ソトあそび・アウトドアレポート

【キャンプ場レポート】ケニーズ・ファミリー・ビレッジ 〜意識改革でキャンプ場は変わる 




b0008655_21321109.jpg

埼玉県飯能市名栗にある「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」を訪問させていただきましたので、

簡単ながらキャンプ場の施設レポートをお届けしようと思います。

訪問のきっかけはCamp innovation summit 2016でマネージャーの川口さんを始めとするスタッフに出会えたこと。

そうなれば善は急げ。すぐにお伺いすることにしました。

ケニーズさんにお邪魔するのは実は初めてではなく、相当前に一度きています。

すっかり以前となったその記憶との照合も兼ねて。



b0008655_20054986.jpg

私は埼玉県内からだったので入間側から飯能を抜けて名栗に入りましたが、通常は圏央道の青梅ICからとなるでしょう。

少し山道を走りますが険しさはほとんどないのでここまでは苦労せず行けます。

左側は「鳥居観音」。



↓ ケニーズファミリーへの地図 ↓





b0008655_20055549.jpg




b0008655_20055902.jpg

冬晴れ。雲一つなくきれいな青空。



b0008655_20100172.jpg

この日の訪問の目的は2つ。

一つは取材、そしてもう一つは・・後ほど。


まずは川口マネージャーをはじめスタッフの皆さんとご挨拶。



b0008655_20101005.jpg


センターハウスもすっかりクリスマスの様相ですね。




b0008655_20101505.jpg

おー、サモエド犬。

あったかいだろうなー。


b0008655_20102650.jpg



b0008655_20060954.jpg

はい、もう一つというのはこれです。

いただいたご縁はすぐに活かす。

この話はたった1週間で実現できました。

たった1週間なのにこうして看板まで出してくださり、キャンパーさんにチラシを配布してくださるこの組織力と迅速力がケニーズさんのスタッフパフォーマンスです。

それに応えなければ。


b0008655_20063624.jpg

そしてもう一つというのが、ケニーズの姉妹キャンプ場的存在「古民家ファミリービレッジ」への訪問。

ケニーズさんからは車で5分かからずくらい。

午前中からお昼ずぎまでじっくりこちらの取材をさせていただきました。

こちらに関してはもう少し先にまた発表しますね。


※12月から3月初旬までは休業中。


b0008655_20065187.jpg

b0008655_20070602.jpg



b0008655_20070023.jpg


b0008655_20073297.jpg

b0008655_12073522.jpg

ということで写真はティザー的にほんの少しのみ。

それにしても川の透明感がヤバい!!



b0008655_20121745.jpg

ケニーズに戻ってきたのは2時半。

それでももうすっかり日が傾いてしまいました。

もうちょっと早く戻って陽のあるうちに場内の写真に収めればよかった!

ちょっとまずったぁ!



b0008655_20425716.jpg



b0008655_20430122.jpg




b0008655_20124209.jpg

では時間がないので早速回ります。

センターハウスの正面にある印象的なアーケードはケニーズのシンボル的存在。

その奥側が一般サイトのA4~1。


このキャンプ場において非常に特色的なのが「入場制限」のポリシーです。

以下、HPからその部分を抜粋させていただきます。



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ファミリー・カップルおよび25歳以上のお客様を中心に、施設のご案内をしています。
そのため25歳未満(ファミリー・カップル・ソロは除く) のお客様は入場制限があります。
◆対象のお客様
25歳未満のお客様
※全員が25歳以上でなければ 『25歳未満』 とさせていただきます
◆ご宿泊の場合
制限内容下記の制限時期において、宿泊はできません。
制限時期料金カレンダーで『レギュラーシーズン』『オンシーズン』『トップシーズン』時
※『バリューシーズン』 時のテントサイト・河原サイトのみ宿泊利用が可能
◆日帰りの場合
制限内容通年において河原サイト以外のご利用はできません。
◆注意事項
ご予約時に利用者の構成や年齢を確認させていただきます。
入場後も、年齢確認の為身分証の提示をお願いする場合があります。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////


