SAMの全国食べある記

【日本一おいしい】カキソース和えそば@四谷嘉賓


b0008655_17041500.jpg

正確には「私が日本一おいしいと思う」だし、「カキソース和えそば」がもし他に多数あれば、でもあります(笑)

とはいえ、この焼きそばに出会ったのは30年前、その後これを凌ぐ焼きそばの概念を覆すものには一切出会っていません。

例えば横浜の「梅蘭」やきそばも衝撃的ではあるものの、この四谷嘉賓カキソース和えそばの独自性には適いません。


四谷に勤めていたこと20年。

この「カキソース和えそば」はランチや宴会の場で相当回数食し愉しみました。




b0008655_17052654.jpg

東京の広東料理の老舗。

この場所もあ変わることがなく、広がることもなく。




b0008655_17164939.jpg

店装もきっと何かの手入れはしているものの変わったイメージはありません。




b0008655_17062793.jpg

カキソース和えそばは昼夜いつでもオーダーできますが、気軽にこの一品をいただくならば昼食メニュー(ランチ)に限ります。

たくさんのメニューがあり、どのメニューも一定以上のレベルであり失敗がありません。

特に五目系のそば、ごはんは出色の出来栄えです。



b0008655_17063271.jpg

カキソース和えそばが食べられるメニューは二つ。

おかゆのセット、もしくは(半)炒飯のセット。




b0008655_17063759.jpg



b0008655_17084661.jpg

この日は「半五目チャーハンと半カキソース和えそば」にしました。

ただし「焼きそばを大盛り」といって頼めば1人前のカキソース和えそばにしてくれます。




b0008655_17064924.jpg

どうです。

一切の具無し。

このカキソース和えそばはその見た目からも別名「具無しやきそば」ともいわれるようですね。




b0008655_17065483.jpg


考えてみたら「和えそば」なので、焼きそばとは謳ってはいないわけです。

が、炒めて絡めているのは間違いないので親しみを込め焼きそばでいいでしょう。



b0008655_17070401.jpg


なんとも特徴的な細い蒸し焼きそば。

いわゆる龍髭麺と言われるものに近い極細麺。

一般的な焼きそばよりも質量が軽く感じ、このように瞑れずにこんもりします。




b0008655_17072550.jpg

一方、こちらの炒飯。

これもまたよくできた炒飯です。




b0008655_17073009.jpg

レタス、カニ、チャーシュー、五目には少し足りませんが(笑)、これは街中華のものではなくれっきとした中華料理専門店の炒飯です。





b0008655_17093867.jpg

カキソース和えそばの文字通り、牡蠣油ソースの旨みをサラッと纏った実にシンプルなもの。


具無しとは言いつつも、香付け細かい刻みネギは唯一の具でもあります。




b0008655_17071978.jpg

ふわっと持ち上がるこの軽い感じと、そのままの噛み応えの食感。

そのモゴモゴっとして噛んでいる最中に広がっていく牡蠣ソースの風味。

なぜか病みつき、虜になってしまう食べ物。


全くをもって唯一無二。

この味わいを食べたいのなら、数限りない中華料理店の中で嘉賓に来るしかありません。




b0008655_17101620.jpg

そういえば、中華料理における「モツ」のおいしさを知ったのもこの嘉賓でした。

広東の家庭料理がみなモディファイされ、高級中華とはまた違うおいしさを何度も堪能しました。





b0008655_17103809.jpg

本当においしい「おこげ」に出会ったのもこの嘉賓。

それに石鯛の丸揚げなどの魚料理の魅力もこの嘉賓で知りました。




b0008655_17105732.jpg





b0008655_17111372.jpg

親しんできた四谷にも大きな変化が。




b0008655_17115104.jpg

再開発の最中。



b0008655_17115822.jpg

こんな大きなビルが四谷に建つんですね。



以下、四谷の風景。


b0008655_17122272.jpg


四ツ谷、今密かに?盛り上がっているのはやはり「君の名は。」の立花 瀧が住んでいるという設定だからでしょうね。



b0008655_17123279.jpg


どうもマンションの眺めだと若葉町付近みたいですから、この先左側の地域。

東京3大たい焼きの一つ、若葉でもおなじみ。




b0008655_17130399.jpg


b0008655_17132723.jpg


四ツ谷駅も劇中、待ち合わせの場所か何かで登場するようですね。

聖地巡礼の対象の一つみたいです。


b0008655_17135302.jpg


b0008655_17142312.jpg


変わりゆく四ツ谷。

人生の数分の一を過ごした場所として、この先何度も再訪したい街です。






トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/26637212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2017-02-16 07:00 | SAMの全国食べある記 | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も、まずは扉(Doors)を開けて!アウトドアライター・キャンプブロガーSAMのキャンプブログ


by SAM
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31