SAMの雑話・雑感

◆本年もありがとうございました、みなさまよいお年を


b0008655_11044629.jpg


2016年という年は自分にとっていろいろ厳しい年ではありました。

特に身の丈以上の体力消耗をしてしまい体調を著しく損った結果、心身合わせた数々の病気にも罹ってしまいました。明らかにやり過ぎました。

後半は顕著にそれが出てしまい長い休養も要しましたし、新たな内臓疾患の発見に困惑もしてしまいました。

それは前立腺で、加療はもちろんこの先どうなるのか本人以上に家族には心配をかけることとなり、申し訳なく思います。常に明るく振る舞ってくれる家族、どんな時でもいつも気丈な奥さんは私の宝です。

同時に、不調時に支えてくださった同僚には御礼の言葉もありません。


いろいろ辛いこともあった反面、この年齢になってこんなに様々な経験は出来るものではないし、まだまだ勉強をしなければならないことも多く、経験と勉学はやはり一生ものなのだということを自覚しました。どんなに苦しくともこれが必ずいずれ役に立ってくれるはずです。

そんな中、星のソムリエに正式になれたのも大きかったかもしれません。称号が重要ではなく、それで何をするかのがずっと意味のあることも含めて。



時間の制約から自分のホームでもあるキャンプへはなかなか行けずじまいではありました。

これは負け惜しみではなく、行けないというなか想いを馳せる強さも実は大事だと感じましたし、行けた幾度かはどれも極めて深い記憶になることを今更ながら知り得ました。若くて勢いのあるときは分からなかったことです。

ぐっと強く弓を引き、その反動で放たれるような。



でも、もっともっと行きたいです。家族、友達、仲間と、そしてあらたな出会いを求めて。



今年はその仲間たちにキャンプではすごく助けられました。

タイトルだけで結びついたものは実は薄いというのはすでに経験済みで、タイトルなんか無縁の、一人の人間として結びついた仲間は極めて厚いものです。

仲間たちの存在の大きさは苦しいときにこそ。

タイトルに誤魔化された裸の王様になってはいけない。あれは実に虚しい。


年の瀬、なんだかネガティヴな感じになってしましましたが、人生上がり下がりとすれば、上がれば下がるし、下がれば上がる。そんなもん。

だからネガティヴ要素はポジティブな未来の予見。

なーに、どん底はもう経験済みだし、下手なプライドを捨てればいいだけ。

プライドにしがみついてカッコつけるほうがみっともないもんね。

失敗をよく反省し、カッコつけずに足元をよく見て歩を進める。

泥水を啜ることもあるし、出会い頭もあるでしょう。

もうこの年齢は山を下る最中。まっすぐ降りる道もあるけど、たいていはジグザグだし、ジグザグなら距離が長く、もしかしたらそれだけ楽しいことが待ち受けているかも。

頂上しか見ていないときは行き先は狭まる。頂上を越して裾野を見下ろしたら、こんなにも景色が広がる。

like a rolling stone.


この一年もありがとうございました。

来年もまた13年目のほぼ毎日投稿のブログをまだまだ続けて頑張ります!


みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。

美味しい年越し蕎麦をご家族で楽しんでくださいね!









トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/26516547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2016-12-31 09:24 | SAMの雑話・雑感 | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM