☆キャンプ

【行ってみた】自然派グリルバル 原宿HUTTE(ヒュッテ)   (旅行・お出かけ部門)


b0008655_12030130.jpg


原宿にある自然派グリルバル「HUTTE」(ヒュッテ)へ行ってみました。

.HYAKKEIオーガナイザーの羽田さんが選んでくださったお店です。

事前の予備知識無しだったのでなんだかワクワク。




b0008655_12034701.jpg



場所は外苑へ抜けるあの曲がり角から少し行ったところ。

UAさんやラーメンの名店AFURIの近く、代ゼミ造形学校のすぐ隣です。


あの曲がり角には忘れられない思い出があり、それは今は無き「パスタ・パスタ」というイタリアン。


あんな空間は日本は疎かイタリアにさえなく、友人のイタリア人を連れて行った時の彼の驚きようは忘れない。

UA、AFURIにしろ、この地区は交差点のあの派手さとは対極な静けさなのに、画期的で強烈なカルチャーインフルエンスを生み出す土壌があるのかもしれない。







b0008655_12041738.jpg

HUTTEはむしろその静けさの中にある佇まい。





b0008655_12044639.jpg



b0008655_12050526.jpg




b0008655_12052977.jpg


b0008655_12055301.jpg




b0008655_12061617.jpg



b0008655_12062874.jpg



b0008655_12063982.jpg




b0008655_12064939.jpg


名前がHUTTEだからもっともっとその「演出」が強く出ているのかと思いきや、さりげないくらいに収まっています。

ヒュッテといえば山小屋。

けれどこのお店から連想できたのはそういうハードさではなく、スイスにあるようなホテルと山小屋がハイブリッドしているあれ。

ずいぶん前ですがサンモリッツへ行った時を思い出しました。

あ、スイス行ったことがあるんですよ(笑)旅行というより短期間住んでたみたいな(笑)

若気の至り。




b0008655_12071237.jpg



b0008655_12072606.jpg



b0008655_12073958.jpg



b0008655_12075243.jpg



b0008655_12080354.jpg




b0008655_12085374.jpg



b0008655_12090474.jpg


さて、概要ばかりじゃらなんですから、お料理いきましょう。





b0008655_12092031.jpg


迷った時はオススメに限る。

本日のオススメ、人気のあるメニューを支配人の磯部さんに数品選んでもらいました。





b0008655_12093776.jpg


自信があるのはスモークとのこと。

ということでその盛り合わせ。





b0008655_12094884.jpg

これが一番人気「自家製の燻製ローストビーフ」




料理は簡素な山料理というよりかは、もっと広義で手の込んだアウトドア料理志向。


キャンプ派の人が味わうといい意味で裏切られるかもしれません。

スモークを始めキャンプ料理は少し粗野なくらいが「らしい」のですが、こちらは真逆の優しさがあるので。


それもそのはずこのお店の前身は薬膳料理だったそうで、その優しいテイストを引き継いでいるかもしれません。




b0008655_12101118.jpg


こちらもスモークされたポテサラ。

燻玉を後に潰して味わうダブルテイスト。





b0008655_12103470.jpg


牛タンと下仁田ネギのアヒージョはスキレットで。





b0008655_12105955.jpg

ソーセージの盛り合わせもスキレットで。




b0008655_12111199.jpg

義理堅くオールフリーで(笑)

いや、実際大好きになってしまったから。

オートキャンパーはオールフリーを!(笑)



b0008655_12114799.jpg


という話は横に置き、支配人はワインに精通しているのでその品揃えも豊富でしたよ。






b0008655_12115949.jpg



b0008655_12122356.jpg

b0008655_12191851.jpg


b0008655_12171680.jpg


この日、羽田さんとたくさん話しました。

この一年、何を見たか、何を感じたか、この先何をするか、などなど。

.HYAKKEIは全て各書き手が自分の五感を総動員して自らの体験をベースに創られています。

だからこそ書店の軒先であるよりかは、優良な図書館=ライブラリーであって欲しいし、自然との橋渡しの最良の知恵袋であって欲しいと思います。

すでにその下地は完成しました。


.HYAKKEIというドットの前、この空白が重要だし、ライターもそこを埋めていく作業をしなければ。

自然派の志向は、キャンプだ、山だ、のレジャーに限られなく、さまざままなプロダクトであったり、第一次産業であったり、はたまた地方創生や災害対策だったりも意味するでしょう。

.HYAKKEIはそのトップインターフェイスメディアになれる、そんな気がするのです。





b0008655_12174592.jpg



同じく、このHUTTEの掲げる「自然派」という冠がどういう表現で広がっていくか、または深掘りされるか楽しみにしたいと思います。



それにしても・・・

HUTTEと.HYAKKEI、なんか綴りが似てるな(笑)




b0008655_12180373.jpg


おーっと!

イッチーのツメ跡発見!(笑)

やるな〜〜




b0008655_12182211.jpg


このHUTTEには再奥に個室的なこんな「グランピング」スペースがあります。

女子会として使われることが多いそうですよ。


b0008655_12183325.jpg


アウトドアの概念で、この10年どんなパラダイムシフトがあったかといえば・・



それは・・



アウトドアにオトコが必須じゃなくなった、もうオトコはいらない、となったことです(笑)





b0008655_12184581.jpg


b0008655_12185994.jpg

CAMERA : OLYMPUS PEN Lite E-PL6

LENS : M.ZUIKO DIGITAL 17mm f1.8




自然派グリルバル 原宿Hutte
自然派グリルバル 原宿Hutte
ジャンル:ワイン&グリルバル
アクセス:JR原宿駅竹下口 徒歩3分
地下鉄明治神宮前駅千駄ヶ谷口 徒歩5分
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-14 1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 原宿×ダイニングバー








トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/26572514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2017-01-21 13:00 | ☆キャンプ | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も、まずは扉(Doors)を開けて!アウトドアライター・キャンプブロガーSAMのキャンプブログ


by SAM