうという方にはとてもいいキャンプ場です。



b0008655_14574943.jpg

私のちょっと曖昧だった記憶と違っていたのは、意外に街部と近かったという事実。

何かを忘れてもまず現地調達できるので安心。


b0008655_14580065.jpg

そしてこの周辺はフルーツ天国。

モモやブドウなどこれも楽しみの一つですね。



b0008655_14581312.jpg

午後のひと時。

何もせず居眠りなど。。。





b0008655_14593706.jpg

この日、ある人たちと一緒にキャンプとなりました。

それは娘の(以前の)塾の先生。

今でも友達のような関係性があって、この日事実上のキャンプデビューとなりサイトの方にいらっしゃいます。

まさに今日揃えたキャンプ道具もあって、それならばと少しサポートさせてもらうことに。

まずはダッチオーブンのシーズニング。



b0008655_14582407.jpg

さて、ちょっとここで夕飯の仕込みを開始。

今回は以前から何度か試していた「リボリータ」です。


リボリータとは余りもの野菜とパンのごった煮。

イタリアのトスカーナ地方の家庭料理”マンマの味”です。



b0008655_14585259.jpg

b0008655_14591885.jpg

b0008655_14595807.jpg

その間に、先生たちにはちょっとコーヒー焙煎などを楽しんでもらいました。


b0008655_15000689.jpg

b0008655_15001909.jpg

b0008655_15003352.jpg

リボリータに欠かせないのが豆。



b0008655_15004169.jpg


b0008655_15004643.jpg

シーズニングはほぼ完成。



b0008655_15013345.jpg

リボリータ完成。

b0008655_15015083.jpg

少し早い夕食ですが、夜のイベント準備もあるので今のうちに。






b0008655_15023129.jpg

その前にお風呂を。

ここのお風呂は広くて施設としては温泉並み。

別途パウダールームもあるので女性も安心。



b0008655_15024597.jpg

b0008655_15034964.jpg

さて夜になり19時半から星空観賞会の本番です。

ここからは自分で撮れていないので画像がございません。

おかげさまで大変多くの皆様にご参加いただきました。

天候もよく、ほとんど雲もなく春の星座、木星もよく見えていました。

どこでも同じでは面白くないので、ちゃんと山梨由来の星の話もしっかり混ぜて。

21時までちょっと長丁場でしたが、広場の方で星空の生解説と天体望遠鏡や双眼鏡による鑑賞を充分楽しんでいただけたと思います。


なにしろ大きく空が開いているキャンプ場ですし、山方向はとても星の数も多く、普段のキャンプでも星空をとても楽しめまますよ。



b0008655_15070649.jpg
オマケ。

イベントが終わったあと、ちょっとしたご褒美として浩司さんが”ヒミツの場所”に案内してくださいました。

といってもキャンプ場からは10分くらいの場所。

「とても夜景のきれいな場所なんです」


確かに自然豊かな場所なのにこんなにも街並みの夜景がきれいなところがあるなんて・・・




b0008655_15094667.jpg

帰ってきてからはもうゆっくりと。

先生たちが作ったスモーク。

初めての作品はうれしいんですよねー。



b0008655_15103804.jpg

続いて私たちのロッジへ戻り焚き火。


b0008655_15104995.jpg

b0008655_15110136.jpg

b0008655_15112820.jpg


b0008655_17530579.jpg

ロッジ前で2時間撮っていた星の円周運動。


一つだけ流れ星がいたみたいです。




b0008655_15114819.jpg

そしておやすみなさい。。。。



b0008655_15213562.jpg


b0008655_15213982.jpg


b0008655_15214804.jpg
朝はさらに昨日の余りものを・・・


b0008655_15215478.jpg

みなホットサンドに。

トマトとほうれん草にチョリソー。


最近はこうやって余ったものはみな翌朝にはさんで食べるというようにしています。

これが一番食材が残らないし、またホットサンドとしても毎回予想も出来なう違うものになるのでこれまた面白いです。




b0008655_15215889.jpg

娘にコーヒーを淹れてもらい・・・なんかいいですね。


b0008655_15221791.jpg

b0008655_15223510.jpg
チョットデザート。

浩司さんから差し入れてもらった信玄プリン。



b0008655_15225158.jpg

b0008655_15230081.jpg

b0008655_15232306.jpg

b0008655_15233357.jpg

お天気最高ですね。

気温も最高に心地の良い20度くらい。

風も薫風。


b0008655_15235071.jpg


b0008655_15240155.jpg

b0008655_15241671.jpg

