全国らーめんの記録

【東京のらーめん】肉の地層!!「満来」のチャーシューざる  (旅行・お出かけ部門)


b0008655_21073228.jpg

前日に「らぁめん ほりうち」のちゃーざるをご紹介いたしましたので、

今回は本家本元の「満来」のチャーざる、いきましょう。





b0008655_21074856.jpg

もう満来にお世話になって30年以上。


大学時代、彼女とここに来て「前は2階で食べたっけ?」と言ったら

「それは誰のこと??」と言われて冷や汗をかいた場所です(笑)



b0008655_21075720.jpg

このいい加減なサンプル(笑)は、ビルの立て直しをしても一緒。





b0008655_21080718.jpg

時間が時間だったからかな?

たいてい3名のところ2名で厨房を仕切られていました。




b0008655_21081526.jpg

1人前でも麺は手に余るほどなので1回1回計量。




b0008655_21083805.jpg

きました。

そうそう、やっぱりほりうちの見栄えとは異なり破壊的(笑)





b0008655_21084830.jpg



b0008655_21090712.jpg


b0008655_21091571.jpg

なんていったらいいんでしょう。

肉の積み木?(笑)





b0008655_21092007.jpg


上積みの肉をどかしてもどかしても出てくるのはやはり肉・・・


ジュラ紀、白亜紀・・

なんたる肉の地層






b0008655_21093532.jpg

麺は昔の手打ち時代とはだいぶ変わりました。

良くも悪くもあの「ピラピラ」麺こそ満来ではあったわけですが。




b0008655_21094051.jpg

とはいえ、製麺されたものでもその名残はとどまっていますね。

どこかにあのピラピラ感はあります。

つるっとした感触はこちらのがありますし。





b0008655_21092607.jpg

なにしろ肉数枚をどけないと麺を漬けられないので(笑)




b0008655_22124571.jpg

やはりこの「チャーざる」は、食べながら胃の苦しみに耐える「わるいことした感」を味わう、そういう背徳の食べ物。

1時間はかけませんでしたが、30分以上ゆっくり時間をかけてとりあえずの完食。



b0008655_21094615.jpg

時代の流れなので「スープ割り」に応じてくれるようになりました。

これがまた不思議な味わいで、ほんのちょっとスープを加えるだけで激変します。

和風から洋風になるくらいに。



b0008655_21095255.jpg


b0008655_21100315.jpg

同じ通りには「いきなりステーキ」



b0008655_21100794.jpg

チャーシュー大盛りの「壱角家」


b0008655_21101111.jpg

鶏肉の「腹八分目」


そして「ほりうち」



b0008655_21101582.jpg

この微々たる裏通りは「肉ストリート」なんですかね(笑)




らぁめん満来
ジャンル:ラーメン
アクセス:都営大江戸線(環状部)新宿西口駅D2口 徒歩1分
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-4-10(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新宿×ラーメン





トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/26583749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2017-01-26 07:00 | 全国らーめんの記録 | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も、まずは扉(Doors)を開けて!アウトドアライター・キャンプブロガーSAMのキャンプブログ


by SAM