ソトあそび・アウトドアレポート

【THE FARM】自分で野菜収穫 ⇒ 絶品野菜鍋! ⇒ そしてコテージでのんびり

b0008655_14565282.jpg

さて、昨日先んじて「THE FARM」の農園風景をお届けいたしましたが、

今度はちょっと一転して「体験&宿泊レポート」です。

私の場合普段レポートといえばキャンプレポートなんですけど、今回はキャンプじゃありません(笑)


野菜を自分で収穫し、その採れたてをスタイリッシュなコテージゆっくり鍋にして食べてしまおうという農園リゾートの贅沢なプラン。その体験レポート。

「リゾート自給自足」?(笑)って言ったら変ですが、ここにおいては野菜収穫もアクティビティですから。



b0008655_14592032.jpg

本当は・・この THE FARM CAFE でまずランチでしたが、それはそれで改めて!

だって、それだけでながーーーーいレポートになりますので(笑)


1枚だけお見せしちゃおうかな・・


b0008655_16540944.jpg

ね、美味しそうでしょ~。




b0008655_15000085.jpg


ちょこっと場内施設の一部を。

こちらはBBQピット。



b0008655_15002582.jpg

b0008655_15005176.jpg


全ピットに炊事場付き。

バーベキューもラグジュアリーなプランが用意されています。


b0008655_15010681.jpg

b0008655_15012417.jpg

b0008655_15020742.jpg

b0008655_15030237.jpg

b0008655_15033438.jpg


b0008655_15044027.jpg

で、そのすぐ隣にある「ジップライン」(ジップスライダー)をやらせともらっちゃいました。




b0008655_15040631.jpg



b0008655_15054933.jpg


b0008655_15055242.jpg

b0008655_15060766.jpg

b0008655_15062834.jpg

どこへ行ったかわかんないくらい長いですね(笑)

ちょうど一段下のグランピングエリアの脇のところまで届いてます。

ということは、グランピングをしている人はいきなり人が飛んでくるので少しびっくりするかも(笑)

実際やると楽しくて3回くらいやりたくなります(笑)




b0008655_15071048.jpg

だいぶ日も陰ってきたので・・・野菜収穫へ行きましょう。




b0008655_15072305.jpg

収穫に必要なものはすべて施設側で用意してくれます。

靴もカバーをもらえますので安心。

またベテランの方に指導していただけるので収穫が初めての方でも問題なし。



b0008655_15175224.jpg

b0008655_15074751.jpg

まず長ねぎを。


b0008655_15082236.jpg

畝ごと全部引き抜て食べてしまいたい衝動に駆られましたが、ここは我慢(笑)




b0008655_15083426.jpg

続いてにんじん。

なんと丸々とした!


のち、丸かじりをしたんですが・・それはもうたまらん味でしたね。


b0008655_15094754.jpg

b0008655_15091014.jpg

続いて白菜。

白菜はしっかりと育てるのが難しいんですよー。


あ、なんでそんなことが言えるかというと・・・以前しばらく家庭菜園(10坪)を持っていたりしました。



b0008655_15112546.jpg

ケールも。

ケールってあまりにも苦い青汁の印象が強すぎますが、生野菜としてはぜんぜんそんなことないですから。




b0008655_15101781.jpg

b0008655_15113959.jpg

水菜。

いやー、てっきり水菜って水耕野菜だとばかり勘違いしてました。



b0008655_15114989.jpg

もうこの時点で野菜売り場の水菜とちがうことがわかります。

あんなに華奢じゃなくぜんぜんしっかりしてます。


b0008655_15122045.jpg

青梗菜。

これはよく作ったなー。



b0008655_15123259.jpg

これが全て鍋の材料になります。



b0008655_15160101.jpg

さて、前後逆になってしまいましたが、ゲストハウスにてチェックイン。




b0008655_15135829.jpg

b0008655_15132876.jpg

まさしく農園リゾート。

ホテルのロビーですよね。

これが周囲にほとんど何もない農村にあるのが不思議な感じです。





b0008655_17253187.jpg

星空指数!