b0008655_15242038.jpg

b0008655_15243545.jpg

b0008655_15244151.jpg

b0008655_15250709.jpg

b0008655_15252251.jpg

b0008655_15451581.jpg


b0008655_15255481.jpg

b0008655_15260400.jpg

b0008655_15261364.jpg

b0008655_15261625.jpg

b0008655_15262422.jpg

炊事棟はバランスよく各所に配置されています。

お湯も出ますよ。


b0008655_15263812.jpg

b0008655_15265993.jpg
b0008655_15271508.jpg


b0008655_15272576.jpg

b0008655_15305808.jpg
こちらは先生たちのサイト。

初めてでもタープをぴんと張れてお見事。



b0008655_15311008.jpg

多くの方々が釣りを楽しまれています。

何しろサイトの目の前で出来るのですから。


b0008655_15313779.jpg

娘と先生は夏が待てない水遊び中(笑)

※水遊びエリアは最下段


b0008655_15315388.jpg


b0008655_15320732.jpg


b0008655_15322188.jpg

b0008655_15323307.jpg

b0008655_15330199.jpg

思い出すなー。

もう20年近くも前にここの遊具の近くでUNIFLAMEの初期ネイチャーミーティングが行われたんですよねー。

そこで知り合えた多くの人と今でもお付き合させていただいており、キャンプの財産です。



b0008655_15324948.jpg

b0008655_15331673.jpg

b0008655_15334299.jpg

b0008655_15335280.jpg

b0008655_15344325.jpg

b0008655_15345696.jpg

b0008655_15350611.jpg

b0008655_15352070.jpg

ほんと、この萌黄の美しさといったら・・



b0008655_15352999.jpg

b0008655_15354976.jpg

b0008655_15355987.jpg

b0008655_15362647.jpg


b0008655_15363531.jpg


b0008655_15364961.jpg
b0008655_15373093.jpg


これを見てわかる通り、以前はお湯は出なかったのでしょう。

それを変えていくのは「キャンパーの声」


b0008655_15370552.jpg

トイレの入り口には傘置き場。

ほんのちょっとのことにも「声」は生きていて、またキャンパーの様子をよく見ているキャンプ場だからこそのこと。


もう何度も何度も言うようにキャンプ場は「自然」そのものではありません。

自然を切り開いた「もっとも自然に近く、それでいて人の叡智が活かされている場所」です。

だから野宿ではないのです。


b0008655_15365234.jpg
b0008655_15373754.jpg


b0008655_15380585.jpg

b0008655_15382238.jpg


b0008655_15383055.jpg

b0008655_15383569.jpg

b0008655_15383863.jpg

b0008655_15384265.jpg

b0008655_15384644.jpg

b0008655_15384964.jpg

b0008655_15385351.jpg

長嶋茂雄先輩!!!



b0008655_15390230.jpg

スタッフのみなさんにご挨拶しておいとまを。



本当はゆっくりキャンプをしたかったのですが、この日の午後にはもう仕事に戻らなければならなく・・



b0008655_15390657.jpg

ここが昨日夜景を見た場所。


b0008655_15393349.jpg


正面には富士山。

半日後には電車になってこの反対側にいるとは・・・




思うに「ウェストリバーオートキャンプ場」は”いいキャンプ場”です。

”いいキャンプ場”なんて一概にいうのはとても難しいものです。

しかしここは割と素直にそう言えるのですね。


小さな足し算と引き算をしてキャンプ場の経験を積み上げていく積算方式。

それが場内にある景色と調和した形で行われています。

ものすごく作られ過ぎているわけでもなく、しかし十分すぎるほど気が利いている。

このバランスを生み出すのがここの家族経営であり、また河西さんというご一家のキャラクター。

誰でもどこでもというものじゃありません。

同じ家族経営でもこうなってない場合も多々ありますから。


やっぱり「お気に入り」のキャンプ場です。



↓↓ 2014年度のレポートです ↓↓

ウエストリバーオートキャンプ場 取材訪問編




by sammag | 2017-05-22 07:00 | ソトあそび・アウトドアレポート | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM