ソトあそび・アウトドアレポート

【キャンプレポート】娘と房総1周想い出づくりの旅① ~外房&キャンピングヒルズ鴨川編


b0008655_15410443.jpg


娘から「キャンプに行こう」といわれたのが年明けすぐ頃。

「パパと二人だけでいいよ」

娘の友人を連れてのキャンプはこのところ何回かあったものの、考えてみれば娘とだけでキャンプへ行くなんていうのは初めて。

生まれたその年からキャンプを経験している娘。その娘もいつのまにか高校3年。

そんな娘との想い出づくりになるならと、考えた末に「房総1周」をしながらのキャンプをしてみようということになりました。

春休みの週末、土曜の朝から日曜の夜まで丸々2日、半島を1周していろんなところへ寄ってみようと。

そしてもう一つ、娘からあったのが「写真旅」にしたいという提案。

ちょうど房総は「花のシーズン」。

少し気になったのは天候不順で、どうも土曜日は雨が降りっぱなしだということ。確かに晴れればいいですが、雨は雨。そんな旅もいいでしょう。

レポートは少々長くなるので、まずは第1章。


b0008655_10465719.jpg


千葉県民なので、朝は8時出発しても悠々と太平洋まで行けます。

東関道から房総波乗り道路へ。

海を車の中から娘道路少し鑑賞。

なんか・・改めるとキンチョーします。



b0008655_14082018.jpg


枠付きの画像は娘のスナップショットです。


b0008655_10480891.jpg


今回の旅は娘のリクエストにも応えます。

最初に立ち寄るのは一ノ宮にあるこちらのカフェ。

スイーツカフェ「マハロ」


b0008655_10483526.jpg

b0008655_10493186.jpg


b0008655_10504045.jpg

b0008655_10510929.jpg

b0008655_10523638.jpg

b0008655_10530058.jpg

b0008655_10533944.jpg


さすがJKの見立て。

私なら見過ごすでしょうな。



b0008655_10534668.jpg


カフェというより、目的はスイーツ。

今晩のデザートに。


b0008655_10540051.jpg



b0008655_10540923.jpg


b0008655_10541945.jpg


b0008655_10552611.jpg


何を撮ってるのかな?



b0008655_10553032.jpg


なるほど、これか。


b0008655_17543860.jpg

続いて南下して向かったのは、大原オートキャンプインそとぼう。

素通りはないと思い、立ち寄ってみましたが・・

しかし・・

残念ながらお留守のようでした。

三原オーナー、また来ます!



b0008655_10560330.jpg


なんだかんだでお昼少し前。

実をいうとあるカフェレストランにしようと思ったら、「もっと気軽でいいよ」と娘。

娘なりに今回の旅行はお互い気を遣わないようにとの小さな配慮だったのかもしれません。



b0008655_10562877.jpg


そこで・・勝浦まで来ていたので「勝浦タンタンメンなんかどうだ?」と提案してみたら、

あっさり「OK」と意外なほどの即ヘン。

だったら行ったことはないけど、カフェレストランにも近い勝浦タンタンメンを出すお店「ラグタイム」にしました。

b0008655_10565080.jpg

b0008655_10574261.jpg

b0008655_10581391.jpg


マジ、美味い!

「気に入った」

娘も一気に勝タンのファンになったようです。


詳しく以下に記しましたんでご覧ください。






b0008655_10593275.jpg



b0008655_11001896.jpg


続いて勝浦から興津へ。

興津へ立ち寄ったのは理由があります。

娘はもちろん家族と何度も海水浴に来た場所があるから。

この建物は毎回利用した・・実は以前勤めていた会社の社員寮。

ほんと懐かしい。




b0008655_11003363.jpg


興津海水浴場。

ホワイトサンドで、穏やかな内海でいいところなんです。



b0008655_11004590.jpg


b0008655_11005627.jpg

b0008655_11011070.jpg


夜、この辺りで流れ星とか探したり・・


今思えば、それはペルセウス座流星群だったんでしょうね。


そして御宿を抜けて鴨川市街へ。


b0008655_14475206.jpg


買い物はイオンと決めていました。

鴨川キャンプの買い物は毎回ここだったし。

なぜか、イオンでさえ懐かしく感じる・・



買い物の前にある出来事が。

キャンピングヒルズ鴨川の慎自さんからメール。

「今日はあいにくの雨ですから、キャンプは無理せずキャンセルしてくださってもかまいませんよ」というご親切な内容。

なかなかできないことですよ、こういう気遣い。

実をいうと今回はログハウスを借りているので雨はほとんど関係ないのですが・・・


・・・私は何を勘違いしたのか、キャンセルを考えてしまったのです。


どういうことかというと、今日は娘と二人だしそんな無理させれないし、それにすっかり「旅行」気分になってしまっていて空いているペンションや旅館とかに振り替えてもいいのかな、その方が娘も喜ぶと勝手に思ってしまったのです。