なんと素晴らしい情報が。




b0008655_15151727.jpg

なんとお泊まりの方には専用の香りのアメニティキットが選べたりします。




b0008655_15155012.jpg

キー、かりんの湯のパス(ということは何度でも入れる!)、翌日の朝食券が付きます。




b0008655_15160943.jpg

こちらがコテージ。

瀟洒な造りですねー。


b0008655_15161739.jpg

b0008655_15162231.jpg

b0008655_15220773.jpg


これは広いし、明るい。


b0008655_15222405.jpg

この畳スペースがいいですねー。

しかもその上にハンモック。


4人泊になるとここがエキストラベッドに。


b0008655_15221977.jpg

b0008655_15232584.jpg

b0008655_15224374.jpg

b0008655_15232943.jpg

b0008655_15223957.jpg

食器も全部ついてますが・・・

実は自分で洗いものをしなくていいような仕組みになっています。

至れり尽くせり。



b0008655_15235955.jpg

さて、かりんの湯へ。


b0008655_15251299.jpg

b0008655_15251942.jpg

b0008655_15252527.jpg

b0008655_15252955.jpg

こじんまりとしていますがとてもいいお湯で、雰囲気はリゾート地のそれです。




b0008655_15254721.jpg

この日は満月。



b0008655_15263900.jpg

さて、鍋にしましょう!




b0008655_15270687.jpg

これらはすべてもう部屋にセットされています。




b0008655_15273043.jpg

b0008655_15273760.jpg

このダシが実に美味しい。





b0008655_15275152.jpg

どうです、写真でもすでにそのシャキシャキ感と瑞々しさが見えません?



b0008655_15280154.jpg

これ、知りませんでした。

「国産の柚子と檸檬の 下総ぽん酢醤油」

市販もされているのでつい購入してしまったほど。


b0008655_15281137.jpg

b0008655_15284842.jpg

この野菜の濃さ。



b0008655_15290336.jpg

b0008655_15294171.jpg

b0008655_15295637.jpg

b0008655_15302343.jpg

「水郷赤鶏」

つまりいわば地鶏ですよね。

これはめちゃくちゃ旨みがある!

※季節や提供する鍋の種類で具材の有り無しがあります。


b0008655_15303327.jpg

こちらは「芋豚」

※季節や提供する鍋の種類で有り無しがあります。



b0008655_15305151.jpg

鍋というよりもうしゃぶしゃぶ状態で引き揚げたねぎは、煮込んだものとは全く別物。

高級なおでんの具のようです。




b0008655_15305753.jpg

b0008655_15312375.jpg

b0008655_15321181.jpg

多分・・ここ数年で一番美味しかった鍋じゃないかな・・



b0008655_15323759.jpg

今回一番驚いたのはこの水菜。

私たちの知っている水菜とはとにかく別物。

噛み応え、口の中での食感、にじみ出る濃い味。

これは・・・ことばをちょっと失いましたね。



b0008655_15592505.jpg

〆は雑炊で。



b0008655_15593361.jpg

b0008655_15594404.jpg

b0008655_15594708.jpg

b0008655_15595778.jpg

作り方で面白かったのは、あえて水分を飛ばすようにやや強火にしておこげをつくるやり方。



b0008655_16000295.jpg

b0008655_16001208.jpg

もみじおろしでさらにランクアップ!


ごちそうさまでした!


正直「絶品」という名前は言い過ぎではないかと思ったりしていましたが・・

あながち間違っていませんね。

これ、家や店で出来るかといったら再現は無理でしょう。


なぜなら・・

野菜の鮮度というのは収穫からいわば口にするまでの時間。

ここまでの短い「時間」を流通に乗った市販の野菜で買うことがまずできないのですから。




b0008655_16020441.jpg

鍋の後は農園の夜空鑑賞。

満月なので農園の景色がよく見えます。

こういう夜の風景もいいものです。



b0008655_16024510.jpg

b0008655_16022426.jpg




そして翌朝。




b0008655_16042979.jpg


b0008655_16035269.jpg

b0008655_16040200.jpg

b0008655_16043569.jpg

b0008655_16043903.jpg

b0008655_16055101.jpg

b0008655_16051096.jpg

さてこの後は朝食なのですが、それはカフェの項としてランチとともにまた紹介しますね。


そうだ、もったいぶって1枚だけ(笑)


b0008655_18055917.jpg



ということで、以上絶品鍋付きのコテージプランの体験レポートでした。

自分で収穫した野菜を、コテージで自分で調理して食すという極めてシンプルな内容でありながら、一方他では味わえない特別な何かがあります。

農園とリゾートのギャップ感という新しい感覚。

全てが与えられたリゾートホテルとはまた違う体験型リゾートというか。


THE FARM にはこの他の宿泊としてはグランピングがあります。

それはまた別の機会に!


///// THE FARM に関してはこの記事も書かせていただきました /////





トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/26700770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2017-03-08 07:00 | ソトあそび・アウトドアレポート | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も、まずは扉(Doors)を開けて!アウトドアライター・キャンプブロガーSAMのキャンプブログ


by SAM
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31