有体にいえば、「25歳未満のグループ」の制限です。

これはいたし方がないとかではなく、私はポリシーとして括弧たるものと評価します。

ケニーズの過去の成り立ちをみればこの顧客制限は自らの首を絞めるようなものだった筈です。

しかし、敢えてそれを行ったのはなぜか。

それは自らを省みた「あるべき姿」の追求からであり、キャンプ場としての変革の標しです。

なぜ「ファミリー」とキャンプ場に冠しているのか。


「佳きキャンパーが、佳きキャンプ場を育てる」

これは木村東吉さんの言葉。


例え多人数であっても、傍若無人な宴会だけのノリを持ち込まれても困ります。

25歳ですべてが分かれるわけではありませんが、川口さんによるとそれより上の方々は、何かあったとしても一度で了解してくれるそうです。

いわゆる「分別」ですね。

佳きキャンパーとは分別を持ち得たアウトドアマンを示すのでしょう。





b0008655_20125167.jpg
では改めて場内散策。


b0008655_20125677.jpg




b0008655_20130448.jpg



b0008655_20150883.jpg




b0008655_20532568.jpg




b0008655_20151348.jpg




b0008655_20145593.jpg

きっとスタッフも楽しんでこれをやっているのでしょうね。

ほんの少しでも笑顔になってもらえるように。


事実何人ものお子さんたちがここを通り過ぎるとき立ち止まっていました。

ほんの数秒。

このほんの数秒のために何十時間もかける、それがスタッフの使命というものなのでしょう。



b0008655_20152721.jpg


アーケードを降りるとそこにはトイレ。



b0008655_20154047.jpg

その反対側は「遊びの広場」

いろいろな遊び道具もそろっています。



b0008655_20154650.jpg


b0008655_20155233.jpg

実は奥の方に見えるのは元・厩舎。

この広場はそのその昔創業当時に「ケニー」というポニーがいた場所だそうです。

そう、名前の由来はここからきていたんですね。

でも面白いと思いません?ここにいたケニーの名前をもらったことで、その何年も後、こうやって洋風なな雰囲気が似合うキャンプ場へ変貌したのですから。

これがもし例えば”名栗川キャンプ場”だったら果たしてこうなっていたか・・・

ケニーズさんだけではなく、キャンプ場の名前というのはけっこうその運命の重要なカギを握っています。




b0008655_20160092.jpg


b0008655_20184022.jpg

中央に炊事場。



b0008655_20185271.jpg



b0008655_20531743.jpg

広場の反対側のMサイト。

ここはM1





b0008655_20193280.jpg




b0008655_20531286.jpg

こちらはM5



b0008655_20200087.jpg


M3

サイトは7×8

現在の平均からすると狭いといえます。

私の個人見解ですが、このようなモデリングの場合、区切り線を設けず「可動式の仕切り」でその日のサイトの大きさを調整するというのはどうでしょうね。

ある時は60㎡、ある時は90㎡、ある時は120㎡と・・・。電源の位置とかの問題などいろいろありますけどね。


一般サイトは全てフラットな砂利敷き。

試しに別サイトですがペグを打ってみました。

やや硬めではありますが特段問題ありません。



b0008655_20201304.jpg

目の前に見えるのが周助山。


b0008655_20202770.jpg


b0008655_20211789.jpg


b0008655_20223088.jpg




b0008655_20223440.jpg





b0008655_20223930.jpg




b0008655_20233497.jpg

順次下におりていきましょう。

最上段のAサイトは後ほど。




b0008655_20233936.jpg

手前からC1、C2、C3、C4、C5

左が手前からB3~1



b0008655_20530877.jpg




b0008655_20234373.jpg


空きになっているのはC5





b0008655_20525883.jpg

C4



b0008655_20525386.jpg

反対に見ているので、右がB1、左がC6



b0008655_20235664.jpg

ここには河原におりる道があります。




b0008655_20240092.jpg


b0008655_20240619.jpg

C7~10


b0008655_20241274.jpg

C9、奥がC10



b0008655_20242153.jpg




b0008655_20243900.jpg

この奥にはログハウス。

室内16畳で12名収容。

奥にはテラス付き。


b0008655_20244800.jpg

赤い橋の下の河原は河原サイト。

この先まで続くF22まであります。

川原サイトは川の増水などが心配される方もいらっしゃると思いますが、ここ自体に蛇行がないこと、実際にはサイトと川に距離があることなど安全要素は高いと思います。

※もちろん万が一の大雨の際などはスタッフの指示などに従い無理をするようなことはやめましょう。




b0008655_20245305.jpg


b0008655_20245937.jpg




b0008655_20250506.jpg




b0008655_20252203.jpg

名栗川の清流。

この名栗川に面しているロケーションこそケニーズの象徴。

私のケニーズに抱く印象はこれです。





b0008655_20252997.jpg





b0008655_20260773.jpg

キャンプ場が持つこういう風景が大好きです。

自然ばかりがキャンプ場の魅力ではなく、

キャンプ場というのは人工物と自然の「際」であり、その調和を味わうことでさらなる価値を見出すことができるからです。




b0008655_20253338.jpg