「どうする?こうやって言ってくれてるから無理しないでどっか別のところへ泊る?それとも今日は帰る?」

すると娘は凛として、

「ホテル?旅館?それじゃ意味ないんじゃん。だって”キャンプしよう”って今日出かけるんだよ。雨とかそういうの関係ないじゃん」

返す言葉一切なし。

私は最も大事なことを忘れていたようです。

娘とのお出かけでそっちに気がとられていて。

私たちの「共通言語」が何だったか、一瞬忘れてしまったのです。


この日、娘の一言から大きなことを学んだと思います。

これだけでも今日という日を忘れません。



b0008655_21453726.jpg

さて、キャンピングヒルズ鴨川へ。

この坂道の向こう側。


b0008655_11020606.jpg

到着しました。

こちらがキャンピングヒルズ鴨川の受付及び管理棟になります。


実を言うと娘とここにきたのは都合3回目。

まだ未就学児の時のキャンプ。

その後は本の取材のとき娘に付き合ってもらいました(キャンプそのものはせず)



b0008655_11025826.jpg

慎自さんから「雨だったら・・」と連絡を受けてもこのようにお客さんはキャンプしたい!って強く思う方が多くいるわけです。




b0008655_11033389.jpg

二子棚田のいい眺めです。


b0008655_11023878.jpg


b0008655_11024432.jpg

本日お世話になるのはここ。

元々雨を見込んでここにしたわけではなかったのですが、結果的にはここだとさらに有難いことになりました。




b0008655_11025051.jpg


b0008655_11062965.jpg


b0008655_11063765.jpg

すごくさむーいまさかの春。

オイルヒーターの有難さ。



b0008655_11032643.jpg


b0008655_11031450.jpg

おいおい、なんで自分専用にベッド作ってるんだ(笑)



b0008655_11031984.jpg

機嫌の悪い娘はだいたいいつもこういう顔をしています(笑)




b0008655_11033897.jpg

慎自さんとは久しぶりなので、管理棟で少し話をさせてもらいました。




b0008655_11034679.jpg

さすがオーディオマニア!



b0008655_11080253.jpg

b0008655_11034202.jpg

椎野商店特製のハーブティーをいただいたのですが、これがめちゃくちゃ美味しくて。。。





b0008655_11035776.jpg

こいしゆうかさんに、私の本のために描いてもらったこのイラスト。

このキャンピングヒルズ鴨川のアイドルだった「カラヤン」

とても大切に飾っていただいており、天国のカラヤンの代理として受付で必ずキャンパーさんたちを迎えてくれています。

実はカラヤンの写真など、他には一切ここにはありません。

慎自さんはこのイラストを「カラヤン」そのものとして大事に大事にしてくださっているのです。




b0008655_11040918.jpg

さて、交代制のお風呂が空いたので入らせていただくことにしました。

いちおうジョーダンで娘に「入るか」と言ってみましたが、

0.0005秒くらいのリアクションで睨みつけられました(笑)


ということで娘が入った後に私の順番。

そもそもキャンプ場選びに、お風呂のある所というのもリクエストだったので。


b0008655_11041671.jpg

ここのお風呂は本当に大好き。

何しろ漢方のプロが調合したハーブ風呂ですから。

それもまー、濃い!


b0008655_11092323.jpg

そしてログハウスに戻って、食事の用意。

今回は娘とも同じ考えで、どうせならゆっくりと食べようよ、となり、ある程度飾りつけなんかして楽しもうとなりました。



b0008655_11102205.jpg

BGMも。

今回の旅行ではクルマの中もBGMをかけっぱなし。

親子それぞれのチューンなので、全然世代が違って面白いです。

娘は日米のポップスを中心に。

私はそれとは被らないロック70年代の大定番とかを。



b0008655_11113156.jpg

房総のカラフルトマト。



b0008655_14083755.jpg
JKの撮り方はこうなんですね(笑)



b0008655_11121431.jpg

最初はスープから。

ミネストローネにしました。


b0008655_11123901.jpg


b0008655_11211717.jpg

続いてはパスタ。

細め、ディ・チェコのフェデリーニ。



b0008655_11220546.jpg

b0008655_11241687.jpg
それをジェノベーゼに。

ジェノベーゼは娘のリクエストでした。



b0008655_11234956.jpg

b0008655_11245369.jpg

ここでおなかも膨らんだので少し休憩。




b0008655_11252986.jpg



b0008655_11260125.jpg


b0008655_11284297.jpg

メインはやっぱりニク(笑)

黒毛和牛のプチステーキ。


b0008655_11274685.jpg


b0008655_11293520.jpg



b0008655_11300343.jpg

〆のデザートは今朝の「マハロ」で買ったもの。




b0008655_11303717.jpg

でも・・・このトトロのマカロンはもったいないから家にもって帰ろうということになりました(笑)




b0008655_11310677.jpg

ということでこちらのカップケーキだけにしました。



b0008655_11320588.jpg

b0008655_11324106.jpg

これ、思った以上に美味しい。



b0008655_11331372.jpg


b0008655_11342912.jpg

スイーツはJKも撮影の対象ですな(笑)



b0008655_14084706.jpg

b0008655_11353739.jpg

このあとお茶を飲んで、なんともいえないたわいもない話をして・・・

内容なんてどうでもいいし、もう娘も自分の考えをしっかり持っているから親として諭すのもカッコウわるいし、

かといって無口でいるのもイヤだし。

この日は変に遠慮せず、互いに素直に会話できたと思います。



娘がどうしてもキャンプ場に行く、といった理由がもう一つ分かったような気がします。

キャンプ場でならこういうふうになれるというのを、むしろ娘が判っていたのでしょう。


なんか今回はキャンプの「深い部分」を娘に教えてもらってばかり。


b0008655_11355623.jpg
ではおやすみなさい。


2日目編の②に続きます。




以前のレポート【施設見学編】もご参考に。





トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/26795832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2017-04-18 07:00 | ソトあそび・アウトドアレポート | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も、まずは扉(Doors)を開けて!アウトドアライター・キャンプブロガーSAMのキャンプブログ


by SAM