b0008655_20261832.jpg




b0008655_20521687.jpg




b0008655_20270648.jpg

日が当たれこのようにな透明感。




b0008655_20520998.jpg

水中にカメラを入れればこの通り。





b0008655_20522061.jpg




b0008655_20272840.jpg



b0008655_20271423.jpg




b0008655_20522936.jpg





b0008655_20523538.jpg

川原サイトF1~F7へ。





b0008655_20274977.jpg





b0008655_20280648.jpg





b0008655_20283275.jpg





b0008655_20283843.jpg






b0008655_20522433.jpg

この浅瀬でこのきれいさですから、夏の水遊びはたのしいでしょうね。




b0008655_20285458.jpg





b0008655_20290039.jpg






b0008655_20285013.jpg






b0008655_20341264.jpg

さて、ちょっと後回しにありましたが最上段の方へ。

Aサイトの奥側に立つミニログハウスが3棟。



b0008655_20363322.jpg




b0008655_20364336.jpg




b0008655_20392388.jpg

左にミニログハウスプラス、右にAサイト。


b0008655_20381554.jpg

手前A12~5へ。


b0008655_23305701.jpg


ログハウスは使いやすいボスキャビンですね。



b0008655_23311531.jpg

A1、A2



b0008655_23311980.jpg





b0008655_23325197.jpg




b0008655_23312578.jpg


ああ、今度は陽が当たっている時間に写真撮りたいな!





b0008655_20434030.jpg





b0008655_20433552.jpg






b0008655_20453882.jpg






b0008655_20452187.jpg





b0008655_20423895.jpg






b0008655_20424388.jpg






b0008655_20424868.jpg






b0008655_20425202.jpg






b0008655_20430832.jpg






b0008655_20431496.jpg







b0008655_20431805.jpg









b0008655_20434696.jpg






b0008655_20435760.jpg






b0008655_20441571.jpg






b0008655_20441948.jpg


改めてセンターハウスで川口さんへいろいろとインタビュー。

インタビューのはずがいつのもにやらキャンプ場論議に(笑)




b0008655_20442484.jpg







b0008655_20444498.jpg






b0008655_20445078.jpg


この「きこりの家」は西川材のヒノキをベースにした焼酎。


ヒノキの香りがするんだそうです。



b0008655_20445981.jpg






b0008655_20450306.jpg





b0008655_21125834.jpg




b0008655_23393037.jpg





b0008655_21123507.jpg







b0008655_20451044.jpg


18時にはすっかり真っ暗。


さて本日の「星空案内」の準備をしなければ。


b0008655_23404396.jpg

スタッフの皆さんが用意してくださった暖かい麦茶。

さらには炭火の暖も(焚火は火が邪魔をして星が見えなくなるので)用意していただきました。

もちろんその他必要なものは全て迅速に。



b0008655_00013595.jpeg

自分で写真が撮れないのでスタッフの豊福さんが代わりに記録してくださいました。

ありがとうございます。

急なイベントにもかかわらず30名近くお集まりいただきキャンパーの皆様にも感謝です。

私も大変楽しんで出来ました。




ケニーズファミリー。

私が10年前以上に持っていた印象と現在の姿は全く異なるものです。

キャンプ場のロケーションが変わったわけではないし、サイトも基本変わっていない。

では何が変わったのか。

それは「スタッフの意識変革」だったのではないかと思います。

前述の通り年齢制限は苦渋の選択でした。

しかし結局は失う者より得る者が多く、結果自らの目指す姿が明確となり、何に自分たちの意識を向ければいいのかがはっきりしたんじゃないでしょうか。

不思議なものです。そうすると自然と人は集まってくる・・・

この日もこの時期としては驚くほど入っていたと思います。時期的に閉鎖もあるこの冬に、これだけの稼動をしているというのはそうそうないことでしょう。

そしてキャンパーさんをよく見ると・・・ケニーズさんが受け入れる「べき」キャンパーさんが来ているように思います。リピーターという意味ではありません。

受け入れる「べき」キャンパーさんを抱えられるとキャンプ場は本当に強い。

それが分かっているからスタッフは何をやればいいのか、何をやらなくていいのかがわかる。


キャンプ場は、やっぱり「人」の集合体なのです。




公式HP







トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/26486806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2016-12-20 07:00 | ソトあそび・アウトドアレポート | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM